目を合わせない人の心理は?目を合わせてくれない彼氏は照れ屋?嫌い?男性心理をご紹介

目を合わせない人の心理は?目を合わせてくれない彼氏は照れ屋?嫌い?男性心理をご紹介

目を合わせない人が何を考えているのかわからない、目を合わせない人の心理を知りたいという人は結構いますよね。目を合わせてくれない彼氏を持つと、ただの照れ屋なのか私のことが嫌いなのか恋愛中、不安になる彼女もいるでしょう。そこで今回は目を合わせない人の心理や性格、彼氏の男性心理を紹介していきます。職場で挨拶するとき目を合わせない男性の心理も紹介していくので、チェックしてみてくださいね。

目を合わせない人の心理を知ろう!

まずは目を合わせない人の心理を見ていきましょう。自分が目を見て話すタイプの場合、なぜ目を合わせてくれないのか、気になる人もいるでしょう。実は、目を合わせない人はただの性格だった…ということもあるのです。

目を合わせない人の性格

目を合わせない人の性格は、恥ずかしがり屋であることが多いです。目を合わせて話すのが恥ずかしいから、つい目を逸らしてしまう・相手の顔が見れないといった性格の特徴があります。目を合わせない人は目を合わせて話そうとする人を苦手とする傾向があるので、お互いに話しづらいと感じるでしょう。

目を合わせない人は私のことが嫌い?

向こうから目を合わせてこないというときは、「私のこと嫌いなのかな?」と気になってしまうでしょう。ですが、先に紹介した通り、ただ性格的に目を合わせられないだけで嫌いというケースは少ないです。嫌いな人に対しては目を合わせないだけでなく、会話も言葉が少なくなるでしょう。また、笑うことも少ないです。普通に話しているけれど目が合わないだけというときは、嫌いなのではなく性格上、目を合わせるのが苦手なんだと考えた方がいいですね。

目を合わせない人の心理

次に、目を合わせない人の心理を見ていきましょう。目を合わせない人の性格は恥ずかしがり屋だと紹介しましたが、別の心理が隠れていることもあります。恋愛心理でいえば、「好きな人とは目が合わせられない人」がいます。目が合うと恥ずかしいからだめというタイプです。また、自分の顔が嫌いだ、表情にコンプレックスがある人は「自分の顔を見られたくない」という心理から目を合わせないようになってしまいます。

目を合わせない人は嫌い?

目を合わせて話すのが普通だ、相手の目を見て話すのが礼儀だという人の中には、目を合わせない人のことが嫌いだという人もいるでしょう。ですが、目を合わせない人も会話に慣れてくれば、普通に目を見て話せるようになっていきます。たとえば、目を合わせない人の心理から、自分の顔にコンプレックスがある場合。嫌いだと思われていることは自分でも察知しやすいので、「やっぱりこんな顔の人と話すのは嫌だろうな」とますます目を合わせづらくなります。目が合わないことを気にしないで会話を続けていれば、「この人と話すのは楽しい」と感じて、目を見れるようになるでしょう。嫌いだと思う前に、相手と打ち解けるようにするのがおすすめです。

目を合わせない彼氏は一体何を考えている?

彼はどうして目を合わせてくれないのでしょうか。喧嘩中でもなく、疎遠になったわけでもなく、仲良くデートしたり食事をしたりもするのに、視線だけは合わせてくれない…なぜでしょう?

自分だったらどうかな?と自分に置き換えて考えてみても、それは女性目線の考え方でしかないため、推測の域を出ません。結局のところ、男性の本音はいったいどこにあるのでしょうか。

男性が目を合わせてくれない理由はシャイだから!?

彼氏が目を合わせてくれないと悩んでいる女性へ、男性からの答えは次の通り。
「もしかしたら、私のこと好きじゃないのかも」「目を逸らすのは嫌われてるから?」と悩んでたのが馬鹿らしくなるくらい可愛い理由で、彼氏は彼女と目が合わせられないのかもしれません!

実は彼氏は…恥ずかしがり屋?照れ屋?…シャイなの?

口には出さないけれど、男は繊細でナイーブな性格をしている

女の子に比べると、男の子は繊細でナイーブだといいますよね。ガラスのハートを持っている、それが男の子。そんな男の子たちは、大人になってもやっぱり繊細でナイーブなままなのです。

基本的に、女の子に比べて男の子はあまり精神的に成長しません。男性が大人になっても子供っぽいと言われる所以です。
そんな繊細でナイーブな男性たちは、ナイーブであるが故に女性が思ってもいないことを考えているようです。

付き合っていても、目を合わせるのは恥ずかしい

そうなんです。たとえ彼女でも面と向き合ってしまうと恥ずかしくて…という男性、結構いるんですよ。

目が合うと落ち着かない、照れくさい、という理由があるようです。でも彼女のことは嫌いじゃない。むしろ可愛いと思っているのです。
女性が目を合わせて話してくると、男性の方はドギマギ…。目を合わせて会話するのは緊張するという、照れ屋な彼氏がつい取ってしまう態度だったんです。

彼女なんだから恥ずかしがることなんてないのに。そう思うのは女性だからなのでしょうか。

彼氏がシャイだって知らない彼女は、彼氏が目を合わせてくれないだけで不安になるんですけどね!

