頭皮の保湿は必要?正しい保湿方法や乾燥する原因、おすすめの保湿剤は?

頭皮の保湿は必要?正しい保湿方法や乾燥する原因、おすすめの保湿剤は?

目次

顔の保湿も大切ですが、実は頭皮もしっかり保湿することが大切です。頭皮が乾燥すると、痒いしフケが出るし気になりますよね。頭皮の保湿の方法や種類によっては頭皮を保湿しているつもりが逆効果になってしまうことも。今回はそんな頭皮の保湿剤の種類や方法について紹介していきます。

頭皮には保湿が必要?乾燥する原因は?

頭皮には保湿が必要?乾燥する原因は?

顔の保湿は化粧水や乳液、パックなどで念入りに行いますが、頭皮の保湿までしっかりできている人は少ないのではないでしょうか?頭皮におすすめの保湿剤をご紹介する前に、頭皮が乾燥する原因についてご紹介します。

頭皮が乾燥する原因:内的要因

元々乾燥肌だったり、アトピーだったり、お肌がもともと弱い人は顔や体が乾燥しやすいように、頭皮も乾燥しやすい傾向にあります。

また、女性ホルモンが低下することで皮脂量が低下してしまうため、頭皮の乾燥を招きます。特に年を取るとお肌の保湿機能が低下してしまうので、頭皮も乾燥してしまうのです。

さらに、暴飲暴食や睡眠不足などによる生活習慣の乱れ、生活におけるストレスの蓄積など、日々の生活における変化が頭皮に影響を与えます。お肌のバリア機能が低下して頭皮が乾燥してしまうのです。

頭皮が乾燥する理由:外的要因

シャンプーで頭皮の汚れを落とそうとするあまり、刺激の強いシャンプーを使ったり、ゴシゴシ強く洗いすぎたりすることで、必要な皮脂まで失ってしまい乾燥してしまうことも。さらに、お風呂に入ったあとしっかり乾燥させようとドライヤーを頭皮に当てすぎることも頭皮の乾燥の原因のひとつとなります。シャンプーとドライヤーは特に、「頭皮のにおいが気になる」「ふけがきになる」という場合に念入りにやりすぎてしまうことがあるので、注意が必要です。

また、空気が乾燥しやすい冬はもちろん、夏は室内にいる際にエアコンのせいで乾燥することもあります。

頭皮を保湿することの大切さ

頭皮を保湿することの大切さ

続いて、乾燥しがちな頭皮を保湿する大切さや重要性についてご紹介します。なぜ頭皮をしっかり保湿したほうがいいのでしょうか?

頭皮を保湿する大切さ:ふけ・かゆみを防ぐ

特に頭皮が乾燥しやすい人は、乾燥によるかゆみが出たり、白いふけが落ちてくることも。しっかりと頭皮を保湿してあげることで、乾燥によるふけやかゆみを防ぐことができます。

頭皮を保湿する大切さ:匂いを防ぐ

シャンプーなどで皮脂を念入りに落としすぎて頭皮が乾燥した場合、本来必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。そうなると頭皮が「乾燥してる!」と判断して皮脂を余分に分泌してしまいます。皮脂などをエサにしている常在菌が、余分に分泌された皮脂を食べて代謝物質を出します。その代謝物質が酸化してしまい、それが頭皮の嫌な臭いになるのです。頭皮をしっかり保湿することで皮脂の余分な分泌による匂いを防ぐことができます。

頭皮を保湿する大切さ:老化防止

頭皮が乾燥していると頭皮もどんどん老化していきます。顔の皮膚と同じで頭皮が乾燥して老化していくと、顔のたるみなどにつながることも。頭皮を保湿するということは、自分の顔の老化を防ぐことにもつながるのです。

頭皮の正しい保湿方法は?

