白ニキビを潰す方法は?芯が出ない・血が出たときの対処法などまとめ

白ニキビを潰す方法は?芯が出ない・血が出たときの対処法などまとめ

白ニキビを潰す方法やおすすめの潰し方についてご紹介します。白ニキビができたら潰すべきなのか放置すべきなのか迷いますよね。白ニキビを潰すタイミングや芯の出し方、潰したあとに血が出てしまったときの対処法、白ニキビを潰したあとの薬でのケア方法などをまとめてみましたので、白ニキビが気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

白ニキビは潰すべき?放置すべき?

ニキビは一般的に「触ってはいけない・潰すべきではない」と言われますよね。しかし、ニキビは状態によっては潰してもいいとも言われています。ニキビは【白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ】の順番に進行していきますが、そのうち「白ニキビ」と「黒ニキビ」の段階なら、潰した後に跡が残りにくいと言われています。跡が残りにくいという観点から、白ニキビは放置するよりも適切に潰すことで早く治せるとも言われているのです。

白ニキビの潰し方は綿棒がマスト?

白ニキビの潰し方は綿棒がマスト?

白ニキビを潰す場合、潰し方はどういったものがあるのでしょうか?白ニキビを指で潰すと、バイ菌が入ってしまい白ニキビを悪化させてしまいます。一番いい白ニキビを潰す方法はもちろん病院でお医者さんに診てもらい、潰してもらうのがいいでしょう。しかし自分で潰したいという場合の白ニキビの潰し方は、専用の道具や家にある綿棒で潰すのがいいと言えます。

白ニキビの潰し方:綿棒で潰す

まずは家にある綿棒で白ニキビを潰す方法です。

  1. 綿棒を2本用意する
  2. 白ニキビの周りを綿棒2本で挟み込む
  3. 綿棒2本でゆっくりと白ニキビを押し出す

白ニキビを綿棒で潰す潰し方の場合、潰すというよりも白ニキビの芯を押し出してあげるというイメージです。白ニキビの綿棒での潰し方は意外と簡単にできます。

白ニキビを潰すおすすめの道具

自分で得切る白ニキビを潰す方法として、専用の道具を使うのもおすすめです。専用の器具はインターネット上で簡単に購入できますので、白ニキビがよくできる…という方におすすめです。しかし、白ニキビを潰す道具は常に清潔に保つように注意が必要です。

白ニキビを潰すタイミングは?

白ニキビを潰すタイミングは?
白ニキビを潰すタイミングはできてすぐです。先ほどご紹介したようにニキビは【白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ】へと変化します。最終段階である赤ニキビは、炎症を起こしている状態です。白ニキビから始まり、赤ニキビになったタイミングでニキビを潰すことは、肌に大きなダメージを与え跡になりやすいと言われています。白ニキビを潰すタイミングは、ニキビが白ニキビであるうちがベストなのです。

白ニキビを潰すことで芯が出なかった場合の対処方法

白ニキビを潰すことでニキビの芯が出なかった場合は、無理をせずそのまましばらく放置しましょう。白ニキビを潰すことで取れなかった芯は、肌の奥深くにあることが多く、無理に押したりひっぱったりすると炎症を起こしてしまいます。芯が残ったニキビは深追いせず、またさらに潰すことなく自然に治るのを待つか、皮膚科で診てもらうようにしましょう。

白ニキビを潰すことで血が出た場合の対処方法

白ニキビを潰すことで、きれいに芯が出れば良いのですが、血がでてしまう場合がありますよね。潰すことで血がでるニキビは、もはや白ニキビより悪化して炎症を起こしている場合がほとんどです。もしくは、白ニキビを潰すときに、綿棒ではなく爪や硬いものなどで無理やり押し出すことで周りの皮膚を傷つけてしまい血がでる場合もあります。どちらにしても、白ニキビを潰すことで血がでた場合は清潔なティッシュなどで血を拭き取り、皮膚科で診てもらうようにしましょう。

白ニキビを潰したあとの薬は?

