結婚前提で付き合いと思われる女性の特徴!結婚前提で同棲するメリット♡

結婚前提で付き合いと思われる女性の特徴!結婚前提で同棲するメリット♡

目次

結婚前提の付き合いって普通のお付き合いとどう違うのでしょうか。男性が結婚前提で付き合いたいと思う女性の特徴や「結婚前提で付き合ってください」と男性から告白する心理、結婚前提で付き合う場合の親へ挨拶をする際の注意点などをまとめました。また結婚前提で同棲までしても別れることもあります。結婚前提カップルが別れる原因などについても調べてみました。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴

男性が結婚前提で付き合いたい!と思うほど魅力的な女性になりたいですよね。どんな女性に対して、男性が結婚前提に付き合いたいのか、その特徴を知りましょう。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴1:家庭的

けばけばしたファッションで遊び歩いている女性ではなく、落ち着いた服装で料理など実用的で家庭的な趣味を持っている女性に対して、男性が結婚前提で付き合いたいと思うようです。もちろん女性が家庭に入るべきとか女性が家事をやるべき!という固定観念がある場合もありますが、現代社会において共働き家庭が増えているため家事も2人で行うことが多くなってきました。その場合でもやはり家事が嫌いだと分担した後に方針の違いややり方の違いで揉めるのが目に見えています。男性としても家庭に入ってほしいという訳ではないですが、一緒に家事をやりながら家庭を築くのであればやはり家庭的な女性の方が結婚前提に付き合いたいと思うのです。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴2:育ちがいい

男性が結婚前提で付き合いたいと思う女性の特徴としては育ちの良さも挙げられます。食事の仕方や言葉遣いは育ちの良さがあらわれます。育ちがいいと相手の両親も優しそうに見えて、結婚もありかな、結婚前提で付き合いたいと思うようです。また、結婚は本人たちだけの問題ではなく、家族も深くかかわりがあります。育ちが良い=裕福な家庭なのであれば、将来家族間での金銭トラブルなどもなさそうだと感じるのです。家庭に問題なく育ちがいい女性なら、結婚したときに家族とも仲良くできそうだと考え結婚前提に付き合いたいと思われるということもあるのです。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴3:穏やかな性格

結婚するとお互いの意見がぶつかって喧嘩になることも。それを見据えて、自己主張が強すぎず、相手に合わせるという特徴がある女性の方が結婚前提で付き合いたい女性になるのです。自分の意見がない女性ではなく、穏やかな性格で意見がぶつかっても冷静に話し合えるということが大切になります。結婚後も喧嘩をせずに、仲良くいられそうで結婚前提で付き合いたいと男性は思うようです。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴4:芯が強い

芯が強いということも、男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴のひとつです。一緒に家庭を築いていくということは夫婦が二本の柱となる必要があります。芯が強くない弱い女性だと、男性は守ってあげたい!と思うこともありますが、それはお付き合いまで。結婚となると話は別です。一緒に支えあって生きていくにはやはり芯が強い女性の方が向いているのです。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴5:モテる

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴として、モテるという特徴もあります。モテる女性に告白して付き合ったとしても、他の魅力的な男性がいつ言い寄ってくるかわかりません。モテる女性だからこそ、「結婚を前提」にすることで悪い虫がつかないように独占したいという男性心理もあるようですね。

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴6:一緒にいて安心できる

男性が結婚前提で付き合いたい女性の特徴として、一緒にいるときに安心感があったり心が落ち着く人ということも挙げられます。阿吽の呼吸のように「今日はそっとしておいてほしい」と男性が考えているときは何も言わずそっとしておいてくれたり、話を聞いてほしいなと思っているときは、「何かあった?」と聞いてくれるなど、一緒にいて楽だと感じる相手だと結婚を前提にしたお付き合いをしたいと思うようですね。

結婚前提に男性から告白してくる心理

結婚前提に男性から告白してくる心理

続いては、結婚前提でお付き合いしたいと男性から告白する場合の男性心理をご紹介します。わざわざ告白の場で男性から「結婚を前提に」と何故言う必要があるのでしょうか?

