しっかりしてよ…!メンタルの弱い男性と交際するときの6つの注意点

良くいえば草食系、一般的にメンタルが弱いとされる男性をあなたはどう思いますか?
こういった男性は仕事に対してとても真面目で、浮気も一切しない一途な男性が多いです。
そのため交際を始めたら愛されているという実感をもつことができます。

しかしその反面でメンタルが弱くて、小さなことで委縮してしまう姿には「しっかりしてよ!」と思うこともあるでしょう。
今回はそんなメンタルの弱い男性と交際をするときの注意点について、まとめてみましたのでご覧ください。

 

 

■交友関係を広くもつ

メンタルが弱い男性の大きな特徴は、交友関係をあまり広く持ちたがらないことです。
もしあなた自身が社交的な性格で、彼にもそういった人の集まる楽しさを知ってほしいと思っていても無理に誘うのはNG。
ただでさえメンタルが弱く人見知りの性格なのに、そんな場所へと強引へ連れ出せば軽いパニックになってしまう恐れがあります。
そうなると彼とあなたの関係が悪化する原因にもなりかねません。

彼に対してもう少し社交性を持ってほしいと思うのならば、最初は共通の友人に会わせる所から慣れてもらうのが良いでしょう。
そこから少しずつ大勢の輪の中でも打ち解けられるように、あなたもきちんとサポートをしてあげてください。

彼との将来を考えているのなら親戚付き合いなどは一生もの。
今のうちから交友関係について訓練するのも彼のためにもなるはずです。

 

 

■代わりにしてあげる必要はない

メンタルの弱い男性は困難を乗り越えるのに躊躇しがち。
だからといって彼女であるあなたが、彼の代わりに問題を解決してしまうのはあまり良くないでしょう。

確かにあなたが彼の代わりにしてあげることで問題の早期解決にもなるし、彼の負担を軽減することができます。
しかしそれでは彼のメンタルの弱さを深めてしまう原因にもなってしまうのです。
次にまた問題が発生したとき「彼女に助けてもらおう」という甘えが生じやすくなり、とても危険な状態です。

あなた自身がサポートに回ることは良いですが、完全に彼の問題を肩代わりする必要は一切ありません。

 

 

■言いにくいことはラインで相談にのる

面と向かって「なぜ?」「どうして?」と彼に問い詰めるような話し方は避けましょう。
メンタルが弱い男性は人から詰問されると、話したいことがあっても言葉が出てこなくなってしまうのです。
彼の態度にイライラしてつい「言いたいことがあるならハッキリ言ってよ」と責めるのはNG。

そんなときはラインやメールを使いましょう。
「何かあったの?」とあなたも優しく理由を聞いてあげること。
メンタルの弱い人は口に出せないことでも、文章ならスラスラと出てくることがあるのです。
相手が目の前にいないため、落ち着いて話をすることができるのだとか。

もどかしさを感じるかもしれませんが、彼のためにも冷静に話ができる状況を作ってあげましょう。

 

 

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

優美(ゆうみ)

関西在住の30代主婦です。 これまでは事務員・ファストフードマネージャーなどを経て現在は接客講師としての道を歩き始めました。 近所の図書館に頻繁に通うのが楽しみで1か月で10冊ほどの本を読んでいます。 道尾秀介さん、恒川光太郎さん、朱川湊人さん、有川浩さんなどのファンタジーやミステリーが好きです。 文章は読むのも書くのも好きなので少しでも皆様の参考になる記事を提供できるよう頑張ります。