恋人を納得させるために必要な5つのこと

恋人を納得させるために必要な5つのこと

恋人がいる時、2人にとって何がベストかを選択するタイミングは、大小さまざまいろいろありますよね。夕飯をどうするかという日々の小さな選択はもちろん、同棲や結婚など人生に関する大きな選択も迫られます。
こうした選択肢が発生する時、みなさんはどのように最終判断をしていますか?2人で1つの答えを出すのは、けっこう大変なことも多いと思います。その答えを出すまでに、話し合いの中で「なんで分かってくれないの!?」とケンカになってしまうこともあるでしょう…。

そこで今回は、恋人を納得させるためには、どうすればいいかについて考えてみたいと思います。分かり合うためには、お互いに納得し合うことが必要不可欠。どうすればパートナーの理解を得られるか、ぜひ参考にしてみてください。

説得は難しいことを頭に入れておく

まず、当たり前のことかもしれませんが、『誰かを説得するのはすごく難しい!』ということを頭に入れておきましょう。意見が分かれている時は、お互いに何かしらのこだわりがあるはずです。簡単に○から□へ意見を変えることはないでしょう。選ぶ際には、いろいろなことを考え、最終的にベストだと思うものを決めています。

ですから、相手の意見を自分の方に向けようと説得するのは、なかなか難しいことだと念頭に置くことで、高ぶりそうになる気持ちを落ち着かせることが大切です。そして、相手がなぜ自分と違うものを選択しようとしているのか、理解しようと努力する行動も大事なポイントになります。

説得することの難しさを把握したうえで、次はどうすれば相手の意見を変えられるかについて考えてみましょう。恋人が出した答えに、何かしらの影響を与えることができれば、意見をこちら側に変えてくれる可能性があります。具体的な話は、次のところで紹介したいと思います。

説得ポイント①好意や好奇心

あまり興味がないことでも、恋人から頼まれたらNOと言えないことってありますよね。「好きな人の頼みだから仕方ない!」と割り切って行動できることは意外と多いものです。

また、自分は苦手だと感じていた仕事が好きな仕事に関係していることに気付くと、「チャレンジしてみよう!」という気持ちになる場合があります。

この好意と好奇心が結びつくと、自分の意見を変えてもいいかな?と考えるきっかけになる場合があるんです。特に、男性の場合は強い好意を向けられることと好奇心をそそるようなことに、積極的に行動してくれる気がします。この『好意と好奇心』というワードは押さえて欲しいポイントです。

説得ポイント②義理と人情

恋人間の信頼や愛情、義理といったものは、どのカップルにもあると思います。異性として好きという気持ちはもちろんですが、人間として信頼している、お互いに助け助けられていると感じている、その義理人情という心理を突くことで説得できる場合があります。

受けた義理を返そうとするのは、人として当然の行為。それが特別な存在であれば、なおさらです。恋人から受けた恩を恩で返そうという気持ちを引き出すことができれば、説得は可能でしょう。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

boo-ton

恋愛・婚活・美容などのジャンルを記事にします✨10代・20代・30代…と、形や価値観が違う恋愛を経験してきたので、さまざまな恋のお悩みの手助けができれば嬉しいです♡旅行会社の営業、保険会社のプランナー、アパレル店員、医療系企業の事務と、多種多様なジャンルで働いてきました!現在、その経験を生かしてフリーランス生活を満喫中です♪