結婚前提に男性から告白する心理①真剣さを伝えるために

ただのお付き合いじゃない、結婚前提だ、という真剣さを伝えるために男性から告白する場合があります。浮気はしない、結婚前提と思うほどあなたを愛しているという真剣さを伝えたいため、男性から「結婚前提に付き合ってください」と告白することが多いです。

結婚前提に男性から告白する心理②女性にも真剣に考えてほしいから

彼女と確実に結婚したい、彼女に結婚を真剣に考えてほしいため、男性から結婚前提でと告白することがあります。男性から告白したときに結婚前提にと言われたら、それをOKしたら「付き合う=結婚へ向かって一緒に進む」という意味になります。「付き合ってもいい」ではなく「結婚してもいい」という同意になりますので、女性も男性からの告白を真剣に受け止めなくてはいけなくなります。

結婚前提に男性から告白する心理③逃したくない

仕事などのライフスタイルの流れで今が結婚にベストでタイミングを逃したくない、彼女が結婚するのに一番で逃したくないという心理から、男性から「結婚前提でお付き合いしてください」と告白することもあります。告白の段階で男性の方から結婚を前提にと言っておけば、お付き合いが始まったあとトントン拍子で結婚へ進むことができると考えているのかもしれません。

結婚前提のお付き合いには周囲や親への挨拶は欠かせない

結婚前提のお付き合いには周囲や親への挨拶は欠かせない

結婚前提のお付き合いの場合、いずれ自分の伴侶となるわけなのでお互いの家族との付き合いが出てきます。結婚前提のお付き合いをするなら必ず周囲や親に挨拶をするべきです。きちんと結婚前提でお付き合いをしていて、真剣なお付き合いをしているということをお互いの親への挨拶で分かってもらいましょう。

何故結婚前提の付き合いで親や周囲へ挨拶をしなくてはいけないかというと、「結婚を前提に」付き合っているということはほぼ婚約者のような立ち位置になります。普通に付き合っているだけではないので、将来的には結婚する相手になるはずです。もし結婚を前提に付き合っているのであれば、プロポーズしたのと同じだと考えて親に挨拶に行った方が親の印象もよくなります。

また、結婚前提ならば相手の家族がどんな人たちなのか、どんな環境で育ってきたのかなどをよく知る「お試し期間」でもあります。しっかり親に挨拶をして相手の家族と交流することで「この人と結婚してもいいかどうか」をよく考えることができます。結婚を前提にしていても、「結婚したくない」と思う要素が出てくる可能性もありますので、結婚したら絶対に付き合わなくてはいけない相手の家族のことをよく知っておいた方がいいでしょう。

結婚前提のお付き合い!親への挨拶注意点

結婚前提のお付き合い!親への挨拶注意点

結婚前提で付き合う相手へ、自分たちが結婚前提で付き合っていることを挨拶に行く場合、どんなことを注意したらいいのでしょうか。ここでは結婚前提で付き合う相手の親への挨拶の注意点をご紹介します。

結婚前提の親への挨拶注意点1:服装はラフすぎない

かっちりしたスーツではなくていいですが、パーカーにGパンではラフすぎて、自分の子供が結婚前提で付き合っている相手として非常識に思われてしまうかもしれません。結婚前提で付き合っているならば、婚約したのと同じような感覚で親も捉えているはず。服装がラフすぎると挨拶ではなく遊びに来たように見られてしまいます。結婚前提の親の挨拶で女性の服装は、ボディラインが出すぎない服装、ストッキング、生足にはしないことが重要です。彼氏の服装としても、ジャケット着用、アクセサリーを付けないことに注意してみてください。

結婚前提の親への挨拶注意点2:手土産を持って行く

結婚前提の親への挨拶では手土産を持って行きましょう。あなたの地元で購入したお菓子などで、「地元の名産品です」など一言添えて結婚前提の親へ挨拶するのがおすすめです。結婚前提で付き合っている相手の親に挨拶に行く場合の手土産は、家族の人数や好みなどをしっかり聞いておきましょう。また、結婚前提で付き合っている相手の親ならば、第一印象がとても大切なので、「お父さんにはお酒」「お母さんには紅茶」「みんなで食べる用のお菓子」など、相手から聞いた親の好みに合わせてそれぞれに手土産を渡すのも好印象ですよ。

結婚前提の親への挨拶注意点3:時期はなるべく早く

結婚前提の相手と本当に結婚したいなら、親の許可を貰っておきたいのでなるべく早く挨拶に行きましょう。結婚前提の彼女、彼氏がいることを相手の親が既に知っている場合、挨拶はまだか、と待っている場合もあります。結婚前提=婚約と親が捉えている可能性もありますので、結婚前提の交際を始めたのであればなるべく早い時期に挨拶に行くようにしましょう。

