束縛する心理が謎!束縛彼氏への対処法や束縛するタイプか診断するポイント

束縛する心理が謎!束縛彼氏への対処法や束縛するタイプか診断するポイント

目次

束縛する心理を理解して、束縛彼氏への対処法を知りたいと思う人もいるでしょう。
なぜ束縛する心理がはたらくのか、そもそも束縛の意味とは何か、束縛彼氏に対してどう接していけばいいのかなどご紹介します。

束縛彼氏は彼女を好きすぎる

彼女に対しての愛情が深すぎるので、束縛をする彼氏もいるでしょう。今までにこんなに好きになった女性はいない!そう思うので、束縛をしてしまうのです。
こんなに大切な存在を誰かにとられたくない、こう思う気持ちから束縛する心理になる時も。

彼女に対しての愛情が強くて深いのはいいのですが、これが彼女にとって迷惑になるケースもありますよね。

過度な束縛をされると、逃げたくなってしまうのが彼女の本音でしょう。これに気が付かせるには、彼氏と少しでも束縛について話す機会を作るのが必要に。
あまり厳しく言うと、傷つけたり怒らせたりしてしまうので穏やかに伝えるようにしましょう。

束縛をされることで、どんなふうに困るのかを話すと、彼氏も少し理解をして束縛が減る可能性があるのです。

自然に束縛をする心理も

元々、自分のものを守りたいと思う気持ちが強い人も。彼女を所有物だと思っているので、自分のものは、なんとしても守らなければと思うのです。
結果として、束縛をするような言動をしてくるでしょう。でも彼女にも心があるので、彼氏の言動に対して辛い思いをする時もありますよね。

自分の彼女=自分のものだと思い込んでいる男性は、結果として彼女に対しても横柄な態度を取ってきます。
束縛と思わずに、これが当然だと思っているのであえて変える気持ちは無いでしょう。このままの自分でいいと思っているのが厄介ですね。
自然に自分のペースを通すタイプが多いので、束縛彼氏のペースに巻き込まれてしまうかもしれません。

そうならないように、自分の思いや考えについてもきちんと伝えて、自分にもちゃんと感情があると分かってもらうようにしましょう。

束縛彼氏は自分をモテないと思っている

モテないと思う束縛彼氏は、自分を選んでくれた彼女にとても感謝しています。でもモテない自分だから、いつ捨てられるのかわからない…と不安に思う気持ちも。

不安を感じているように思うのなら、相手を褒めるようにしてみましょう。「〇〇くんの、優しいところが大好き」のように言うと、彼氏はとても嬉しくなるはず。
そして、自分から離れていかないと安心感を持つので、束縛をしなくなってくるでしょう。愛情についても、できるだけ伝える必要があります。

束縛をしてくるのは、愛情表現を求めている証の場合も。自分はちゃんと伝えているつもりでも、もっと愛情表現がほしい!と彼氏としては思っているのです。
この結果が、束縛につながるケースは多いですから、時には彼女から彼氏に甘えてスキンシップをするなど、言葉だけではない愛情表現をしてみましょう。

そっと手をつなぐのも良いかもしれません。「自分は愛されているんだ」と思うと、束縛をしなくても大丈夫だと感じて、束縛彼氏ではなくなるのです。

モテる彼女だから心配

彼女がモテることが原因で、束縛する心理がはたらくケースもあるでしょう。彼女がさほどモテないタイプなら、束縛をする必要もなく穏やかでいられるのが彼氏の心理。
でも彼女が必要以上にモテると、最初は友達に自慢をしたくなる気持ちになるはずです。でも、段々と不安が強くなってしまうのです。

浮気をしているのではないだろうか、他に好きな男ができたのでは…とマイナス思考になってしまう男性もいるでしょう。
できればポジティブでいたいと思っても、それができないのです。こういう束縛彼氏には、「好きなのは〇〇くんだけ」と伝えて、キスをしてあげるのも効果的。