頭皮を保湿する方法は、頭皮のタイプによって変わってきます。

頭皮の正しい保湿方法:乾燥肌の人

乾燥肌の人の頭皮の正しい保湿方法は、まずシャンプーで頭皮の汚れを落とす際にあまりゴシゴシ擦りすぎないようにしましょう。また、刺激の強い成分などが入っていない肌に優しいシャンプーを使うことが大切です。また、シャンプーの後はクリームタイプやオイルタイプなど、保湿力がある自分に合ったテクスチャの保湿剤を使いましょう。

また、頭皮を保湿するタイミングとしてお風呂上りのドライヤー後にしているという人も多いのではないでしょうか?シャンプーで皮脂を落としたあと、無防備な状態でドライヤーをかけるとさらに乾燥してしまいますので、なるべくドライヤーの前に保湿ローションなどでしっかり頭皮を保湿してあげるようにしましょう。

頭皮の正しい保湿方法:オイリー肌の人

オイリーな肌のタイプの人も頭皮のフケが目立つことで、乾燥肌と勘違いしてしまうので注意が必要です。オイリー肌の人の場合、乾燥によるふけとは違う、ベタベタとしたふけが出ます。ベタベタしたふけの原因は、シャンプーなどでしっかりと皮脂を落とし切れていないため、常在菌が住みやすい環境になってしまうこと。ベタベタしたふけだったら、乾燥によるふけではないのでしっかり見極めましょう。

オイリー肌の人は、まずしっかりとシャンプーをして皮脂や汚れを落とすことが大切です。皮脂や汚れを落としたあと、テクスチャがこってりしたクリームなどで保湿せず、さっぱりとしたテクスチャのスプレータイプのローションなどで頭皮を保湿ケアするのがおすすめです。オイリー肌の人の場合、ふけオイリー肌の人が乾燥肌の人と同じ方法で頭皮を保湿ケアすると症状が悪化してしまいますので注意が必要です。

頭皮の保湿剤、種類や選び方は?

頭皮の保湿剤について、頭皮を保湿する保湿剤の種類や選び方をご紹介します。

頭皮の保湿剤:種類

頭皮の保湿剤にはさまざまな種類があります。アトピーの頭皮などデリケートな肌ようの保湿剤や、保湿ローション、保湿スプレー、保湿シャンプーやオイル・クリームなど、目的やテクスチャなど好みの頭皮の保湿剤を見つけて、頭皮を乾燥から防ぎましょう。

頭皮の保湿剤:選び方

乾燥した頭皮の保湿剤を選ぶ時には、配合されている成分に注目することも大事です。ヒアルロン酸やスクワラン、植物エキスなど保湿剤にはさまざまな成分が含まれています。また、乾燥のみならずにおいが気になる人は、頭皮の乾燥が原因である場合があります。頭皮のにおいが気になる人は、特に保湿効果の高い保湿剤を選ぶようにしましょう。

【ローション】頭皮の保湿剤・ローションのおすすめ

頭皮の保湿にはさまざまな保湿剤がありますが、異なる保湿剤毎に塗るタイミングや塗り方が重要です。まずは頭皮に使う保湿ローションについて。頭皮保湿用のローションは、美容液タイプとスプレータイプがあります。

頭皮の保湿:ローション(美容液タイプ)の使い方

美容液タイプは手に付けて塗り込む方法や、頭皮に直接垂らす・つける方法など商品によって様々です。頭皮に保湿ローションを使う場合は、頭皮を洗った直後に使用しましょう。ローションが素早く肌に浸透します。

頭皮の保湿:ローション(美容液タイプ)のおすすめ商品まとめ

頭皮の保湿におすすめの美容液タイプのローションについておすすめの保湿剤をご紹介します。

KIMEA「スカルプ リバイタライジングセラム」

地肌スキンケア用美容液でおすすめはKIMEAスカルプ リバイタライジングセラム。シリーズ展開していますが、シリーズの中でもこの頭皮専用美容液は最高濃度で保湿成分を配合しているようです。スポイトから直接肌に塗り込むことで、高い保湿効果が期待できます。