結婚前提の付き合いなら同棲がおすすめ

結婚前提の付き合いなら同棲がおすすめ

結婚前提のお付き合いなら同棲するのがおすすめです。結婚前提で付き合ったカップルに同棲を進める理由として、同棲するメリットについてご紹介します。

結婚前提で同棲するメリット1:お金が貯まる

結婚前提でのお付き合いでお互いに結婚したいと思っているのであれば、結婚式や家の購入など将来にかかる費用を見込んで今から節約をしながらお金を貯める必要が出てきます。そのためにはお互いに一人暮らししているのであれば、一緒に住んで家賃や生活にかかる費用を折半することで効率よくお金を貯めることができます。どうせ結婚するなら先に一緒に同棲して一緒におお金を貯めるのがおすすめです。

結婚前提で同棲するメリット2:相手のことが分かる

いくら結婚を前提にしたお付き合いでも、同棲して長時間一緒に生活しないと相手の本性が見えてこないということもあります。同棲することで結婚を前提にしたお付き合いだったけど、「この人と結婚は無理かも…」と気づけるかもしれません。結婚を前提にした付き合いだからと言って同棲して必ず結婚しなくてはいけないという訳ではありません。まだ結婚する前なので結婚を前提にしていても「結婚は無理」と思ったら別れることだってできるのです。

結婚前提で同棲するメリット3:結婚生活がシミュレーションできる

結婚前提で同棲するメリットとして、自分自身が結婚生活に向いているかもシミュレーションすることができます。結婚前提に付き合っていても、同棲することで「やっぱり他人と一緒に生活できない!」と気づけるかもしれません。まだ結婚する前なので離婚などの手続きもなく別れることができます。

結婚前提で同棲までしても別れることもある

結婚前提で同棲までしても別れることもある

結婚前提で同棲までしても別れることはどうしてもあるようです。それは、結婚前提のカップルが結婚後の生活を思い描いているからです。明確に結婚後の生活を結婚前提の相手に思い描いている場合、同棲生活が少しでも違うと違和感があり、このまま結婚前提で同棲していても結婚できないのではないかと思ってしまい別れるのです。

同棲までした結婚前提カップルが別れようと思うなら、同棲を解消することから始めましょう。荷物が多いと大変ですが、同棲カップル解消の場合でも引っ越し業者を依頼することもできます。結婚前提で付き合っていることを周囲に挨拶している場合は、辛いですが、別れることを伝えましょう。挨拶をされた友人たちは結婚前提にしていることを応援していたはずですので、「実は結婚前提で同棲していたけど、別れることにしたの。応援してもらったのにごめんね。」と伝えましょう。相手の親への別れの挨拶はあえてする必要はありません。男性の方から、結婚前提に同棲したけど別れることにしたと親へ挨拶しているはずだからです。

結婚前提の付き合いだったはずなのに…別れる原因は

結婚前提の付き合いだったはずなのに…別れる原因は

結婚前提の付き合いだったはずなのに同棲を解消するなど別れることがあるとご紹介しました、結婚前提の付き合いをしていたカップルが別れる原因を具体的に見てみましょう。

結婚前提の付き合いで別れる原因1:理想とのギャップ

同棲や結婚前提の付き合いをしてみて、理想の結婚生活が出来なさそうと思った場合は、たとえ結婚前提の付き合いだとしても別れることがあります。結婚前提で付き合ってみたら、相手のイメージが違ったなんてことは少なくありません。

結婚前提の付き合いで別れる原因2:価値観の違い

結婚前提の付き合いでは、今後の夫婦のこと、子供はどうするか、仕事はどうするかなど話し合う機会が多いです。この価値観にずれがあると、これでは結婚して喧嘩になってしまう、意見が合わない、どちらかが妥協しなくてはならないと結婚前提の付き合いでも別れを切り出すことがあります。

結婚前提の付き合いで別れる原因3:周囲の反対

単なる恋人なら気にならない相手でも、結婚相手としては賛成できない…。そんなときは結婚前提の付き合いの相手との結婚を反対されることがあります。

結婚前提のお付き合いでは体の関係はあるの?

結婚前提のお付き合いでは体の関係はあるの?

