ダメ男製造機とは?ダメ男製造機になりやすい女性の特徴と改善すべきこと

ダメ男製造機とは?ダメ男製造機になりやすい女性の特徴と改善すべきこと

ダメ男製造機という言葉を聞いたことはありますか?ダメ男製造機とは、男をダメにする女性のことをあらわす言葉です。付き合っている彼氏がだんだんダメ男になってしまう、なぜか付き合う男がダメ男ばかり…。そんなふうに思ったことはありませんか?今回は、ダメ男製造機になる女性の特徴や、ダメ男好きの女性が改善すべきことについて、まとめていきます。

ダメ男製造機とは

ダメ男製造機とは
ダメ男製造機とは、その名のとおり、ダメ男を作り出してしまう女性、付き合う男をダメにする女性のことです。「これまで付き合ってきた男たちは全員ダメ男だった」、または「付き合い始めは普通だったのに、だんだんダメ男になってしまった」という経験を持っているなら、あなたはダメ男製造機なのかもしれません。

あなたはダメ男製造機?診断しよう!

あなたはダメ男製造機?診断しよう!
ダメ男製造機である女性は、自分が男をダメにしているとは気づいていないこともあります。自分はダメ男製造機なのか、次の診断項目からチェックしていきましょう。

ダメ男製造機の診断項目

  1. 彼氏のお世話を焼いている
  2. 相手のためにできることはなんでもやる
  3. 彼氏に「君がいないと生きていけない」と言われると嬉しい
  4. 彼氏が傷つくくらいなら自分が傷つきたい
  5. 彼氏からの頼みは断れない
  6. 彼氏を喜ばせるためならなんでもする
  7. 恋愛してないと死んでしまう
  8. 彼氏を怒ったことはない

これらの診断項目に半分以上当てはまるなら、ダメ男製造機である可能性が高いです。1個、2個なら、まだダメ男製造機にはなっていないでしょう。

ダメ男製造機になりやすい女性の特徴

ダメ男製造機になりやすい女性の特徴
ダメ男製造機診断で当てはまる項目が少なかったとしても、安心するのはまだ早いかもしれません。実は、ダメ男製造機になりやすい女性には共通する特徴があるのです。次のような特徴のある女性は、いつか彼氏をダメ男にしてしまうダメ男製造機になる可能性があるでしょう。

心配性

心配性の女性は、基本的にダメ男製造機になりやすいと言えます。彼氏が困っていないか、何か手伝いが必要ではないかと心配になってしまって、あれこれ世話を焼いてしまうのです。その結果、彼氏をダメ男にしてしまいます。

嫌なことを嫌と言えない

ダメ男製造機になりやすい女性の特徴としては、嫌なことを嫌と言えないという特徴があります。「嫌と言って嫌われたらどうしよう」「断ったら怒られるかも…」などと考え、ついつい自分が我慢するほうを選んでしまうため、彼氏としてはわがままが言いやすいのです。最初は小さなわがままから始まるかもしれません。ですが、何を言っても彼女が受け入れてくれることから、彼氏のわがままは次第にエスカレートするでしょう。そして最終的にダメ男になってしまうのです。

自分のことが好きじゃない

自分のことが好きじゃない
ダメ男製造機になりやすい女性には、自分のことが好きじゃないという特徴があります。そして、自分のことが好きじゃない女性は、「私のことを好きになってくれる人なんていない」と思い込んでしまうのです。そのため、付き合ってくれた相手に対しては「こんな私と付き合ってくれるなんて申し訳ない」と、自分を犠牲にしてでも誠心誠意尽くすため、結果的にダメ男にしてしまうのです。

人に喜んでもらうのが好き

人に喜んでもらうのが好きというのは素敵な性格ですが、ダメ男製造機になりやすい女性であるとも言えます。人に喜んでもらうのが好きな女性は、彼氏に喜んでもらおうと一生懸命になりがちです。ですが彼氏がそのことに感謝せず、逆に調子に乗ってしまうタイプだった場合、次第にダメ男になっていくでしょう。

