マンデン占星術でコロナ後の日本を占う2

マンデン占星術でコロナ後の日本を占う2

前回は、マンデン占星術におけるコロナウィルスの影響についてお話ししていきました。
結構、驚くほど兆候が出ていtるのですが、結構目立っているのが「天王星」です。

天王星は変化の星。この騒動をきっかけに、おそらく日本という国は大きく変化を迎えることになるのだろうことが予想されます。

出生率と死亡率、相続、貿易等に絡む国家的な金銭・経済関係、株価、国債などを示す8ハウス木星に、テロ、動乱、亡命、密約、病院・隔離施設などのハウスである12ハウスの土星と経済活動や株価などを示す2ハウスの天王星がハードアスペクトを取っており、コロナショックとも呼ばれる今回の株価の暴落を示唆しています。
天王星は労働環境を示す6ハウスの土星(忍耐・制限を示す)ともハードアスペクトを取っており、テレワークなどで職場に長時間縛られる環境にも強制的な変化がもたらされています。
元々日本自体が生産性が低い国なので、長時間労働によってカバーしていた面が落ち込むことはこの国の財政にダメージを与えることになりそうな予感です。

ただ、この天王星は1ハウスの月とソフトアスペクトを形成しており、国民の立場からしてみると「テレワークサイコー!」と歓迎される変化でもあります。国自体はダメージを受けているものの、そこで暮らしている人たちからすると望ましい変化でもあると言うことです。実際、現在テレワークが推進されてきていますが、通勤電車の混雑が緩和され、通勤自体もしなくていい人も出てきており、働くことに対するストレス自体は減っている面もあるようですね。