成功する告白の仕方は?LINE・電話・手紙で告白する秘訣&注意点

成功する告白の仕方は?LINE・電話・手紙で告白する秘訣&注意点

目次

どんな告白の仕方が彼の心を掴むのか気にならない女性はいないはず。告白の仕方にもタイミングや場所、方法など様々なやり方があります。そこで今回は恋する女性は見逃し厳禁!とっておきの成功する告白の仕方をまとめてご紹介します。告白の仕方で悩んでいる方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

告白の仕方で重要なこと

告白の仕方で重要なこと

まず、告白の仕方を考えるときに重要なのが以下の4つです。

  1. 時期
  2. 場所
  3. 言葉
  4. 手段

いつ告白するのか、どんな場所で告白するのか、どんなセリフや言葉で告白するのか、どんな手段で伝えるのかをまず自分の中でまとめてみましょう。

告白の仕方①時期を考える

告白の仕方を考えるときにまず考えるのが告白の時期です。告白の時期を考えるときに重要なのは以下の項目です。

  • 告白するのにぴったりなイベントがないか
  • 相手にも自分にとってもベストな時期か
  • 告白に失敗したあと気まずい時期ではないか

なんでもない日に告白するのもいいですが、せっかくの告白なのでお祭りやバレンタインなど、特別な日に告白するのもいいですよね。もし成功したら付き合い始めた記念日が覚えやすくなります。近くにそんな特別な日があれば、その日に合わせて予定を組んでもいいのかもしれません。

また、相手が仕事や学業で忙しい時期に告白してしまうと、「今忙しいから」という理由で断られてしまう可能性もあります。少しでも成功の確率を上げるためには、相手にとっても自分にとってもベストな時期を探りましょう。さらに、告白が失敗したときに、少し心を落ち着かせる期間が必要なので、告白した翌日会社が休み・学校が休みなどで顔を合わさなくていい日がいいかもしれませんね。

告白の仕方②場所を考える

あなたが告白されるならどんな場所で告白されたいですか?静かな場所、落ち着いて話ができる場所、自然が多くムードのある場所…。これらは女性だけに限らず、男性もこういった場所で告白されるのを望んでいます。告白の仕方を考えるときに、場所もとても重要です。

まず、絶対に2人っきりになれる場所を考えましょう。周囲の目が気になると告白に集中できなかったり、相手もソワソワしてしまいます。色々あると思いますが、共通点は「騒がしくないこと」です。周りが騒がしいとムードもありませんし、話をじっくりと聞くことができません。女性からの告白の仕方については、場所選びも肝心だと覚えておきましょう。

また、特に告白の場所は雰囲気が大事です。男性は女性よりもロマンチックな人も多いので、雰囲気のある場所や、2人にとっての思い出の場所を選びましょう。

告白の仕方③言葉を考える

女性からの告白の仕方で「肝」なるのが言葉の部分です。ここで男性の心を掴むことができたら告白の成功率もグンと上がること間違いなしです。告白するのに呼び出しておきながら、いざ本人を目の前にして「何を言えばいいのか…」とパニックになっては台無し。告白の言葉は事前によく考えておきましょう。

告白の仕方④手段を考える

女性からの告白の仕方では、どのような方法を使うかも大切です。女性からの告白の仕方で一番おすすめなのは「直接」会っての告白。相手の顔を見ながら話ができるため真剣度が伝わります。ただし中には距離的な問題やタイミングが合わずに悩む女性も少なくありません。そういった場合はLINEやメール、電話での告白も視野に入れておくといいでしょう。

告白の仕方にどんなものがある?

続いては先ほどご紹介した「告白の手段」について、直接会って告白するのは…という人におすすめのLINE・電話・出上での告白の仕方についてご紹介します。

LINEでの告白の仕方

LINEでの告白の仕方

それではここからは本格的に告白の仕方の注意点やコツをご紹介していきます。まずはLINEでの告白の仕方の注意点から。

言葉はなるべく短く

LINEでの告白の仕方の注意点は、言葉をなるべく短くすること。LINEは手軽に人と繋がれるのが長所ですが、あまりにも長い文章には向いていません。長文での告白は相手が読むのに疲れてしまいます。

スタンプはなるべく使わない

LINEといえばかわいいスタンプでもお馴染みですよね。何気ない会話にスタンプを織り交ぜながら会話を楽しむ方も多いでしょう。しかしLINEの告白の仕方ではスタンプの使用は控えるのが無難です。真剣な告白の言葉の後にスタンプ…。何だかアンバランスな雰囲気ですよね。あなたの真剣な思いを最後までしっかりと伝えるならば、LINEでの告白の仕方にはスタンプを使わないようにしましょう。そうすることであなたの真剣さが伝わるはずです。

LINEでの告白はどんなセリフがいい?