商品名 スカルプ リバイタライジングセラム
メーカー名 P&G
ブランド名 ヘア&スキン KIMEA(キメア)
内容量 30ml
価格 2,800円(税別)
使い方 タオルドライ後の濡れた地肌にご使用ください。
1.キャップを回してゆるめると、中の美容液が自動的に吸い上がります。
2.髪の分け目にスポイトの上部を押しながら額から首の方へ6~9本程度、地肌をなぞるように塗布し、地肌をマッサージしながら全体に馴染ませます。

 

★NOV「スカルプローション」

【ローション】頭皮の保湿剤・ローションのおすすめ【ローション】頭皮の保湿剤・ローションのおすすめ-2

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

敏感な頭皮にやさしくうるおいを与える低刺激性のスカルプローションです。初めて頭皮に保湿ローションを使ってみる方にもおすすめです。こちらも、タオルドライ後に塗るのが効果的。無香料・無着色・低刺激性。

商品名 ノブ スカルプローション
メーカー名 常盤薬品工業
ブランド名 ノブ
内容量 80mL
価格 1,500円(税別)
使い方 髪をかき分けながら、中栓を頭皮につけるようにして少しずつつけ、指先でやさしくなじませます。

 

頭皮の保湿:ローション(スプレータイプ)の使い方

頭皮の保湿ローションのスプレータイプは少し離れたところから、霧状に全体的に保湿することができます。美容液タイプもスプレータイプも保湿後頭皮をマッサージすることでしっかり頭皮を保湿することができます。

頭皮の保湿:ローション(スプレータイプ)のおすすめ商品まとめ

続いて、スプレータイプの頭皮保湿ローションのおすすめ商品をご紹介します。

★オージュア「モイストカーム モイスチュアローション」

ローヤルゼリー・クエン酸・グルタミン酸配合。美容室やネットショップのみ販売の頭皮の保湿ローションです。タオルドライ後の頭皮にローションを付けて両手でマッサージしながら保湿しましょう。乾燥による頭皮のかゆみを抑え、うるおいに満ちた健やかな地肌を保ちます。

商品名 モイストカーム モイスチュアローション
メーカー名 ミルボン
ブランド名 オージュア
内容量 100mL
価格 2,000円(税別)
使い方 1.タオルドライ後、適量を地肌にまんべんなく塗布します。
2.両手で地肌を包み込み、リフトアップするように地肌全体をマッサージした後、乾かします。
使用量目安:全頭15プッシュ

【オージュア公式サイト:http://www.aujua.com/

キュレル「頭皮保湿ローション」は脂漏性皮膚炎に使える?

肌の乾燥が原因ではなく、毛穴のつまりの炎症で起きる脂漏性皮膚炎。症状は頭皮の乾燥と似ているので同じケアをしがちですが、脂漏性皮膚炎の場合はしっかりとお医者さんに診てもらって薬を処方してもらうのがおすすめです。

脂漏性皮膚炎になると、ふけが出て「乾燥してるのかな」と感じ、保湿をしっかりとすればいいと思われがちです。市販のキュレル「頭皮保湿ローション」などは保湿を目的としたローションですので、脂漏性皮膚炎になってしまったらちゃんと治療することをおすすめします。

脂漏性皮膚炎になったらお医者さんでしっかり診てもらい、薬でしっかり治しましょう。治った後は乾燥して再発しないよう、キュレル頭皮保湿ローションなどで日々頭皮の保湿を心がけて乾燥によるふけなどが出ないように頭皮を整えましょう。

【オイル】頭皮の保湿剤・オイルのおすすめ

頭皮の保湿にオイルを使ってみるのもおすすめです。オイルの使い方やおすすめ商品をご紹介します。

頭皮の保湿:オイルの使い方

頭皮のオイルにはシャンプー前に使うものとシャンプー後に使うものがあります。シャンプー前に使うものは基本的に化粧落としのオイルと同じで、頭皮の皮脂汚れなどをオイルで落とす目的になります。オイルなので頭皮をケアしながら保湿も行えます。また、頭皮ケアオイルにはシャンプー後の保湿目的で使うものもあります。あまりつけすぎてしまうと髪がべたついたり、頭皮の毛穴に詰まってしまうのであまりつけすぎないように注意しましょう。つけたらしっかり頭皮のマッサージをしながら保湿してあげるのがおすすめです。

