イケメンなのに「草食系男子」…モテるのにフリーな人が多い理由とは?

イケメンなのに「草食系男子」…モテるのにフリーな人が多い理由とは?

恋愛において肉食系か草食系かという枠組みもすっかり定着しました。

草食系と呼ばれてる男性は、恋愛に対する関心が低く、ガツガツと来る事もなくゆったりとした雰囲気の方が多い印象です。
そのため、スポーツマンやイケメンは肉食、文化系や理系・オタク系には草食が多いというのが定説でしたよね。

しかし最近ではイケメンでも草食系と呼ばれて、彼女もいないという男性が増えています。

彼らのようなイケメン草食系が増えてきたのは、どのような理由があるのか調べてみました。

 

最近多い気がする!?イケメンの草食系はどうして増えたの?

あなたの周りにも草食系と言われて思い浮かぶ人はいませんか?
男性が草食系になる理由を見てみましょう。

そもそもイケメンと呼ばれる枠が広がったから

イケメンの草食系が増えたというよりは、草食な男性が全体的に増えています。

その中で、「イケメン」の定義が広くなりました。

ひと昔前は、木村拓哉、福山雅治、竹野内豊…など誰がどう見てもイケメン!という人だけがイケメンと言われていましたが、最近は塩顔イケメンや雰囲気イケメンなど、イケメンの定義が広がり、イケメン扱いされる男性の絶対数が増えたように思います。

そのため、相対的に、昔よりイケメンの草食系が増えたと感じるのも1つの理由なのではないでしょうか。

恋愛するのがめんどくさいと感じる男性が増えたから

デートはどこに行くか、ご飯はどうするか、彼女の好きなものは…?と、毎回考えるのが大変で面倒になってきてしまいます。

また、外に出かけるのが苦手なタイプの男性は、デートだとしてもそもそも出かける事自体が嫌だから恋愛はしたくないと考えてしまいます。

外出が面倒じゃない男性でも、恋愛となると、束縛されたり自分の時間が減って自由が奪われるという事から、彼女は作りたくないというタイプも多いようです。

女性から期待されてるものに合わせることがだんだんと億劫になってきてしまうんですね。

過去に付き合っていた彼女との恋愛が楽しくなかった人は、面倒だしもう恋愛はいいかなと考えてしまうタイプも多いです。

デート代がもったいないから

以前は「デート代は男が出すもの」と考える人が男女ともに多かったですが、最近は割り勘が当たり前になってきて、男性のお財布事情はだいぶシビアです。

男性が払ってもらうのが当たり前と思っていたり、割り勘や少し出してもらおうとしたら不満を言う女性だとだんだんとデートしたくなくなってしまいます。

せっかくのデートなのに嫌な気持ちになるくらいなら、デート代も自分の好きな事に使おうと考えます。
好きな趣味があれば、当然そちらに使った方が楽しいですからね。

また、仕事の収入面で不安が出た時は、デートは極力控えたいと考える方もいます。
どんなに安く済まそうと思っても、デートはお金がかかるものだからです。

女性と過ごす時間にかけるお金よりも、自分の趣味や貯金に回すお金の方が優先順位が高いのでしょう。

 

関連記事

男性は女性のどんな髪型が好きなの?嫌いな髪型もご紹介!...

別れてからも連絡を取っていた元彼から連絡が来なくなった…その理由とは?...

【強力】2018年中に結婚できるおまじない★5選...

魅力的すぎてもダメかも?「高嶺の花」と言われる女性になかなか彼氏ができ...

顔だけじゃない!やっぱりモテる女性には共通点があった!特徴6つ♡...

関連記事ランキング