短く簡潔にといわれても、どんなセリフがいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこでLINEでの告白の仕方におすすめのセリフをいくつかご紹介します。「突然のLINEでごめんなさい。○○君のことが前から好きです」「真面目な話があります。好きです、付き合ってください」このようにLINEでの告白の仕方は、なるべく2文、多くても3文で気持ちを伝えるのがポイントです。

 

電話での告白の仕方

電話での告白の仕方

今度は電話での告白の仕方の注意点をご紹介します。

電話での告白の仕方はタイミングが大切

電話での告白の仕方で大切なのは、相手に電話を掛けるタイミングです。いざ告白を決めて電話をしても相手が電話で出られなければ、思いを伝えることすらできません。電話で告白の仕方は「今日〇時に電話してもいい?」を相手の都合を聞くようにしましょう。

電話での告白の仕方は場所も考えよう

電話での告白の仕方は場所もしっかりと考えておく必要があります。外出先での電話は、周囲の雑音が混じってしまうため好ましくありません。電話での告白の仕方は、話に集中するためにも自宅や自室などの静かな場所をおすすめします。

電話で女性からする告白の仕方は間が大切

女性から電話で伝える告白の仕方は間がとても大切です。彼に電話したらまずは「今どこにいる?電話して大丈夫?」と彼の状況を聞きましょう。先ほどタイミングで時間を決めることが電話での告白の仕方で大切と言いましたが、彼もまさか女性から電話で告白されるなんて思っていない可能性があるので、友達と一緒だったり、車の運転中にスピーカーで電話している可能性もあります。女性から電話で愛を伝える告白の仕方ではまず彼の状況を聞きましょう。

そして、余計な話をしてもいいのですが、あまり話が逸れると告白の間を逃してしまうので、女性から電話で告白する告白の仕方では「電話して相手の状況を確認したらすぐに告白!」を心がけましょう。「ずっと言いたかったんだけど…」「面と向かって言うと緊張しちゃうから電話で…」と切り出して、少し間をあけることがポイントです。相手もその間であなたの緊張感が伝わるはず。

また、女性から電話でする告白の仕方では早口になりすぎず、ゆっくり間を取るように注意してくださいね。丁寧に話すことで気持ちがより伝わるはずですよ。

手紙での告白の仕方

手紙での告白の仕方

今度は手紙での告白の仕方の注意点をご紹介します。

手紙での告白の仕方は丁寧さを心掛ける

自分の文字に自信がなくても、丁寧な字体を心掛けることはできますよね。このように手紙での告白の仕方は「字のキレイさ」よりも「字を丁寧に書くこと」で思いが伝わりやすくなります。字が汚くて不安だという方も、手紙での告白の仕方は字を丁寧に書くことでカバーするようにしましょう。間違ってしまった場合は、修正液を使ったり、黒く塗りつぶすのではなく、最初から書き直すようにした方が無難と言えます。

できるだけかわいい便せんを使う

手紙での告白の仕方の特徴は「形としてずっと残ること」です。そのため手紙での告白の仕方には便箋選びも大切だと思っておきましょう。パステル系のピンクやブルーなどの爽やかなカラーは、女性らしく華やかなので男心を掴めますよ。

手紙の告白はどのように切り出せばいい?

手紙の告白の仕方ではどのように切り出したらいいのか困る方も多いでしょう。いきなり「好きです」は何だか不自然だし、「お日柄も良く…」はもはや何が言いたいのか分からなくなってしまいます。手紙での告白の仕方では、相手の興味や関心を引く切り出し方がポイントとなります。「今日は大事なお話があってペンを取りました」「いつもお世話になっている先輩に大切なお話があります」このように「私はこれから大切なお話をします」という一文を添えると、相手が最後まで手紙に目を通してくれるようになります。

 

女性からの告白の仕方…成功するためには?