愛情表現が苦手な束縛彼氏も

うまく愛情表現ができないので、束縛をして愛情表現をしようとする彼氏も。束縛をすれば、愛情が伝わるだろうと思っているのです。

でも彼女にとっては、過度な束縛は苦しいだけですよね。愛情表現が苦手な彼氏だと思うのなら、無理に愛情表現をさせないようにしてみましょう。
「私のことを好きていてくれてありがとう!」と何度か言うだけで、愛情が伝わっていると分かるので、束縛をしなくても済むと彼氏は思うようになるのです。

これ以上束縛をしたくない…と本当は思っている男性もいるかもしれませんので、彼氏に感謝の気持ちを伝えて「ずっと一緒にいようね」と言うようにすれば大丈夫です。
愛情表現が得意な男性ばかりではないので、相手の想いにも応えてあげるような時も必要ですね。


ここからは束縛彼氏について気になることをもう少し深く見ていきましょう。

束縛の意味とは

まずは、束縛の意味をご紹介です。自分の恋人が束縛彼氏か判断するためにも、意味を知っておくことは重要です。束縛とは、その人の行動や考え方などを制限することという意味があります。束縛の意味の対義語には解放や自由があるので、自分は自由じゃない・彼氏から解放されたいと考えている場合は束縛されている可能性があります。

束縛を英語で言うと?

束縛を英語で言うと「possessive」という言葉がよく使われます。英語での意味は「独占欲が強い」という表現で使われることが多いため、英語で束縛を表現するのに最も近い言葉です。どうやら英語できっちり束縛という意味の単語があるわけではなさそうなので、「possessive」といった英語を使うと意味は伝わりやすいかもしれません。

彼氏が束縛してるか診断するポイント

自分では彼氏から束縛されているのか、それとも彼氏の愛情表現なのかわからないことがあるかもしれません。そこで、束縛の診断ポイントをご紹介します。次の項目に当てはまる項目が多いと彼氏が束縛している可能性が高いと診断できるでしょう。

  • 彼氏が無断でスマホチェックするのを許可させられている
  • アドレス帳にいる男の連絡先を削除された(もしくは削除させられた)
  • 自分の行動をすべて彼氏に報告しないといけない
  • 友達と遊びに行くにも許可が必要だ
  • 仕事を辞めろと言われる
  • 彼氏に自分の財布を握られている
  • 自分の意見を言うと必ず彼氏が否定してくる
  • 彼氏と同じ意見でないと認められない
  • 気に入らないことがあると暴力を振るっても言うことを聞かせようとする
  • 人格を否定してくることもあるが「自分だけは愛してる」と言ってくる

以上の診断ポイントに当てはまるものが多いと、束縛彼氏に引っ掛かっている可能性大です。ご注意ください。

束縛彼氏の種類はどんなものがある?

診断ポイントから自分が束縛彼氏に引っ掛かっているかもしれないと思ったかもしれません。ここでは、束縛彼氏の種類を主に2つ、ご紹介します。束縛にも色々な種類があるので、「私には当てはまらないから彼氏は束縛されていない」と思わないようにしましょう。怪しいところがあれば、周りの意見を聞いてみましょう。

束縛彼氏の種類①暴力的な彼氏

束縛彼氏の種類の中でも、暴力に訴えてくるタイプには注意しましょう。束縛だけでなく、DVの危険性もあります。暴力の種類は肉体的なダメージ以外に、精神的なものもあります。
「お前はダメな女だ」「俺しか理解者はいない」「誰もお前のことなんて愛していない」といった言葉をかける彼氏は心を殴って、束縛しているのです。そういった種類の彼氏は彼女を自分に依存させようとしてきます。
彼氏がいないと生きていけないと思う前に、彼氏の言葉がすべてではないと目を覚ましてくださいね。

暴力的な彼氏の束縛例

束縛の種類の中でも暴力的な場合、どのような行動に出ることが多いのか例を挙げていきます。
例えば、彼女が自分の意見に従わなかったときは殴る蹴るといった行動に出ます。だんだんと恐怖心を植え付けていき、手を振り上げただけで彼女が恐れて自分の言うことを聞く、そんな束縛の仕方をする例もあります。
また、先に紹介した通り、言葉の暴力で精神的にだめにし、自分に依存するように仕向ける例もあるので気をつけましょう。