ダメ男製造機の女性が改善すべきこと

ダメ男製造機の女性が改善すべきこと
自分はダメ男製造機だった、いつかはダメ男製造機になるかもしれない…。そんな不安を抱える女性が改善すべきことはなんでしょうか?ダメ男製造機を卒業するために、改善するべきポイントをご紹介していきます。

ダメ男好きを直す

ダメ男製造機を卒業したいなら、まずはダメ男好きを直すことを最優先です。
ダメ男製造機の女性はダメ男好きであることが多く、彼氏がダメ男になっても別れられない人がほとんどです。また、ダメ男好きだからこそ、彼氏を自分好みに変えてしまう=ダメ男製造機になってしまうという可能性も考えられます。
自分がダメ男を支えられるのなら、ダメ男好きでもいいかもしれません。ですが、ダメ男製造機でいたくないなら、まずはダメ男好きな自分の性格を改善しましょう。ダメ男好きを直すには、冷静な目で相手を観察し、ダメ男のダメなところを洗い出してみることから始めてください。

母親みたいに世話を焼きすぎない

ダメ男製造機から卒業するために、彼氏の世話を焼きすぎないようにしましょう。相手のために尽くしたいと、あれこれ母親みたいに世話を焼くのは、彼氏にとってよくありません。
改善すべきなのは、彼氏がダメ男になる前に自分のことは自分でやらせるようにすることです。「洗濯しておいて」「疲れたー。ご飯は?」と彼女を母親のように扱う彼氏の世話を焼きすぎるのはやめましょう。

すぐに謝らないようにする

すぐに謝らないようにする
ダメ男製造機になりやすい性格を改善するためには、すぐに謝らないようにすることも大切です。彼氏に怒られたとき、何か反対意見を言われたとき、自分が正しいと思っていても、すぐに「ごめんね。私が間違っていた」と謝る癖があるなら、今すぐやめましょう。
彼女がすぐに謝ることで、彼氏はたとえ自分が悪かったとしても「俺が正しい」と思い込んでしまいます。自分の意見を相手に伝えることは、お互いをわかり合うために必要な作業です。ダメ男製造機を卒業するためだけでなく、彼氏と素敵な関係を築いていくためにも、自分で自分を変えていきましょう。

都合よく考えない

ダメ男製造機でいたくないなら、自分にとって都合のいい考え方は改めるようにしましょう。今はダメ男だけど、もともと彼はいい男だったから、いつかは状況が良くなる、彼氏も変わってくれる…。そんなふうに希望的観測を持っても、自分も彼氏も変わろうとしない限り、状況は改善されません。ダメ男製造機を卒業したいなら、いつかは変わる、彼氏が変わってくれると思わずに、自分が変わるために行動を起こしてくださいね。

ダメ男になった彼氏は直せる?

ダメ男になった彼氏は直せる?
自分がダメ男製造機だったことに気づいたとき、ダメ男の彼氏を元に戻すことはできるのでしょうか?
彼氏をダメ男から普通の男に戻すためには、彼女の頑張りだけでは足りないかもしれません。彼氏自身が自分はダメ男だと気づき、ダメ男をやめたいと思わない限り、彼氏を変えることは難しいでしょう。彼氏からしてみれば、ダメな自分を許してくれる彼女がそばにいてくれるなら、無理に自分を変える必要がないからです。
ダメ男になった彼氏を直すなら、まずは話し合いをしてください。「あなたのこういうところが好きだった。今のあなたは好きではない」と伝え、関係の改善を図っていきましょう。もちろん、彼氏は怒るかもしれません。別れようと言うかもしれません。それでも、ダメ男の彼氏を直したいと思うなら、楽なほうに流されるのではなく、自分の意見をきちんと伝えるようにしてくださいね。

まとめ

今回は、ダメ男製造機とは何か、ダメ男製造機の診断チェックポイントや、ダメ男製造機になりやすい女性の特徴、改善すべきことについてご紹介してきました。もし、自分がダメ男製造機だったと気づいたら、まずは自分の性格を変える努力をしましょう。彼氏がダメ男になってしまったときには、きちんと話し合い、自分の意見をしっかりと伝えることで、関係改善を図っていきましょうね。