白ニキビを潰したあとの薬は?
白ニキビを潰したあとに塗る薬は皮膚科に行ってもらう薬と市販の薬があります。白ニキビを潰すのであれば跡が残らないようにしっかりとケアをしましょう。

白ニキビを潰したあと…皮膚科で薬をもらう

本来なら自分で潰さず皮膚科で白ニキビを潰したあと薬をもらう方が良いかもしれませんが、白ニキビを潰したあとの薬を皮膚科に行ってもらうことができます。または、白ニキビができたことで皮膚科に行くのであれば、潰さず塗り薬や飲み薬を処方される場合もあります。

白ニキビを潰したあと…市販の薬を使う

白ニキビを潰したあとの薬を皮膚科でもらわず、市販の薬でも対応できます。薬局に行って薬剤師さんに相談し、薬を選んでもらいましょう。

黄ニキビを潰すとどうなる?

先ほどニキビの進行状態は大まかに分けて【白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ】と説明しましたが、実は赤ニキビがさらに悪化した状態は【黄ニキビ】と呼ばれています。ブドウ球菌が増殖して黄色っぽい膿が溜まった状態が黄ニキビです。

白ニキビと違ってあきあらかに膿が溜まっている黄ニキビは潰すとどうなるのでしょう。黄ニキビを潰すと、潰したあとの皮膚がクレーター状になってしまい、ニキビ跡が残りやすくなります。黄ニキビを潰すことで、中の膿を出すことができるので、潰したい衝動にかられることが多いですが、黄ニキビは潰すのはやめましょう。

白ニキビだったものが最悪の状態まで悪化している黄ニキビは、自分で潰すのではなくしっかり皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

黄ニキビは放置するべき?

黄ニキビは放置するべき?

黄ニキビは潰すよりは放置した方が治りは早いですが、放置するだけではなく黄ニキビのケアをしっかりとしましょう。黄ニキビまで悪化してしまったのであれば、日ごろのスキンケアで余分な古い角質や毛穴の汚れ、皮脂などをしっかりケアできていなかったり、肌の保湿がしっかりできていなかった可能性があります。

黄ニキビができるようならいつもより保湿などのスキンケアを意識して丁寧に行うことが大事です。乾燥により角質が固くなってしまうと毛穴が詰まって、放置するよりも黄ニキビを悪化させてしまいます。また、一番確実に黄ニキビを治す方法は、やはり皮膚科を受診することです。黄ニキビができたら、潰さず放置し自然治癒力に任せるか、早々に皮膚科を受診しましょう。

白ニキビを潰す動画は閲覧注意!

インターネット上では白ニキビを潰す動画がたくさん公開されています。正しく白ニキビを潰す動画だけでなく、ニキビの芯がニュルンとでてくる映像が快感で人気があります。興味があれば是非白ニキビを潰す動画も見てみてください。ただし閲覧注意な動画も多いのでその点は注意してくださいね。

白ニキビを潰す動画を見てニキビの潰し方を学ぶことができるのでおすすめですよ!

白ニキビの治し方で即効性のあるものは…?

白ニキビの治し方で即効性のあるものは…?

「明日デートでどうしても顔にできた白ニキビを治したい!」「大事な写真撮影がある日なのに白ニキビができちゃった…」なんてことありますよね。白ニキビで即効性のある治し方があったら知りたいという気持ちもわかります。

しかし、白ニキビは放置しても、芯を出して潰すとしてもどんな治し方をしても即効で治るというものはありません。白ニキビを潰したあと薬を塗っても何日間かして目立たなくなることが多いです。

今すぐ白ニキビを消したい!と白ニキビの即効性のある治し方を知りたいという場合は、「白ニキビを隠す方法」を考えた方がいいかもしれません。しかし、濃いめのメイク方法で白ニキビを隠そうと、ニキビの上に直接化粧をしてしまうと菌が入ってより悪化させてしまうことも。

そんなときにおすすめなのが韓国で大人気の「ニキビパッチ」です。ニキビの上に小さい透明な保護シールを貼ることで、白ニキビに直接メイクを載せずに済みます。白ニキビの治し方で即効性のあるものをお探しの方は、直すことよりも隠すことを意識して、ニキビをシールで保護してその上からメイクして隠すのがおすすめですよ。

白ニキビの治し方で即効性のあるものは…?

白ニキビを潰す方法まとめ…皮膚科がベスト!

白ニキビができたら、綿棒や専用の道具で自分で簡単に潰すことができます。しかし、潰した結果少しでも芯が残ってしまったり、血が出たりするようであれば皮膚科での受診をおすすめします。白ニキビが悪化していかないように、できたら皮膚科を受診し適切な処置をしてもらったり、薬をもらうのがおすすめです。くれぐれも、白ニキビを悪化させたあとに潰してお肌がクレーターだらけになりませんように。