告白する勇気はないけど…相手に気があると思わせる!7つの言動パターン

面と向かって告白する勇気はないけれど、相手に好きだという気持ちを伝えたい事ってありますよね。
それにいきなり相手に告白するよりも、「もしかして俺に気があるの…?」と最初に思わせた方が告白の成功率も上がる気がします。
「好き」と直接言葉で伝えるよりも、行動や思わせぶりな言動の方が効果的な場合もあるのです。

そこで今回は告白する勇気はまだないけれど、相手にそれとなく気持ちを伝えられる言動パターンをお伝えします。

 

 

■じっと目を見つめる

目は口程に物を言う、と言いますよね。
気になる彼と話をする時は、ぜひ目をじっと見つめてみて下さい。

多くの男性は女性の笑顔に弱い生き物です。
そうでなくても不意打ちの笑顔にはドキッとくるのに、潤んだ瞳でじっと見つめられたらもう大変。
「え?俺に気があるの??」と鈍感な男性でもあなたの事が気になってしまうでしょう。

ただし、あまりにも見つめすぎると「睨まれている??」と反対に嫌われている意味に捉えられてしまうのでご注意を。

 

 

■物をよく借りにくる

近くにも人がいるのに、あえて気になる彼の所に行って物を借りてみましょう。
それも彼しか持っていないような資料などの類ではなく、はさみやバインダーといった誰でも持っていそうな文房具がおすすめ。

声を掛けられた彼にしてみたら「いいけど…何でわざわざ俺に??」と疑問に思う事でしょう。
よほど鈍感な男性でない限りは、「もしかして!」とあなたの気持ちに気付くかもしれません。

ポイントは他の人でも持っている物を借りに行くという点です。

 

 

■褒めまくる

男性はプライドの高い生き物。
特に女性から「すごいですね~」の言葉に気分を悪くする男性はほとんど皆無。
気になる異性に対しては、とにかく褒めまくりましょう。

人は相手から褒められると「自分の事を認めてくれている」という承認欲求が満たされます。
そして自分の承認欲求を満たしてくれる相手の事にたいしては、自然と好印象をもつようにもなるのです。

極めつけは些細な事で褒められた男性は「俺の事を見てくれているのかな」とあなたの恋心に薄々気付く事でしょう。

 

 

■話す時の距離が近い

パーソナルスペースという言葉を知っていますか?
人には誰でも近寄ってきてほしくない距離感があります。
電車の座席などで急に隣に座られると、ビックリして距離を置こうと身体が自然に動きますよね。
人間は無意識で他の人との距離感を保って、快適な空間を作ろうとしているのです。

そこのパーソナルスペースに入り込んでくるのは、よほど親しい間柄だという証拠でもあります。
一般的に45cm以内が恋人同士の距離感だと言われていますので、最初はその数値を下回らない距離感を保ちましょう。
50~60cm程度の距離感で入ってみると、相手をドキドキさせられるかもしれません。

 

 

関連記事

彼との関係を進めたい…大好きな彼が「離したくない女性(レディ)」になる...

【バレンタイン】本命彼にあげる高級チョコレート2018まとめ...

これってもしや…?男性が「本命の女性だけ」に見せる秘密のサインを見逃さ...

好きな人と偶然会えるおまじない★5選②...

リア充男子が心惹かれる女性(レディ)の特徴って?...

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

優美(ゆうみ)

関西在住の30代主婦です。 これまでは事務員・ファストフードマネージャーなどを経て現在は接客講師としての道を歩き始めました。 近所の図書館に頻繁に通うのが楽しみで1か月で10冊ほどの本を読んでいます。 道尾秀介さん、恒川光太郎さん、朱川湊人さん、有川浩さんなどのファンタジーやミステリーが好きです。 文章は読むのも書くのも好きなので少しでも皆様の参考になる記事を提供できるよう頑張ります。