【Gaitomo(ガイトモ)で婚活】外国人と出会う国際交流パーティーの感想

【Gaitomo(ガイトモ)で婚活】外国人と出会う国際交流パーティーの感想

前回のパーティーで相手側に悪いところが見当たらないのに
上手くいかないのは結局自分自身の内に問題があるんだなということに
気付いてしまったシロクマ子。

そもそも、シロクマ子って婚活パーティーに向いてないんじゃ?
という事を疑い出してしまう始末。

そこで、ここいらで方法を改めるべきか……と考えた末に
別の方法の一つとして挙がったのが習い事を始める事でした。

長期計画にはなりますが、
シロクマ子は人に簡単に心を開かないタイプなので
そういう地道な作戦の方が向いているのかもしれない、そう思ったのです。

では何の習い事をするか……
ジムやテニス、マリンスポーツやゴルフなど
いろいろありますが、シロクマ子が気になったのは英会話。

どうせなら自分の身になることがしたいなぁと思ったシロクマ子は
英会話を習うのってどうだろう?と何気なく友人に相談。

そうして、

友人が情報を持ってきたのがGaitomoでした。

■Gaitomoとはすなわち外国人の友達

Gaitomo英語が話せない日本人と日本語が話せる外国人
新しい形の国際交流パーティーを運営している団体です。
(結局パーティーじゃねぇかというツッコミはなしでお願いします)

Gaitomoが他の国際交流パーティーと違うのは、
英語が話せない日本人でもOKと言っているところ。

他の国際交流パーティーでは
完全に話せないにしても英語を勉強中の人が対象、つまり、
なるべく英語で会話することを前提にしているのに対し、
Gaitomoは外国人と日本語で会話することを前提にしているんですね。

その実態は……この後の体験談に書くとして。

ともかく、この時点のシロクマ子にはこの
日本語で交流可能というところがとても魅力的に感じました。

どうせこれから英会話を習いたいと思っていたし、
先に外国人の知り合いを作ってみるのも良いかもしれない
参加してみる事にしました。

■Gaitomoの国際交流パーティーに参加してきた

今回シロクマ子はシングルズ限定パーティーに参加してきました。

パーティーでの出会いは向いてないのかも?と思いつつ、
せっかく行くならシングルズ限定だろうと思ってしまう、悲しい性。

会場は青山!時間前に会場近くに着いたけれど、
お洒落タウンにビビってなかなか会場に入れません。
付近をウロウロすること数分……意を決して入場。

【Gaitomo(ガイトモ)で婚活】外国人と出会う国際交流パーティーの感想

階段上ってドアを抜けて階段を降りる謎構造。
受付に予約した旨を伝えて参加費3000円を払いました。

ちなみに、参加費はそれぞれ
日本人男性:4,500円 日本人女性:3,000円 外国人男女:2,000円です。
この料金差のせいか外国人を装って参加しようとする日本人男性が多いらしい。

そこでまさかの年齢確認ストップが……!

※上記の日本人男性対策のためか外国人の方は全員
外国人であることを証明する必要がありますが、年齢確認は全員ではなかった

SHOW!和生まれのシロクマ子、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

言っておきますけど、これ自虐風自慢とかじゃないのよ。
田舎の中学生並みの垢抜けなさで「意外とトシいってるね」
ってなるのが本当に辛いのよ……

しかも今回は外国人ばかりのパーティー、受付は日本の方でしたが、
ただでさえ外国人からは日本人は子供に見えるというのに、
日本人にすら年齢確認されてたんじゃこれ外国人相手に戦えなくね!?と。

この日のシロクマ子は、顔の垢抜けなさにプラスして
気持ちはコンサバを目指してるけど結局カジュアル寄りになりました、
みたいな恰好だったので、より子供っぽく(学生っぽく?)見えたのかもしれません。
(婚活パーティーだと可愛い系のコンサバが最強装備なのでついそのノリにしてしまった)

この後のパーティー中にも学生さん?と何度か聞かれたし……
もっと年齢相応の格好してくれば良かったなと心底思いました。
他の参加女性を見ていても受けているのは綺麗目のお姉さんばかりでしたし。

「幼い・可愛い」が受けるのは日本男児にだけだよねー。

■Gaitomoの雰囲気の感想『外国人男性がいっぱい』

受付を抜けてフロアに入ります。
パーティー開始から15分過ぎ位の時間でしたが沢山の人で賑わっていました。

一番多いのが外国人男性で次が日本人女性、日本人男性はかなり少数で
パッと見た感じでは外国人女性はいなかったように思います。

1人サンタクロースみたいな見た目のおじいさん?が隅の方に座っていたのが印象的でした。
シングルス限定パーティーなのに、あのおじいさんも出会い目的なんだろうか。

会場は公式サイトの写真でも確認できますが、
中央に立って話すための机がいくつかあり、壁に沿ってソファー。
部屋の一角にはカーテンで仕切られたスペースがあって、
そこにはソファーとローテーブルがありました(VIP席みたいなイメージ)
飲み物、食べ物はお代わり自由。

