年下の彼氏の力になりたい!忙しい彼氏の力になりたい!彼氏のために彼女ができることとは?

年下の彼氏の力になりたい!忙しい彼氏の力になりたい!彼氏のために彼女ができることとは?

年下の彼の力になりたい、忙しい彼氏の力になりたい…。大好きな彼氏のために「彼の力になりたい」と考える女性は多いでしょう。ですが、彼女が彼氏のためにできることとは何があるのでしょうか?ここでは、彼の力になりたいと考える彼女ができることを紹介していきます。

年下の彼の力になりたいなら、年上彼女のメリットを伝えよう!

年下の彼の力になりたいと思ったら、年上彼女としてそのメリットを存分に伝えていくようにしましょう。
年上彼女のメリットとしては、「年下の彼氏よりも社会人経験が長いため、じっくり話を聞いてアドバイスを求められたら伝えることができる」「家事能力が高いので美味しいご飯を作ってあげられる、部屋の掃除を手伝うことができる」など、彼の力になりたいと思ったときは自分にできることを考えて、伝えてみましょう。
年上彼女だからこそのメリットとして、年下彼女にはないものをアピールしていくといいでしょう。「この人だからこそ相談できる、何でも話せる」と彼氏が感じられたら、彼の力になることもできます。

年下彼の力になりたいときは相手を年下だと思わないこと

人生経験が長い年上彼女は、ついつい年下彼氏のことを自分より下に見てしまうかもしれません。人生経験が少ないから年上の私がリードしないといけない、年下の彼の力になりたいから自分にできることはなんでもしよう…。そんなふうに手出しばかり、口出しばかりしていたら、彼氏は嫌になってしまうでしょう。
年下の彼の力になりたいなら、相手のことを自分と同等、もしくは年上で人生経験もある人だと尊敬して見てあげてください。年下だとしても、彼氏は自分が男で、彼女は女性として守りたいと思っているでしょう。そんな彼女から年下男性として守られているというように感じると、力になりたいと思っても「彼女の手を借りたくない」と拒否されてしまうでしょう。

年下の彼の力になりたいなら甘えたいとき、一人で頑張りたいときのメリハリを理解する

年下の彼の力になりたいなら相手の気持ちを理解しましょう。たとえば、彼女には頼りたくない、自分だけの力でなんとかしたいと思っているときは彼の力になりたいと思っても、ぐっと我慢してください。そのときは彼氏が頼ってきたときだけ手を貸すようにしましょう。
一方で、たまには彼女に頼りたい、甘えたいという気持ちが彼氏に出てくることもあります。彼女に甘えたいオーラを感じたら、年下の彼の力になるようにしましょう。
彼の力になりたいときは、甘えたいときと甘えたくないときをきちんと見極めて、理解することが大切です。

忙しい彼氏の力になりたいときはマナーを守り、気遣う

忙しい彼氏の力になりたいと思うときがありますよね。仕事が忙しい彼氏とあまりデートができなかったり、連絡がきても「疲れた…」など言われるときは彼の力になりたいと思うでしょう。
ですが、こういうときに「疲れたなら今からご飯を作りに行こうか?」「これから部屋まで掃除しに行ってあげる」などメールやLINEを送らないように注意してください。
忙しい彼氏が帰ってくるのは夜半だったり、仕事内容によっては朝方や昼間だったりするかもしれませんが、疲れて帰ってきたあと「彼女に会いたい」と必ず思うかといえば、そうではありません。
疲れているから会いたくない、仕事からようやく解放されたのに次は彼女の相手をしなければいけないのかと気疲れします。
「私のことは気にしなくてもいいよ!」と言っても、そうはいかないので、注意してくださいね。

忙しい彼氏の力になりたいなら、わがままは控えること

忙しい彼氏の力になりたいときは彼女のわがままを控えるようにしてください。
「デートできないと寂しい」「会いたい」「電話で少しでも声が聞けるだけで嬉しいんだけどな…」など。忙しい彼氏にとっては小さなわがままも大きな負担になる可能性があるでしょう。
彼氏から何かアクションがあるまでは連絡は控えめにし、極力わがままは言わないようにするといいでしょう。

忙しい彼氏の力になりたい彼女は彼氏の希望を優先してみよう!

彼氏が忙しいときは極力そっとしておくのがいいですが、もしかすると彼氏から何か要望があるけれど「最近構ってないしわがままは言いづらいな」と思っているかもしれません。
彼氏が忙しそうなときは「私にできることがあったら言ってね」「○○くんの力になれることがあったら教えて」など一言伝えておくといいでしょう。そうすることで彼氏は彼女に何かお願いしたいことがあるとき、彼女に伝えやすくなります。
忙しい彼氏の力になりたいなら、彼氏から彼女へ希望を出しやすい状態にするといいですよ。

まとめ

今回は彼の力になりたいときの対処法を紹介しました。彼女にとって、大好きな彼氏の力になりたいと思うのは普通のことですよね。でも、うまく彼氏の気持ちを汲み取れないと、彼の力になりたいのになれないということもあるでしょう。普段の関係作りからしっかりと信頼を積み上げていってください。