怪しいお告げ(1)【芦屋道顕】神仏からと騙り耳元で囁く声には要注意【霊的護身術】

怪しいお告げ(1)【芦屋道顕】神仏からと騙り耳元で囁く声には要注意【霊的護身術】

怪しいお告げ(1)神仏からと騙り耳元で囁く声には要注意【霊的護身術】

※こちらの記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けの娯楽を目的としておりますこと予めご了承ください。

**. **. **. **. **. **. **.

昨今のオカルトやスピリチュアル事情に詳しい人にとっては聞き飽きた話やもしれぬが、近年は古(いにしえ)の世に張り巡らされた『結界』が消えつつある。

■結界の消滅は一般市民にも影響が出る

古の時代に結界を張った、非常に強力な霊力を持った術者が死ねば、年月を経て自然にその術も効力が薄れるのは当たり前ではある。しかし、一度ある意図で張られた結界はそれを必要とする人々のために、後進に引き継がれ、少しでも元の結界が弱まれば新たな術により補強されてきた。老舗の鰻屋の創業時より継ぎ足しされている秘伝のタレのようなものじゃな。

しかし時は経ち、結界により恩恵を受けていた権力者の子孫が視えぬ力を馬鹿にして術者を追い払うてしまったゆえに、それらの多くが自然崩壊を始めている。結界の存在を知り意図的に壊す活動をしている者達が増えたのも結界の消滅を早めている。

結果の消滅

結界には様々な種類があるが、権力者でなくともその恩恵を受けていた結界……人間界と魔界や幽界とを隔てていた結界の消滅や弱体化は他人事ではない。人間社会にたとえるならば、犯罪者や詐欺師だらけの刑務所の塀が崩壊し、彼らが脱走してくるようなもの。

脱走

結界の崩壊が進む近年、スピリチュアルに興味を持つ人々が増えたのはわしのような職種の者には有難いことじゃ。しかし、そのきっかけには喜ばしきものもあれば「そのような理由で、こちらの世界に足を踏み込んでは危険」と言わざるおえないものもある。