ただシロクマ子と友人は飲み物は確保できたけれど、食べ物までは近寄れず。
別に普通に取ればよかったんですが、人が多すぎて遠慮してしまいました。

もう、ね。とってもパーティー!
婚活パーティーをパーティーと呼ぶのが憚られる位にパーティーです。

【Gaitomo(ガイトモ)で婚活】外国人と出会う国際交流パーティーの感想

その煌びやかな空気に気圧されて、
シロクマ子と友人は部屋の隅のソファーでガタガタ震えていることしか出来ません。

その目に映るのはアルコール片手に談笑する外国人男性と日本人女性の姿……
この会話に入っていくには相当な勇気が必要です……。

しかし、有難いことに隅の方でガタブルしてたシロクマ子と友人の元にも
声を掛けにきてくれる方がいました。

■Gaitomoでは日本語で話す?英語で話す?

シロクマ子達に話しかけてくれた外国人男性数名。

皆さん大抵「名前は?」「学生?社会人?」「なんの仕事してるの?」と
“日本語”で聞いてくれたので緊張はしましたが話し易かったです。

後々調べてわかりましたが、外国の方(と一括りにしていい訳じゃないでしょうが、その多く)は
相手の具体的な年齢を気にしないし、また異性に年齢を訊ねるのは失礼と思う
気持ちが日本より大きいみたいですね。うかつに訊ねなくてよかったなぁ。

そんな感じで穏便に話していた私達の元に乱入者が現れました。

「俺、帰国子女なんだ」と語る日本人男性。
外国人男性は私達に対して“日本語”で話してるのに、
わざわざ“英語”で外国人男性に話しかけるのです。

ええ~ですよ。

英語が話せるアピールがしたかったのかもしれませんが
日本語で十分コミュニケーション取れてたのに……

そいつが現れたからか、せっかくお話してた外国人男性も行ってしまいました。

しかし、英語の受難はそれだけに終わらず、
とある外国人の方は思いっきり英語で話しかけてきて
シロクマ子達が満足に受け答え出来ないと知ると「ああ…そう」みたいな
ガッカリ顔で去って行ったり……

【Gaitomo(ガイトモ)で婚活】外国人と出会う国際交流パーティーの感想

そもそも日本語で話しましょう!と言う謳い文句のGaitomoが特殊なだけで
他の多くの国際交流パーティーは英語学習が目的の人が集まっての
英語での交流がメインだったりしますから、
上記みたいな例が起こっても仕方ないのかなと思います。

英語が全く話せないのに参加しようと思ったのが悪かったんや。

■Gaitomoのパーティーへ行ってきた反省点

普段婚活パーティーでも立食形式のパーティーには
行ったことがなかったのもあり、早々に疲れてしまったシロクマ子。

パーティー終了時間よりかなり前に帰りました。

でもまぁ良い経験にはなったのかなぁ……。

一応出会いに繋がるパーティーだったので
こうして婚活体験記の一環としてまとめましたが
そうは言ってもそんなすぐさま結婚だなんだという感じではなく、
純粋な交流パーティーだったと思います。

これまでの視野には入ってなかった範囲の人達との出会いが単純に面白かったです。
国際結婚とか興味なかったけど、
どんな国の人でもご縁があれば……って気持ちにはなりました。

ただ、これは余談ですが、
最近強制わいせつを推奨するようなセミナーを開く最低な外国人の方も
話題になっていますので、そういう発想の人がいるかもしれない
という危険性はちょっと持った方が良いのかな……と(多くの善良な外国人の方には申し訳ないですけれど)

※Gaitomoで出会った人達はみんな紳士的な人ばかりでした。

国籍関係なく日本人でもたくさんの人と出会えば一定確率で最低な人間に当たる可能性は
あるのでこればかりを危ないとは言えませんが……

ともかく、最近婚活に行き詰まったなと感じている方は
これまでとは全く違う視野を持つのも一つの手だと思います。

シロクマ子はとりあえず習い事がしたい。

シロクマ子の婚活体験談・Gaitomo編

関連記事

社会人は付き合う人を見つけられない!?出会う場所・恋愛する場所は...

魂の双子【ツインソウル】との出会いを見逃さないためのポイント!

オタク恋活レポ・オタクだけど婚活パーティで会った人とデートに行っ...

婚活パーティでお声が掛からない女性必見!声を掛けてみたくなる💓女...

「一生ひとりぼっちかも」と不安になったら…運命の人と出会うための...

関連記事ランキング