女性からの告白の仕方…成功するためには?

告白の仕方といっても方法は色々。まずは女性からの告白の仕方でどんな点に気を付けたらいいのか確認しておきましょう。

冗談っぽく言わない

仲のいい男友達だと、ついつい「付き合っちゃう?」なんて冗談っぽくいってしまうこともありますよね。しかし、冗談っぽい告白の仕方をしてしまうと、相手が冗談で返してきてしまうこともあります。「お前なんて女としてみてねーから」なんていわれたら冗談でも傷ついてしまい、改めて告白する勇気が出なくなりますよね。なので、軽く冗談っぽく告白したりせず、しっかり告白の仕方を考えて準備してから告白するようにしましょう。

彼の性格を見極める

彼の性格を見極めて、告白の仕方を柔軟に考えていきましょう。仲のいい男友達なら、かしこまって告白しても照れてしまって恥ずかしさから適当にあしらわれてしまうということもあるかもしれません。そういった可能性があるなら、その場で返事をしなくてもいい、LINEやメールなどの方がいいかもしれませんね。逆に、ちょっと押しに弱いタイプなら直接会って告白して、真剣さを伝えれば心が揺れることもあるかもしれませんよ。

いつもと少し違う雰囲気を出す

告白の仕方として、いつもと違う雰囲気を出すことも大切です。職場や学校で着ている洋服とは違う雰囲気の服装や、化粧・髪型を思い切って変えてみましょう。「あれ、なんか今日雰囲気が違うな」と思って相手も少し身構えてしまうかもしれませんが、いつもと違うということを感じさえることが大切です。

告白の仕方でやってはいけないNG例は?

告白の仕方でやってはいけないNG例は?

今度は告白の仕方でやってはいけないNG例をいくつかご紹介します。

友達を連れ出ていく告白の仕方はNG

告白の仕方でやってはいけないのは、友達を連れ出しての告白です。

確かに告白ってすごく勇気がいるもの。そこに信頼できる友達が傍にいてくれたら心強いですよね。しかし相手にしてみたら、この行為はとても失礼なものにあたります。彼にしてみれば全く関係ない「友達」がいることで、告白の返事がしづらくなるからです。どんなに不安で心細くても、告白の時は彼と1対1で話せるようにしましょう。

LINEで縦読みなど分かりづらい告白の仕方はNG

一時期LINEなどで文章を改行して先頭の文字だけを縦読みすると「好きです」になっている、というような告白の仕方も流行りましたよね。でもLINEの縦読みはNGの告白の仕方と言えます。気づいてくれるならいいですが、縦読みじゃなく普通に読んでも違和感のない文章だと縦読みだということにすら気づいてもらえません。LINEのメッセージを縦読みさせる告白の仕方で相手が気づかなかったら、「さっきの縦読みしてみて」と説明しなくてはいけなくなり、ちょっとダサい感じがしますよね。告白の仕方としてLINEのメッセージを縦読みさせる方法は避けた方が良いと言えます。

返事を急かすような告白の仕方はNG

告白は一世一代の大勝負。相手の返事によっては、あなた自身の人生を左右する出来事となります。

そのため告白の返事がどうなのか早くに知りたい気持ちもよく分かります。その場で返事がもらえたらいいのですが、中には考えさせてほしいと言われることもあるでしょう。もしも彼から返事は待ってと言われたら、辛抱強く待ってあげてください。

毎日のように「返事は?」「考えてくれた?」と詰め寄るのはNGです。こんなことでは「付き合ったら疲れそう」と彼の評価も下がってしまう事態になりかねません。

手紙やLINEの告白の仕方で重すぎるセリフはNG

直接会って告白したり、電話で伝える告白の仕方ではあまりないですが、手紙やLINEなどで重すぎる告白セリフをついつい使ってしまうことも。重すぎるセリフは相手にとって負担となるので注意しましょう。「あなたのためなら死ねる」「付き合ってくれなかったら死ぬ」は重たすぎてNGです。告白の場を和ませようと考えた上でのジョークだとしたら、直接会って言うなら表情で冗談だということが伝わるかもしれませんが、手紙やLINEなどでは冗談なのか伝わりづらいので絶対に書いてはいけません。付き合ったら疲れそうと思われてしまうので、告白の成功率も下がってしまいます。