面と向かっては言えないけど、彼女が綺麗すぎて直視できない

たとえば、結婚式の衣装合わせのため、ホテルの衣装室で待っていた彼氏が真っ白なドレスを身にまとった彼女の美しさに衝撃を受ける…なんて話を聞いたことありませんか?
彼女の美しさに気づいた男性は、なかなか目を合わせづらい…というところもあるようです。

目を見られないのは好きじゃなくなったから、なんて思っているとしたら、とんでもない勘違い! 彼はあなたの美しさにドキドキしてしまっているのかもしれません。
彼氏が最近、目を合わせてくれないなと思ったら、自分の彼女のことを「綺麗」だと思って緊張しているからなのかも。

男性も恥ずかしがり屋だから、「なんでこっち見ないの?」と彼女に言われても「綺麗だから直視できない」なんて言えないでしょう…。

と、ここで男性にエールを送ってしまいたくなるほどですね。恥ずかしくて目を合わせられないなんて、もったいない。彼女に誤解されてしまう前に、きちんと目を合わせられるようになってもらいたいものです。

そんな彼に対してあなたができること。それは見守ってあげることです。きちんとお付き合いをしていて普段から仲が良い間柄なら、焦る必要も心配する必要もありません。
彼が目を合わせてくれなくても、ちゃんと愛されているし、素敵な彼女だと思ってくれています。

きっといつか目を合わせてくれると信じて待ちましょう。

目を合わせないのは「自分に自信がない・容姿にコンプレックスがある」

【恥ずかしい】以外にも、自分に自信がない男性や、容姿にコンプレックスがある男性は目を合わせるのが苦手な傾向があります。
端からみれば大したことはなくても、本人にとっては結構重大な問題なんですよね。

イケメンなのに容姿コンプレックスを持っている人だっています。芸能人でも、誰が見てもイケメンなのに「自分の顔のパーツのここが嫌い」という男性、いますよね。
それは一般人でも同じ事。持つ必要のないコンプレックスに悩まされて自信を失っている男性は多いのです。

コンプレックスを克服するには、自信を取り戻してもらうことが大切です。自信を取り戻せば、顔を上げてあなたの目をしっかりと見てくれるようになるはず。彼と一緒に心のリハビリに付き合ってあげましょう。

あなたのこんなところが好き、こうするといいね、こういうのが似合うね、さすが○○君だね、いつもありがとう、変わらなくて良いよ、そのままのあなたが素敵…と褒め倒してあげると効果的です。

コンプレックスを持っている彼を丸ごと受け入れる、いいえ、コンプレックスも含めてあなたが好き!という彼女の態度に、彼は失った自信を少しずつ取り戻して行くことでしょう。

コンプレックスについて、具体的に触れる必要はありませんよ。彼の良いところ、あなたが彼を好きな理由をたくさん言葉にしてあげれば良いのです。

職場にいる目を合わせない人の心理は?

ここまで、彼氏が目を合わせない心理を紹介してきました。目を合わせない人は彼氏以外に、職場にもいるでしょう。職場で目が合わない人でも、仕事ができれば気にしないという人も多そうですが、業務上の障害を感じることや挨拶しても目を合わせないのはどうしてだろうと思う人もいるでしょう。それぞれ、職場にいる目を合わせない人の心理を紹介していきます。

目を合わせない人が職場にいる時の障害

たとえば、接客や営業といった仕事についている場合、目を合わせない人が相手だと困ることも多く、障害を感じるでしょう。お客さんに挨拶するにも目を合わせない、製品を売り込んでいるのに相手の顔を見ないとなれば、信用にかかわることもあります。職場の人なら、「あの人の性格だから仕方ない」と納得することができても、お客さん相手だとそうはいきません。目を合わせないことが仕事上、障害になっていると感じたときは同僚や上司から注意を促すようにしましょう。目を合わせない人も、仕事に影響が出て嬉しい人はいません。

目を合わせない上司はどう扱えばいい?

上司の中でも部下と目を合わせる人もいれば、目を合わせようとしない人もいるでしょう。指導中に目を合わせない人のことを信用できないと感じる部下もいるかもしれませんが、同僚の場合とは違って、指摘しづらいです。もし、上司が目を合わせないタイプの人ならば、話している最中にじっと目を見ようとすることはやめておいたほうがいいでしょう。相手に圧迫感を与えてしまいます。上司に合わせつつ、適度に視線を外しておいたほうが上手く付き合えるでしょう。

職場で挨拶するとき目を合わせない男性心理と女性心理

職場では必ず挨拶しますよね。その挨拶するときに目を合わせない人がいたとき、どんな心理なのでしょうか?男性心理と女性心理に分けて紹介していきます。職場で目を合わせて挨拶しない男性心理は、すでに頭は仕事のことでいっぱいということがあります。仕事について考えているため、挨拶は流れ作業、相手の目を見るという意識がないのです。また、女性心理の場合、挨拶のときに目を合わせないのはなるべく人と関わらないようにしているケースが考えられます。仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けて考えているので、挨拶もおざなりになってしまう…というのです。これは、男性心理にも当てはまります。

まとめ

今回は目を合わせない人の心理や性格から、彼氏が目を合わせてくれないときの理由、職場で目を合わせない人がいるときの男性心理、女性心理を紹介しました。目を合わせない人がいたら、自分のことが嫌いなのかと思ってしまいそうですが、実際はそうと限りません。性格から目を合わせないだけかもしれないので、深く考えすぎないようにしてくださいね。

関連記事ランキング