束縛彼氏の種類②依存する彼氏

束縛する彼氏の種類の中で、彼女が彼氏に依存するのではなく、彼氏が彼女に依存するタイプもいます。この場合、彼氏の束縛方法は「俺には君がいないとだめなんだ」と刷り込むことが多いでしょう。
依存する種類も色々ありますが、女性が「この人には私がいないとだめかも」と思わせるように仕向けて、「だから他の男と連絡を取ってると心配。連絡先を消して」というように誘導することも。
彼氏の依存も束縛に繋がることがあるので、愛されてるんだなと思わずに自立心を育てる方がいいでしょう。

依存する彼氏の束縛例

依存する彼氏の束縛例は先に紹介した通り、言葉巧みに誘導することが多いです。「俺には君がいないとだめ」「愛してる」「僕には君しかいない」と伝えて、彼女の母性本能をくすぐり、自分から離れていかないようにする例もあります。

束縛彼氏のエピソード内容

最後に、束縛彼氏を持つ彼女のエピソードの内容を見てみましょう。束縛彼氏は、どんな内容のエピソードがあるのでしょうか?

束縛彼氏のエピソード内容①スマホを壊される

束縛彼氏を持つ彼女の中にはスマホを壊されたエピソードを持つ人が多くいます。スマホのチェックをして、他の男を取っていないか確認するのが束縛彼氏がよく取る行動ですが、もし他の男と連絡を取り合っていたり、その内容が例えば仕事の内容でも親密に感じられたら怒ってスマホを壊すのです。

束縛彼氏のエピソード内容②飴と鞭を使う

束縛彼氏の中には、飴と鞭を使い分けているというエピソードがあります。例えば「好き」「愛している」「君はすごく素晴らしい人だよ」と言いながら、自分が気に入らないことがあると「最悪の女だ」「信じられない」「こんなにひどい人間は初めてだ」というようにけなしてくるのです。彼氏の言葉の内容に傷つく女性も多く、束縛彼氏と付き合ったあとは他の男と付き合えないと思う人もいます。

束縛彼氏のエピソード内容③別れたあと復縁を迫られる

束縛彼氏こそ、彼女への依存度が高いケースが多いです。そのため、別れた後も復縁したいと迫ってくる束縛彼氏のエピソードはよく聞かれます。「やり直してくれないなら、もう自分はだめだ」「君の人生を壊してやる」というように脅すような内容で復縁を迫るエピソードもあるため、束縛彼氏とはなるべく円滑に別れられるように方法を考えた方がいいでしょう。

束縛する人か心理テストでチェックする

心理テストで独占欲の強さを見てみましょう。

あなたは独占欲が強い方ですか?それとも、ほとんど独占欲がないタイプでしょうか?
自分では「彼氏を独占したいなんて思ってないよー」「標準かなー」と思っていても、実は周りから「いやいや100%独占欲でできているでしょ」と思われているかもしれません。

自分の独占欲の強さって、なかなかわからないものですよね!
そこで今回はひとつの質問に答えて、あなたの独占欲をパーセンテージで診断しちゃいます!

「あなたの独占欲度チェック診断」は簡単にチェックできるので、お友達や彼氏と一緒に楽しんでみてくださいね。

独占欲を診断する心理テストの質問は贈り物に関すること。
実は風水でも、贈り物には相手を縛る呪術的な意味があると言いますが、あなたも知らず知らずにやっているかも・・・・?

★こちらの記事をチェック:【心理テスト診断】独占欲が強い?あなたの独占欲度チェック(by yuichannel)

まとめ

束縛する心理に対して、どうしたらいいのか悩む時もあるでしょう。でもこれには理由がある場合が多いので、相手を理解してあげるようにしたいところ。
どのような思いで束縛をしているのかな…と、相手の立場になって考えると、見えてくることもあるはずです。

彼女側に問題があったかもしれないので、自分の行動についても見つめ直す時間を持ったうえで、彼氏を大切にしてあげるようにしたいですね。