結婚前提のお付き合いで、予め子供について話し合っているカップルもいます。子供を持つことに前向きな場合は、同棲をして夫婦同然に体の関係を持つ特徴もあります。体の関係を持ち、妊娠しても結婚前提のため、男性が慌てることなく結婚にステップをスムーズにすすめることは結婚前提カップルの良い特徴です。しかし、結婚前提のお付き合いでも体の関係を全くもたない場合もあります。それはいずれ結婚をするから、体の関係は大切にしたい、と考える場合があるからです。

遠距離恋愛なのに結婚前提って大丈夫?

遠距離恋愛なのに結婚前提って大丈夫?

遠距離恋愛の結婚前提の付き合いは、本当にいつかプロポーズをされて結婚できるのでしょうか。男性の転勤などで遠距離恋愛になることが決まった場合、あえて結婚前提で付き合ってほしいと告白して、自分が帰ってくるまで待っていてほしい、遠距離だけど信じて待ってほしいという誠意を伝えることがあります。必ずしも遠距離で結婚前提で付き合って、結婚に至るわけではありません。しかし、結婚前提で付き合う遠距離カップルは、会陰距離でも信用して絆が強いため、普通の遠距離カップルよりも結婚に近いはずです。ただ、遠距離だと結婚がいつになるか、不安になるかと思います。遠距離で結婚前提に付き合う場合は、期限を決めるといいかもしれません。

結婚前提なのに彼氏からプロポーズされない理由

結婚前提なのに彼氏からプロポーズされない理由

結婚前提でお付き合いしている彼氏からなかなかプロポーズされないでヤキモキしている女性も多いことでしょう。付き合ってから1年未満でプロポーズするカップルが多いですが、中には5年以上たってからプロポーズを彼氏がする場合もあります。結婚前提だからこそ、じっくりと付き合いたい、結婚前提だからこそ、プロポーズをすぐにしなくても彼女も安心するだろうと彼氏が思ってプロポーズされないことがあります。また、彼氏の中では、結婚前提に付き合ってほしいと言った時点である程度プロポーズしたつもりでなかなかプロポーズされないことも。結婚前提で付き合い始めたのになかなかプロポーズされないで不安な場合は、彼氏に気持ちを聞いてみましょう。

結婚前提のお付き合いなのか彼氏に確かめる方法

結婚前提のお付き合いなのか彼氏に確かめる方法

もし彼氏から結婚前提とは言われてないで付き合ったけど、「私たちの付き合いって結婚前提なの…?」と気になったら確かめてみましょう。あなただけが結婚前提の付き合いだと思っていたら悲しいですからね。

結婚前提のお付き合いか確かめる1:彼氏に同棲を提案

結婚すればいずれ夫婦として一緒に住み生活を共にするため同棲しますよね。先ほどご紹介したように結婚前提の付き合いなのであれば同棲はメリットがたくさんあります。なので彼氏に同棲しないかと提案してみましょう。実際に同棲する気がなくても「同棲したらお金節約になるらしいよ」と何気なく言ってみて彼氏の反応を見ることができます。結婚前提のお付き合いをしていると彼氏も思っているなら同棲のメリットを聞いてノッてきてくれるはず。逆に同棲したら別れづらくなるという風に考えている彼氏なら、特に反論理由もないのに同棲に反対してくるかもしれません。

結婚前提のお付き合いか確かめる2:実家への挨拶を提案

結婚前提のお付き合いなのか彼氏に確かめる方法として、親への挨拶を提案してみましょう。「親が○○に会いたがったるよ」と言ってみましょう。遊びで付き合っているだけなら「別に挨拶なんてしなくていいだろ」と断られるかもしれませんが、彼氏も結婚前提だと考えてくれているのであれば、親に挨拶に来てくれるかも。逆に「○○の親に会ってみたい」と提案してみるのもいいですよ。

結婚前提のお付き合いか確かめる3:彼氏にはっきり聞く

結婚前提のお付き合いなのか彼氏に確かめる方法として、一番早いのはやはり彼氏にはっきり聞いて確かめること。もしあなたが結婚を前提としたお付き合いを望んでいるのに、彼がそう望んでいないのであれば今後のことをしっかり話し合った方がいいでしょう。

まとめ

結婚前提に付き合いを申し込まれる女性なんて憧れますよね。しかし、結婚前提とは言っても、口約束なためどうしても別れることもあります。結婚前提だから別れるのは我慢しないと、など妥協して結婚せずに、違和感を感じたら、勇気を出して別れることも時には大切なようです。

関連記事ランキング