これから付き合い始める彼に、伝えた方がいい4つの告白

これから付き合い始める彼に、伝えた方がいい4つの告白

両想いなれることは奇跡的で、幸せいっぱいという気持ちになれますよね。でも、そこからお付き合いをはじめるにあたって、いろいろ注意したいことも…。お付き合いの前と付き合ってからの印象が大きく違った場合、それが原因で早々とお別れする危険性があるからです。

彼の自分に対するギャップを埋めてもらい、付き合い始めてからも楽しい時間を過ごすためには、交際前の告白が重要なカギになってきます。事前通告しておくことで、ドン引きされたり嫌いになられたりすることを未然に防ぎましょう!

■「人の目を見て話すのが苦手なんだよね」自分のウィークポイントを告白

誰にでもあるウィークポイントは、自分の恥ずかしい一面でもあります。誰にでもさらけ出すことではないので、大事な人だからこそ、知っていて欲しいという気持ちになるもの。それを交際前に伝えておくことで、変に誤解をしたり引いたりするのを防ぐ告白はとても大事だと思います。

たとえば視線を交わすのが苦手というウィークポイント。特に好きな人や異性と目を合わせるのが苦手な場合、その癖を伝えていないと「俺のこと本当は好きじゃないのかな?なんでこっち見ないんだろう」と不安にさせる可能性があります。緊張して目を見れないという本音を告白することで、ウィークポイントが逆に新鮮でいいと思ってくれる男性も多いです。

■「恥ずかしいけど…料理あまりしないんだ💦」女性らしくない一面を告白

付き合っていれば、お弁当を作ったり夕食を作ったり、彼に料理を披露するタイミングは必ず訪れます。お惣菜などで一時的に避難するはできますが、長く一緒にいればいずれ手抜きがバレることに…💣その場しのぎで料理ができないことを上手く隠せたとしても、罪悪感が残ります。

男性の大半が料理上手な女性を彼女にしたいということは百も承知。ただ、料理が苦手でもほかの良い点があれば、それをカバーすることは可能だと思うんです!

いずれ同棲や結婚を考えるなら、料理は作れるようになっていた方がいいことは、誰でも承知していると思うので、少しずつ努力をして料理上手に近づくことは必要です。しかし、今はこんな腕前でしかない…という現実をきちんと彼に伝えておくことは大事なこと!

「今、あなたのために料理頑張って勉強してるところだから」とできる範囲のおもてなしをする。
「実は料理苦手だからお家ごはんを食べさせるのは先になると思う…ごめん!」と正直に打ち明けて納得してもらう

カップルに必要な嘘はあると思いますが、必ず見破られる嘘は避けた方が賢明。正直な告白で引く男性はその程度だと思って勇気を出しましょう!
私も料理が苦手なんですが、そのことを伝えたら、「俺、趣味料理だから問題ないけど?」とあっさり言われて驚いた経験があります。そのパターンもあるので、気にしすぎないのが◎

関連記事ランキング