高校生男子への告白の仕方で曖昧な表現はNG

中学生もそうですが思春期の高校生男子への告白の仕方として曖昧な表現は避けるようにしましょう。相手に告白してもらえるように仕向けるためだったとしても、「私たちお似合いだよね」「私の好きなタイプって○○なんだ」という遠回しな告白の仕方だと、高校生男子は照れてしまい「だから何だよ!」とそっぽを向いてしまうかもしれません。高校生男子への告白の仕方は、改まってストレートに「好きです」と伝えるのがおすすめです。恋愛に慣れていない高校生男子は、曖昧な表現の告白の仕方をしてしまうと照れて逃げてしまうこともあるので、逃げ場をなくすためにもはっきり伝えましょう。

上から目線の告白の仕方は完全アウト

告白でやってはいけないのが上から目線の態度です。「○○君となら付き合ってみるのもいいかなと思って」と、これでは何様状態ですよね。緊張してつい…と言い訳をしても後の祭り。あなたの印象は彼の中では「この子と付き合うのはない」の一択です。

 

年代別おすすめの告白の仕方

今度は年代別に分けておすすめの告白の仕方をご紹介します。

小学生におすすめの告白の仕方は「直接」か「手紙」

小学生におすすめの告白の仕方は「直接」か「手紙」

小学生だって真剣に恋愛をする時代。そんな小学生におすすめの告白の仕方は「直接」もしくは「手紙」です。親の管理が厳しいスマホや携帯での告白の仕方は小学生にはおすすめできません。

また小学生の場合の恋愛相手は多くが「同じクラス」「同じ学年」でしょう。そのため相手と顔を合わせる時間も自然と多くなるのです。

小学生の告白の仕方としては「好きです」とストレートに伝えるのが子供らしくていいですね。他にも小学生には「遠足」「バレンタイン」などのイベントを利用しての告白の仕方もおすすめ。

中学生女子におすすめの告白の仕方は「LINE」

中学生女子におすすめの告白の仕方は「LINE」

中学生女子におすすめの告白の仕方はLINEです。中学生ともなると思春期真っ只中。直接の告白だと他の生徒の目が気になるもの。かといって電話での告白はパニックになりがちに。そうなると、中学生女子にはLINEでの告白の仕方がベストであるといえます。

中学生女子にLINEでの告白の仕方がおすすめなのは「じっくり言葉を考えられるから」です。中学生ともなると勉強や部活に友達付き合いに忙しい時期でもあるので、空いた時間にじっくりと告白の言葉を考えるのがいいでしょう。

中学生女子の皆さん!告白の仕方はLINEを積極的に利用してみてくださいね。

高校生におすすめの告白の仕方はなんでもOK

高校生におすすめの告白の仕方はなんでもOK

高校生におすすめの告白の仕方は「直接」「手紙」「LINE」です。つまり今回ご紹介した告白の仕方の何を使っても構いません。高校生にもなると恋愛に一層興味が増す世代。そんな高校生はどんな告白の仕方を使っても成功する確率が高いです。

小学生や中学生とも違って、自由な時間も増えるので高校生になったら自分なりの告白の仕方を考えてみるのも有りでしょう。

まだまだ青春真っ盛りの高校生の皆さん!自分にとってベストな告白の仕方を見つけてくださいね。

社会人におすすめの告白の仕方もなんでもOK

社会人におすすめの告白の仕方もなんでもOK

社会人のおすすめの告白の仕方も「直接」「手紙」「LINE」の全部です。ただし社会人になると仕事の他にもプライベートが忙しくなってきます。そのため社会人は自分に合わせるのではなく、相手の都合に合わせられる告白の仕方が望ましいですね。もちろん直接話せるチャンスが多ければ、直接告白するのが社会人にはベストな告白の仕方です。反対に好きな相手が上司で常に忙しかったり、面と向かって話す機会がなかったりすると方法を考えなければならないでしょう。

このように社会人ともなると、自分中心ではなく相手の立場に立って考えられる告白の仕方を練っていく必要があります。

告白の仕方についてのまとめ

いかがでしたか?今回は告白の仕方について色々ご紹介しました。あなたが気になる告白の仕方はありましたか?告白の仕方にも様々ですが、告白の成功率を上げるためには、相手の立場になって考えることが大切です。そろそろ告白したいと考えている方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。