夫婦喧嘩の解決法で仲直り!夫婦喧嘩が多いとき疲れたときの対処法

夫婦喧嘩の解決法で仲直り!夫婦喧嘩が多いとき疲れたときの対処法

目次

夫婦喧嘩の解決法があれば、喧嘩してもすぐに仲直りできますよね。結婚したけど夫婦喧嘩が多いとき、だんだん疲れたりしませんか?夫婦喧嘩なんてない方がいいですが、もし喧嘩してしまったときは解決法を上手く使って仲直りしましょう。今回は夫婦喧嘩の原因と解決法をご紹介していきます。

夫婦喧嘩に疲れた!夫婦喧嘩が多い原因は?

思わず「疲れた…」と感じてしまうくらい、夫婦喧嘩が多い皆さん。一体、夫婦喧嘩の原因は何が多いのでしょうか?解決法をチェックする前に夫婦喧嘩の原因を見てみましょう。

夫婦喧嘩の原因は相談不足・話し合いの放棄が多い

夫婦喧嘩になってしまう原因で多いのは、相談不足であったり、話し合いの放棄であったり、お互いの意思疎通をきちんとしていないことが多いです。たとえば、夫婦で相手にしてもらいたいことがあるのに「言わなくてもわかるだろう」「これくらい察してほしい」という意識が根っこにあると、喧嘩の原因になります。
また、夫婦で「話したいことがある」と言われても真面目に取り合わないでいると、イライラが溜まっていき、夫婦喧嘩の原因となります。

夫婦喧嘩が多いのは自分の意見を通したいと思っているのが原因

夫婦喧嘩が多い場合、自分の意見を通したいと思っているのが原因であることが多いです。自分の意見を通したいと思っているのが、夫婦のどちらかの意見ではなく、両方であることが多いです。夫も妻も「自分の話を聞いてもらいたい」「自分の意見を飲み込んでほしい」と思っているのです。そのため、お互いに妥協や譲り合う点が話し合えず、夫婦喧嘩が増える原因となります。

疲れたと感じるほど夫婦喧嘩が長引く原因は相手を許せないから

夫婦喧嘩が長引くと、精神的に疲弊して疲れたと感じるでしょう。それでも夫婦喧嘩が続く原因は、相手のことが許せないからです。仕方ないなと思えるラインを超えて怒っている場合、夫婦喧嘩は長引くものです。そこまで怒らせた相手が誠心誠意謝って、許しを請わない限り、イライラが長引くでしょう。いくら疲れたと思っても、心底腹を立ててしまえば、なかなか相手を許せないのです。

夫婦喧嘩の原因で多いのは浮気・不倫

夫婦喧嘩の原因で多いもの、また離婚話まで進むことが多いものは、浮気や不倫です。相手の浮気や不倫に気づいたパートナーは当然怒りますし、相手が謝ったとしてもなかなか許せないでしょう。また、もし浮気や不倫を「お前が構わないからだ」など正当化してきた場合は、更に怒るでしょう。夫婦喧嘩が長引くのも予想できます。

夫婦喧嘩の解決法は?離婚まで行かずに仲直りするには

夫婦喧嘩の原因をいくつか紹介してきましたが、仲直りするための解決法は何があるのでしょうか?次に、夫婦喧嘩した後の解決法のポイントを見ていきましょう。

夫婦喧嘩の解決法として話し合いは落ち着いてからがベスト!

夫婦喧嘩の解決法のポイントは、仲直りするための話し合いは頭が落ち着いてからの方がいいでしょう。怒っているとき、イライラしたままで話し合いをしても小さなことが引っ掛かって、また新たな夫婦喧嘩の原因を生み出しかねません。
落ち着いて話せると思うときまで、相手に「頭を冷やしてから話し合いたい」と告げて、一旦距離を置くようにしましょう。
相手の話が聞けるようになったら、夫婦喧嘩の原因となった内容について相手に聞くのが、夫婦喧嘩の解決法のポイントです。

夫婦喧嘩して仲直りしたいとき勝ち負けを考えない解決法

夫婦喧嘩をして仲直りしたいというとき、相手との勝ち負けを考えないでください。夫婦喧嘩の解決法として、夫婦間の優劣を考えると仲直りが難しいというのがあります。男性はプライドが高いという話をよく聞きますが、女性にプライドがないわけではありませんよね。夫婦喧嘩をして仲直りしたいからと言って、折れるのは嫌だという感情は二人の間にあるはずです。そのせいで夫婦喧嘩が長引くのもよくあることです。
なので、仲直りするために謝った方が負け、折れた方が悪かったという考え方はやめるのが、夫婦喧嘩の解決法として有効です。

夫婦喧嘩の解決法が実践できないとき最低限の日常生活は続ける

夫婦喧嘩の解決法を見ても、どうしても納得できないときがありますよね。どうして自分が謝らなければいけないとか、解決法を試しても上手くいかないとか、そんなときは夫婦喧嘩が終わりません。終わらない夫婦喧嘩の延長線上に、日常生活の放棄をしてしまうと、更に仲がこじれることになるので注意しましょう。
夫婦喧嘩をしていても最低限、日常生活はいつも通り送るようにしましょう。家事の放棄、会話の放棄などはしないようにしましょう。

夫婦喧嘩の解決法として手紙を書いて仲直りする方法

夫婦喧嘩の解決法のひとつに、手紙を書いて仲直りする方法があります。
声に出して話し合うと上手く相手に伝わらなかったり、イライラして声が怒っているようになってしまったりする場合、話し合いが難航するでしょう。上手く仲直りできないかもしれません。
手紙を書くと、言葉として自分で読んで見直すことができますし、手紙を書きながら気持ちの整理もできるので、おすすめの夫婦喧嘩の解決法です。

夫婦喧嘩が多い時の解決法は相手へ感謝の気持ちを日々伝えること

喧嘩をしたいわけではないのに、夫婦喧嘩が多い時の解決法は、相手への感謝を毎日伝えることです。
「私と結婚してくれてありがとう」でもいいですし、「いつも美味しいご飯をありがとう」でもいいですし、「毎日起こしてくれてありがとう」でもいいです。相手の行動に感謝を持つことが、夫婦喧嘩が多い時の解決法です。
自分が感謝を持つと、相手も同じようにだんだんと小さなことに感謝を持っていくようになります。夫婦の関係は鏡だと思って、まずは自分から行動を起こしましょう。

夫婦喧嘩に疲れたと思う前に防止策を考えよう

夫婦喧嘩に疲れたと思う前に、喧嘩しないように防止策を考えるようにしましょう。夫婦喧嘩の原因になりやすいものは何か、自分たちに該当するものを考えてみてください。いつもいつも夫婦喧嘩に疲れたと思っていると、だんだんと離婚を考えるようにもなってしまいます。
好きで結婚した相手のことを嫌になるのはつらいですよね。今回紹介した夫婦喧嘩の解決法は防止策にも応用できると思いますので、参考にしてみてください。

まとめ

今回は夫婦喧嘩の原因と解決法を紹介してきましたが、いかがでしたか?夫婦喧嘩が長引く、多いという時は離婚も考えてしまうかもしれません。ですが、まずはどうして夫婦喧嘩になるのか原因をよく考え、仲直りし、また夫婦喧嘩を繰り返さないための解決法を考えていきましょう。幸せな結婚生活を目指して、夫婦での話し合いもしっかりしてくださいね。