ホロスコープで辛い時期を知るコツ【人生の取り扱い説明書】

ホロスコープで辛い時期を知るコツ【人生の取り扱い説明書】

ホロスコープで運勢が分かる。
辛い時期やいい時期が分かる。
そのことによって未来への備えや、心構えができる。

これって、実はそんなに「スピリチュアル」なことではないんです。
そもそもホロスコープチャートとは何を表しているか。
それは、個人個人の性質を表しているのです。
言ってみれば、ホロスコープとは、個人の取り扱い説明書です。

家にお薬がある人は、薬の説明書を見てみたら分かりやすいと思います。
その薬が何によって作られていて、どんな効果があり、どんな副作用があるか。
飲み合わせの悪い薬はあるか。飲む方法は?保管方法は?
薬の説明書には、そういうことが書いてありますよね。

ホロスコープには、そのホロスコープを持つ人が、どんな分野について関心が強く、どんな分野について弱点があり、何に情熱を燃やし、何に慎重になり、体の部位で言えばどこが弱いのか。そういったことが書かれています。
そして、その人の心身の状態が、どの時期にどういう状態になりやすいかを見ることもできます。
単なるオカルトではなく、何千年、何百年にも及ぶ、膨大な統計によってです。

天気予報が数十年前と比べてどんどん当たりやすくなっているように、統計データは元になるデータが多ければ多いほど的中率が高まります。
実際、どの季節に生まれた人がどういった職業に就きやすいか、どういった気質を持ちやすいか、どんな病気になりやすいかということは、科学的にも証明されています。

それを更に細分化し、未来予測を立てやすくしたものが、ホロスコープなのです。