【運命の相手】「この人が運命の人だ!」と強く感じるパターン7つ

【運命の相手】「この人が運命の人だ!」と強く感じるパターン7つ

運命の人に出会ったとき、どんな感覚になるのか気になる人は多いことでしょう。また、「この人は運命の人のはず!」と思って付き合ってみても、実際はうまくいかなかった…という経験がある人もいるのではないでしょうか。
ここでは、私がヒアリングした【運命の人と感じた体験談】をいくつかピックアップしてみたいと思います。どんなときに運命的な相手と出会ったと感じたのか、今後の参考になれば嬉しいです☆

■前に会ったような気がする既視感があった

みなさんはこんな経験ありませんか?初対面の相手に対して、「前に会ったことありませんでしたっけ?」と言いたくなるような感覚。もしくはシチュエーション的に経験したことがあるような体験です。

絶対に初対面のはずなのに、どこか懐かしいような久しぶりに再会したような感覚になってしまう場合も、運命の瞬間だと感じる一例です。

これは定番かもしれませんが、生きていると一度や二度は経験したことのある人は多いと思います。親しみを覚え、初めて会った気がしないという運命の瞬間。

もしそんな人に会ったら、「今日が初対面ですよね?」なんて声をかけてみるといいかもしれません。相手も似たような感覚を持っていれば、関係が発展する可能性があります。

■好みのタイプじゃないはずなのに気になる存在になっていた

誰にでも好みのタイプってあると思います。外見的なものや性格的なもの、経済力など理想とする男性像ってありますよね。でも、そのタイプに該当しない男性のことが気になって仕方ないという経験をしたことはありませんか?

気が付くとその彼を目で追ってしまっていた。
恋愛感情はないはずなのにお風呂に入ってると彼のことを思い浮かべていた。
夢に気になる彼が登場した。

そんな対象がいるなら、その彼が運命の相手である可能性があります。好みのタイプの男性と付き合っても上手くいかないことって意外と多いと思います。逆に、好きなタイプじゃないのに気になってしまう彼との方が波長が合うことも。

「恋愛対象じゃないし」と頭で考えるのではなく、直感的なものを信じてみるのもいいかもしれません。

関連記事

一目惚れした人は運命の相手?縁があれば必ず結ばれる?【幸せになる...

趣味を増やすとモテるようになる!?その真意を徹底解説💡

クリスマスに好きな人と一緒に過ごせるおまじない★5選

【婚活体験記・番外編】好印象だぜ!と思われるシャンクレールなど婚...

離婚しやすい婚活とは?失敗しないために婚活中の女性はこんな出会い...

関連記事ランキング