頭皮の保湿:オイルのおすすめ商品まとめ

続いて、頭皮の保湿ができるおすすめのオイルをご紹介します。

ザ・プロダクト「スキャルプリバイタライザー」

【オイル】頭皮の保湿剤・オイルのおすすめ【オイル】頭皮の保湿剤・オイルのおすすめ-2

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

ザ・プロダクト「スキャルプリバイタライザー」はシャンプー前にも後にも使える頭皮の保湿にとても活躍するオイルです。毎日の頭皮の保湿にはシャンプー後にオイルを1滴指の腹で頭全体になじませるだけでOK。しっかり引っ張るようにマッサージすることで頭皮の保湿に加えてリフトアップの効果も期待できます。また、頭皮の保湿のために週に1回程度は入浴前にオイルを3滴なじませましょう。そのまま15分~20分ほど置いて洗い流すと、皮脂や汚れをオフしながら頭皮の保湿効果も期待できます。

商品名 スキャルプリバイタライザー
メーカー名 KOKOBUY(ココバイ)
ブランド名 ザ・プロダクト
内容量 25ml
価格 2,500円(税抜)
使い方 ★デイリーケア
洗髪後、タオルドライして少量を頭皮になじませマッサージしてください。洗い流し不要です。
★ディープクレンジング
洗髪前、頭皮にたっぷりと馴染ませマッサージしてください。汚れ・皮脂をすっきりと落とします。
★ディープモイスチャー
適量を清潔な乾いた頭皮になじませてマッサージしてください。洗い流さずそのまま寝て、翌朝洗髪をします。

NATURAL ORCHESTRA「オーガニックホホバオイル」

ホホバオイルは頭皮をしっかり保湿してくれるオイルです。中でもNATURAL ORCHESTRAは日本で唯一世界的な認証検査に合格したホホバオイルで、頭皮の保湿におすすめのオイルです。ホホバオイルは頭皮の余分な皮脂を浮かせる他にも、皮脂の量を調整する働きが期待できます。使い方は、シャンプーの前に頭皮全体になじませ、10分ほど蒸らしてから流す方法と、入浴後に頭皮に適量をなじませマッサージする方法があります。

商品名 オーガニックホホバオイル
メーカー名 ナチュラルオーケストラ
ブランド名 NATURAL ORCHESTRA(ナチュラルオーケストラ)
内容量 34ml / 55ml / 210ml
価格 2,778円 / 4,352円 / 9,260円(税別)
使い方 入浴後・乾燥が気になる時などに、適量を手のひらにとり、頭皮など気になる箇所に優しくマッサージする様になじませてください。

【クリーム】頭皮の保湿剤・クリームのおすすめ

頭皮の保湿にローションやオイル、シャンプーを紹介しましたが、実は頭皮に塗る保湿クリームもあります。

h&s「トリートメント リフレッシュ 地肌マッサージクリーム」

【クリーム】頭皮の保湿剤・クリームのおすすめ【クリーム】頭皮の保湿剤・クリームのおすすめ-2

【クリーム】頭皮の保湿剤・クリームのおすすめ-3↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

h&s「トリートメント リフレッシュ 地肌マッサージクリーム」は、頭皮の保湿クリームの中でも人気が高く、プチプラでコストパフォーマンスも良いことからおすすめです。シャンプーとコンディショナーの間にクリームを使ってマッサージをするタイプです。

商品名 地肌ケアマッサージクリーム
メーカー名 P&G
ブランド名 h&s(エイチ アンド エス)
内容量 185g
価格 (オープン価格)
使い方 シャンプーとコンディショナーの間に、適量の地肌マッサージクリームを手に取り、地肌をほぐしながら、 汚れや皮脂をもみ出すように1分間マッサージしてください。

【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!

