”束縛彼氏”になりそうな男性の特徴をチェック!恋愛で注意したい男性像

”束縛彼氏”になりそうな男性の特徴をチェック!恋愛で注意したい男性像

あなたの恋人は”束縛男”ではありませんか?
恋愛中、彼氏の独占欲が強すぎる・彼氏の愛が重すぎるという言葉だけでは済ませられないのが、束縛する恋人です。

みなさんは、彼氏に束縛されるのは好きですか?それとも嫌いですか?

束縛されるということは、それだけ彼氏に愛されているということになりますが、
毎日必ず連絡しろとか、男がいる飲み会には行くなとか、束縛が激しすぎるのは嫌ですよね。
嫉妬心が強くて、束縛されるため別れたいと切り出しても「嫌だ!」と断られてしまうかもしれません。そしてますます、あなたを束縛するようになるかも…。

もっと恋愛は自由に楽しみたいですよね!
今回は、彼氏に束縛されたくない!という女性必見☆

付き合ったら束縛彼氏になりそうな男性の特徴を10個まとめました!

彼氏に束縛されたくない彼女は、束縛彼氏に化けそうな特徴のある男性は避けるようにしましょう。
彼氏に束縛されたい彼女は、束縛彼氏になるかもしれない男性を見つける手掛かりにしてくださいね。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴①自信がない

束縛彼氏

束縛する彼氏になる可能性を秘めている男性は、自分に自信がないことが多いです。
自分に自信のある男は、彼女を束縛しようとすることはまずありません。彼女の行動を制限しなくても、たとえ他の男性と飲みに行っても「彼女は俺のことが好き」と自信を持っているからです。

束縛してしまう男性は「彼女が他の男のこと好きになるかも…」と不安になって、「飲み会に行かないで」「行くなら連絡は絶対して」「何時に帰ってくる?」「どうしてそんなに遅いの?」と心配事を潰すようにたくさん要望を出してしまいます。
彼女が他の男に目移りせず、自分のことを好きでいてくれる自信がないのです。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴②LINEやメールの返信が常に早い

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴②LINEやメールの返信が常に早い

彼の愛情の重さを知るために、LINEやメールの返信が早いかどうかを試す方法がありますよね。
「早く返信をくれたら、彼は私のことが大好き」なんて安心してはいけません。

返信が異常に早い男性は、束縛男である可能性がアリ。
返信が早い分、あなたのことを愛しているでしょう。しかし、彼からの返信が早いうえ彼女からの返信が5分も遅れたら「何してるの?」と催促してくる場合は要注意。
そのうち、毎夜電話がかかってきて、出ないと「何かあったかと心配して」家に来るようになるかもしれません。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴③相手の行動を知りたがる

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴③相手の行動を知りたがる

好きな人のことはなんでも知りたい!女性だけでなく、男性も好きな人のことは知りたいと思う心理があります。
ですが、「明日はどこで何をする」「週末はどこに行く」「休みの日はどこで何をしているか」など、事細かく芸能人のマネージャーのようにスケジュールを把握しようとしているなら注意しましょう。

特に付き合う前からこういう傾向のある男性は、付き合ってからも毎日の予定を聞き出します。それはもう、鬱陶しいでしょう…。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴④女に逃げられた経験がある

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴④女に逃げられた経験がある

昔は束縛男子ではなかったのに、過去の経験から束縛するようになる男性もいます。
そんな束縛彼氏になってしまう男性の特徴は、過去に女性に逃げられたことがあるから。
お互いを尊重して自由に行動していると思ったら、恋愛までも自由にしていて他に男を作っていた…なんて経験があったら、ついつい彼女を束縛したくなってしまいます。

彼にとっては「束縛している」という意識はないかもしれません。浮気防止程度の考えで予定を事細かに聞いてきたり、他の男との飲み会を許さないことも。

また、過去に彼女の意思を尊重してきたため「愛がない」と言われて、別れてしまった経験も彼を束縛男に変身させてしまいます。「彼女を束縛する=愛情」になってしまうのですね…。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑤心配性


束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑤心配性

彼氏が心配症である場合、自然と彼女が束縛されてしまう気があります。
これまで彼女に逃げられてきた経験があったり、「女性は浮気するものだ」と植え付けられていたり。彼女に対する信頼が薄いと、あれこれと心配してしまうでしょう。

この場合、彼女の方が「彼を安心させよ」と自主的に自分の近況を事細かく報告するようになることも。
彼氏に束縛している意思はないのですが、彼女は彼の心配症が束縛してきている気になるでしょう。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑥人には言うが自分には甘い

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑥人には言うが自分には甘い

束縛する男性の特徴で、彼女には厳しいけれど自分には甘いという一面があります。
彼女には「飲み会に行かないで」「逐一居場所を報告して」というけれど、自分は女性がいる飲み会へ「付き合いだから」と平気で行くし、「忙しいから」と彼女に自分の居場所を報告しないことがあります。
とにかく、彼女のことを詳細に把握しておきたいので、自分は返信しなくても彼女からの連絡通知は溜まってい欲しいというタイプもいるのです。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑦約束は何があっても守る

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑦約束は何があっても守る

どんな約束でもきちんと守ってくれる男性はポイントが高いですよね。
でも実はこれも束縛男かもしれない判断基準のひとつになるんです。

約束を守ろうとする姿勢は立派。でも、融通が利かない・彼女の事情を考えられない傾向があるなら、それは束縛する男性である可能性があります。
たとえば、彼とのデートの約束をしていた日に、急に仕事が入ってしまったとします。残念に思うかもしれませんが、普通は「仕事なら仕方ないね」と引き下がるでしょう。
そこを「なんで俺より仕事を優先するの?」と女性側の事情をわかってくれない男だったら、気をつけて。

あなたの都合より自分の都合を優先して、束縛したい男かもしれません。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑧他人を批判してばかりいる

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑧他人を批判してばかりいる

束縛するかもしれない男の特徴に、他人の批判をしてばかりいる傾向があります。
周りが「あの人はいい人だね」と言っても、「自分はそう思わない。あの人はこの前~」と自分の意見が正しいようにべらべらと喋りだすでしょう。
彼にとって、自分だけが正しい存在であり、もっと自分に注目してほしいと思っているのです。

なので、彼女がよそ見をすることは許せません。束縛してでも、自分だけを見ていてほしいと思っています。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑨暇

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑨暇

束縛する彼氏というのは、暇です。
彼女に逐一報告してほしいと頼むくらいですから、それをチェックする時間はあるのです。彼女からのLINEにすぐさま反応できる余裕があるのです。
それは、彼が暇であるから。

恋愛にだけ集中していればいいので、彼氏の人生は彼女だけ。彼女も同じように自分だけに集中していてもらいたいのです。

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑩友だちが少ない

束縛彼氏・束縛男予備軍の特徴⑩友だちが少ない

束縛するかもしれない彼氏の特徴、ラストは「友達が少ない」です。

先ほども書きましたが、彼女を束縛するなら時間が必要です。ですが、普通の男性は恋愛だけにかまけている時間はありません。程よく彼女を放置して、仕事や趣味、友達付き合いにも時間を割きます。
ですが、束縛する男性は友達が少ないので、友達付き合いに割く時間は必要がありません。

結果、彼女だけに時間を割く余裕ができてしまうのです。趣味もなければ、友達もいない。彼女だけに時間を使うため、束縛してしまうのです。