気の強い女がモテる理由!気の強い女を好きな男性は意外と多い!

気の強い女がモテる理由!気の強い女を好きな男性は意外と多い!

気の強い女を好きな男性が多いことを知っていましたか?筆者の周りにいた「気の強い女達は、みんな彼氏がいるか、何人かの男性をキープしているという強者ぞろい。男たちは一体彼女らのどこに惹きつけられているのか?気の強い女を好きな理由をまとめてみました。

気の強い女がモテる理由①守ってあげたくなる

気の強い女がモテる理由①守ってあげたくなる
同性からは「何か怖い」「お近づきになりたくない…」と敬遠されてしまう気の強い女。しかし男性からはというと、好きな人も多く意外と人気が高いというか、需要があるのが不思議なところ。
気の強い女というのは、「そんなこと言わなくてもいいのに…」「空気読んで黙っておいたのに、なんで言っちゃうの?」ということをよく言うんですよね。黙っていられない、あるいは言葉をオブラートに包むことが出来ないのが彼女たちの特徴です。
そういう彼女たちですから、割と同性の反感を買うことが多いのです。そういう辛さを男性の前で出しちゃったりすると、「この人は本当はか弱い女性なんだ!」と男性は思いますよねそりゃ。人の人格に「本当は」とかないんですけどね。その場その場で出してるのが自分です。
で、男性の方は「この人が弱味を見せられるのは俺だけなんだ」「俺が守ってやらないと!」と思い込んで、気が付くと気の強い女を好きになっているようです。

気の強い女がモテる理由②ギャップ

気の強い女がモテる理由②ギャップ
普段ツンツンしてるのに、時々天然ボケ・デレなどを見せられると「やべえ超かわいい!」ってなりますよね。私でもなる。筆者の学生時代に友達だった子がまさにそんな感じで、「ツンデレ+天然ボケ」という萌え要素フル装備みたいな子でした。
言いにくい事でもハッキリとキツめに言い、後輩女子からは怖がられ敬遠されることもあった彼女ですが、時々顔をのぞかせる天然ボケ。ただただ怖い人とはならずツンデレ萌え要員となっていました。
そういう得な性分のせいなのか、高校時代から彼氏に不自由したことはないようです。ただ気の強い女は好きでもない人も惹きつけているようなので、彼女自身は迷惑していました。

気の強い女がモテる理由③引っ張ってほしい

気の強い女がモテる理由③引っ張ってほしい
気の強い女は男性からみるとぐいぐい引っ張ってくれそうなところも魅力的なようです。男性は昔から「男らしくしなくてはいけない」と言われて、女性を引っ張っていかなくてはいけないと言われていました。しかし、気の強い女は自ら男性を引っ張っていってくれます。
自分が率先して人を引っ張るタイプではない男性からすると気の強い女を好きになるのは当然と言えそうですね。

気の強い女がモテる理由④話が楽しい

気の強い女がモテる理由④話が楽しい
普通女性と男性で話をするっていうと、男性がばーっと喋って、女性がそれを相づちを打ちながら聞いている、というのがほとんどなのかなと思います。
そこへ来ると気の強い女というのは男性を凌駕するくらい話します。特に自分の興味のある話題だったりすると顕著です。大抵の男性はそこで「うわーすげえ喋るなあ…俺の方がついて行けるかどうか…」ってなっちゃうんですが、一部、「こんなにこの話に乗ってくれるなんて、この子面白いなあ」と思う骨のある男性もいるようですね。
そういう人にモテているわけです。

気の強い女がモテる理由⑤はっきりしてるからいい

気の強い女がモテる理由⑤はっきりしてるからいい
気の強い女を好きな理由として、気持ちをはっきり口に出してくれるから好きと言う男性も多いようです。女性と付き合うとどうしても、「どうして私の気持ち分かってくれないの?」「私がなんで怒ってるか分かる?」というテストが行われることも多いですよね。男性からすると女心もわかんないのに彼女の気持ちをピンポイントで当てるのは難しいもの。
しかし、気の強い女はその気の強さゆえに思ったことをはっきり口に出して自己主張してくれます。何も言わずにため込んで気を遣ってくる女性よりも、はっきり口に出してくれる気の強い女の方が付き合いやすくて好きだと言う男性も多いのです。

気の強い女がモテる理由⑥かっこいい

気の強い女がモテる理由⑥かっこいい
女側からすると「めんどくせえな」って思われがちな彼女たちですが、やっぱり思ったことは言わなきゃいけないし、ハッキリ物が言えると男女関係なくカッコいい。気の強い女を好きになる男性は、女性に可愛さを求めているというよりは「かっこいい女性」に惹かれるのかもしれません。

気の強い女がモテる理由〇まとめ

強気な女はいい。前ページで書いた私の学生時代の友達も当然彼氏がいます。彼氏はというと穏やかで優しくて、あんまり感情の波立ちがなさそうな人です。ああ、これは正反対の者同士が惹かれあったんだな、となんとなく納得してしまいました。今も幸せそうにしております。
しかしまあこれは彼女の素の性格の良さがなせる業。ただただキツイ言葉を吐きまくって何の後悔もなかったり、「誰も私の事を分かってくれない」とただ泣いたり。彼女はちゃんと「言い過ぎたかな」と言える人でした。
どういう人であろうと、自分を恥じ入る心がなければ。