肌のくすみがひどい原因は?化粧や下地でくすみをなくす方法や対策はある?

肌のくすみがひどい原因は?化粧や下地でくすみをなくす方法や対策はある?

肌のくすみがひどい原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因を知って肌のくすみ対策をしっかり行えば、肌もずっと綺麗を保てそうですよね。今回は肌のくすみの原因や対策にはどのようなものがあるのか、また、化粧や下地で肌のくすみを隠して見えにくくする方法を詳しく解説していきます。

肌のくすみ・顔のくすみがひどい原因は?

肌のくすみ・顔のくすみがひどい原因は?

肌や顔のくすみがひどい原因として、どのようなものがあるでしょうか。どうやら顔のくすみがひどい原因は毛穴の汚れや日焼け、食べ物にも肌のくすみに関係があるようです。ここでは、気になる肌や顔のくすみがひどい原因となるものをご解説いたします。

肌のくすみ・顔のくすみがひどい原因①毛穴の汚れ

毛穴の汚れがあると、肌全体が暗い印象になって肌のくすみにつながってしまいます。また、細菌が繁殖して大人ニキビなどの炎症が起こっても、肌のくすみの原因になると言われているので毛穴の汚れは要注意ですね。

肌のくすみ・顔のくすみがひどい原因②日焼け

紫外線による日焼けでメラニン色素が増えると、肌色の暗さが肌のくすみにつながるようです。日焼けで起こった色むらも、肌のくすみの原因だと言われています。

肌のくすみ・顔のくすみがひどい原因③食べもの

偏った食事や無理なダイエットによる食事制限などで、食べ物に偏りがあると肌が荒れてしまいくすみが生じてしまうとも言われています。食べ物に含まれるたんぱく質やビタミン類などお肌を健康に保つためにとても大切になりますので、不足することで肌のくすみを作ってしまうのかもしれません。偏った食べ物ではなく、好き嫌いなくバランスの良い食事を摂っていきましょう。

肌や顔のくすみがひどい原因④乾燥

肌の乾燥も、くすみを作ってしまう原因です。特に気を付けたいのが、秋から冬にかけての肌の乾燥だと言われています。

肌のくすみを防ぐ対策は?

肌のくすみを防ぐ対策は?

それでは、肌のくすみを防ぐ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。続いては肌のくすみを防ぐ対策方法をご紹介いたします。

肌のくすみ対策①毛穴の汚れをしっかり落とす

毛穴の汚れは雑なクレンジングだと落としきることは難しく、肌のくすみにつながると言われています。洗顔フォームの前には、クレンジングオイルで優しくマッサージするように毛穴の汚れをしっかりと落とすと、毛穴汚れによるくすみを予防する効果が期待できますよ。

肌のくすみ対策②日焼けから肌を守る

日焼けから肌を守ることでも、日焼けによる肌のくすみを予防することができます。UVカットの日焼け止めクリームを塗ると、相乗効果が期待できますね。さらに顔や肌が日焼けしないように帽子をかぶり、長そでを着たりして肌のくすみを予防するのも良いでしょう。日焼け止めを顔に塗った場合は、しっかり洗顔やクレンジングで落とすように気をつけましょう。

肌のくすみ対策③食べ物はバランスよく

肌を健康に保つために必要な栄養素であるたんぱく質やビタミン類を、食べ物から偏りなく摂取してくすみを予防していきましょう。特に、ビタミンC・ビタミンB群・ビタミンAは積極的に摂取することをおすすめします。

肌のくすみ対策④しっかり保湿する

くすみの原因である乾燥から肌を守るために、しっかりと保湿をすることをおすすめします。美容液や美容オイルなどの基礎化粧品だけでなく、お部屋では加湿器をつけてみるなどの対策もおすすめです。

肌のくすみを化粧や下地でなくす方法

肌のくすみを化粧や下地でなくす方法

では次に、肌のくすみを化粧や下地でなくす効果的な方法はどのようなものがあるのかを、ここではいくつかご紹介いたします。

肌のくすみをなくすには下地を入念に

肌のくすみをメイクで見えなくするには、化粧下地を入念に行うことが重要です。表面だけファンデーションで厚く塗っても、下地がおろそかだとやはり肌のくすみはなくしきれないと言われています。土台に耐久性がないと、いくら上に塗っても崩れてしまうのは、建築物と同じだというとわかりやすいかもしれませんね。下地で肌のくすみをなくすには、ほんのりと色が付くくらいの下地クリームで、しっかりとベースを作っていくと良いでしょう。

肌のくすみをなくすにはファンデーションも重要

下地で十分に肌を整えたら、ファンデーションでくすみを見えなくするように塗っていくことも大切です。この時もただ塗るのではなく、顔の部位によってスポンジやブラシを使い分けて塗っていくと塗りむらなく綺麗に濡れます。使ったスポンジにファンデーションがしみ込みっぱなしだと効果が薄れるので、週に一度はスポンジを洗うことをおすすめします。

肌のくすみを目立たなくするにはアイメイクも重要

肌のくすみを目立たなくするには、ファンデーションのほかにアイメイクや唇のメイクも大切です。人間の目は、目立つところに視線が行くので、わざと目元や口元に意識が行くようなメイクをするのも、肌のくすみを目立たなくするには効果があるでしょう。

肌のくすみは画像処理でもなくすことができる

肌のくすみは画像処理でもなくすことができる

肌のくすみをメイクで目立ちにくくすることはできますが、完全になくすということは難しいです。保湿や日焼け止めで対策をしても、これ以上増えなくするための対策にすぎません。自分の写った画像を見ると肌のくすみが気になる…と言う場合は、画像処理ソフトやアプリなどで肌のくすみをなくすのがおすすめです。

PCなどの画像処理ソフトで違和感なく肌のくすみを見えなくして、画像加工するのもいいですが、最近は高性能のアプリも増えてきていますので、肌のくすみをスマホのアプリひとつで綺麗に消してくれます。

写真で撮ると肌のくすみが目立って見えて気になる…という人はアプリなどで画像加工してみましょう。

おまけ:ファッションにおけるくすみとは何色?

お肌や顔のくすみがひどい人向けに、くすみの原因やなくす対策などをご紹介してきましたが、お肌のくすみ以外にも「くすみ」という言葉はあまり耳にしないですよね。しかし最近くすみ色がファッション業界でも注目を浴びています。そんなファッション業界で注目される色におけるくすみとはいったいどういった色なのでしょうか?

洋服の色としてのくすみとはどんな色かと言われると、「原色にグレーを混ぜた色」というと分かりやすいかもしれません。派手な明るいピンクではなく、少しグレーを混ぜたような色が「くすみピンク」と呼ばれていて、春や秋などのトレンドになっています。

くすみとはそもそも「色が黒っぽくて地味で冴えない色」という意味を持つので、色においても黒や混ざったさえない色ということになります。派手な色合いではないので、比較的他の色とも合わせやすく人気のカラーとなっています。

まとめ

肌のくすみ原因から予防・対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。女性にとって肌のくすみは、見た目年齢にとても影響があるので、完全にカバーしていきたいですよね。化粧や下地でくすみをなくす方法と併せて、くすみ予防・対策をして、いつまでも綺麗で若々しい肌を作っていきましょう。ご参考にしていただけたら幸いです。

関連記事ランキング