シャンプー後に頭皮をオイルなどで保湿するだけでなく、シャンプーで洗ったあとのしっとり感があるものを使用するのもおすすめです。頭皮を傷めないで優しく洗うシャンプーの方法と、市販・美容室で買える頭皮がしっとりと保湿されるおすすめのシャンプーについてもご紹介します。

頭皮の保湿:正しいシャンプーの仕方

シャンプーにおいての頭皮の保湿方法はまず、正しくシャンプーをする事です。頭皮の保湿を保つシャンプーの仕方は以下の通りです。

  • シャンプー前に必ずブラッシングをし、髪の絡まりをとる。
  • 頭皮への刺激の強いシャンプーはできるだけ避ける。
  • 直接シャンプーを頭皮につけず、まずはぬるま湯で洗い流す。
  • シャンプーは手で泡立ててから洗う。
  • 最後までしっかりとすすぐ。

頭皮の保湿:市販&美容室で買えるおすすめ保湿シャンプー

頭皮の保湿シャンプーは市販でいろんなメーカーより発売されています。その中でもおすすめのものを紹介します。

「CUシャンプー チャップアップ」

【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-2

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

CUシャンプー「チャップアップ」は毛髪診断士が監修した市販で買える頭皮の保湿専用のシャンプーです。ノンシリコンですが、独自の配合によりツヤ感がでます。頭皮の保湿に悩んでいる方は是非一度使ってみる価値のある市販のシャンプーです。

「クラシエ ディアボーテ オイルインシャンプー」

【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-3【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-4

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

「クラシエ ディアボーテ オイルインシャンプー」は頭皮の保湿だけでなく、洗った後の使用感も人気の高いシャンプーです。ドラックストアでお手軽に手にすることができることから、頭皮の保湿が気になり始めたらすぐに市販でお買いもとめいただけるシャンプーです。

「デミコスメティクス ミレアムシャンプー」

【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-5【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-6

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 【シャンプー】頭皮の保湿はシャンプーも重要!-7

市販で買える頭皮の保湿シャンプーはお手軽ですが、デミコスメティクス「ミレアムシャンプー」は美容院も使用されている頭皮の保湿に優れたシャンプーです。サロン専用のシャンプーは刺激が強すぎたり、反対に弱すぎたりすることが多い中、このミレアムシャンプーは低刺激で、頭皮の保湿にはちょうど良いシャンプーです。

商品名 ミレアム シャンプー/コンディショナー
メーカー名 デミ コスメティクス
ブランド名 ミレアム
内容量 800ml

メンズの頭皮におすすめの保湿剤は?

最後に旦那さんや彼氏など身近な男性が頭皮の乾燥に悩んでいて、保湿方法を知りたいという方のために、メンズにおすすめの頭皮の保湿剤をご紹介します。

メンズの頭皮の保湿剤:スカルプD「 薬用FKケアローション」

メンズの頭皮におすすめの保湿剤は?メンズの頭皮におすすめの保湿剤は?-2

↑画像クリックでAmazon商品ページ↑ 

男性用のスキンケア用品といえばスカルプD。たくさんのラインナップをそろえる同商品の中でもスカルプD「薬用 FKケアローション」がメンズの頭皮の保湿におすすめです。一般的に女性より頭の皮脂が詰まりやすいメンズの頭皮。かゆみやフケが頭皮の保湿により抑えられ、ライン使いすることで頭皮を健やかな状態に保つことができます。また、育毛成分も備えているため、頭皮の保湿と共に髪の毛が気になるメンズにはとても魅力的な商品です。

まとめ

乾燥が気になる季節にかぎらず、日常的に頭皮の保湿を行うことで、乾燥を防ぎ健やかな頭皮に導くことができます。シャンプー前のケアや、保湿を意識したシャンプー、タオルドライ後のケアなどを意識的に行うことで、頭皮をしっかり保湿していきましょう。