拒絶の気持ちを男性に伝えたい時、こんなメール文が役立ちます

拒絶の気持ちを男性に伝えたい時、こんなメール文が役立ちます

最近は電話番号やメアド、LINEの交換は日常的なものになってきています。男女に関わらず、知り合いになったら「とりあえず連絡先教えて?」なんて言われるシーンも多いでしょう。もちろん気の合いそうな相手なら喜んで交換したり連絡したりできますが、中にはあまり乗り気になれない相手もいますよね…。

そこで今回は、興味のない男性とアドレスを交換した後、やり取りが面倒になった時の対処法について紹介します。バシッと厳しく拒否すると角が立つ場合があるので、やんわり軽めに拒絶の気持ちを伝えるメール文を紹介していきます。

■用件の返事だけで素っ気なさを演出

拒絶したい男性へのメールで効果的なのは、素っ気ない態度を示すことです。返事は簡潔かつ最低限の文字数で行うよう心掛けると、相手にも伝わりやすくなります。間違っても盛り上がりそうな話題を提供してはいけません!また、相手が喜びそうな良い反応もしないことが大事なポイントです。

具体的には…

「分かりました」とOKかNGか、どちらかだけを伝える文章。
質問事項には「○○です」とだけ簡潔にまとめる。
アプローチに困ったら「よく分かりません」、「難しいと思います」とにごす。

などなど、気のない男性から回避するためには、短い返信が効果的です。盛り上がっている相手を冷めさせ、盛り下がるように仕向けましょう。

■ひたすら敬語

相手の年齢や性格にもよりますが、敬語オンリーの文章は距離感を出すことができます。ですから、軽めの拒絶を伝えるためには、敬語を多用することをおすすめします。どんな時でも距離感を縮めないよう、返信は敬語で対処してみてください。

敬語を使われると、当然「あなたには心を開いてませんよ!」という気持ちを感じ取ります。知り合って間もない時期に敬語を使うのは当然だと思いますが、時間が経過しても敬語をやめないというスタイルをとることで、相手への拒絶を示すことができるんです。

ですます調の文章はもちろん、メールの冒頭に「お疲れ様です」という業務的な文言を入れるのもおすすめです。定型文のように毎回必ず「お疲れ様です」と入れられると、コピペかな?と思わせることもできます。

敬語を使うと、今どんな感情なのかが、相手に伝わりにくくなります。その結果、だんだん距離を置くことができるはずです。