ラブレターの書き方♡一目惚れした好きな人へ女からの手紙の渡し方は?

ラブレターの書き方♡一目惚れした好きな人へ女からの手紙の渡し方は?

ラブレターを書いたことはありますか?一目惚れした好きな人に手紙を書こうとしても「ラブレターの書き方がわからない」「女から渡すのはあり?」「一目惚れしたとき手紙の渡し方は?」と気になることがたくさんでてきます。そこで今回はラブレターの書き方から例文、女からの手紙の渡し方など失敗しないポイントをご紹介します!

ラブレターの書き方のポイント!長文にしない

ラブレターの書き方で、まず大事なポイントとして挙げられるのは、長文でラブレターは書かないということです。

相手への思いを伝えるのですから、むしろ長文の方が良いのでは…と思う人もいるかもしれません。ですが、結論から言ってしまえば、長文のラブレターほど「重い」ものはないものです。

重い告白は、相手をときめかせるどころか逆に引かせてしまう原因にもなります。例えば相手が全く自分のことを知らない人だった場合、急にラブレターで長文のラブレターで告白をしてきて、相手はどう思うでしょうか。

正直、嬉しいと思う人は少ないでしょう。いきなり便せんが何枚にもなった長文のラブレターを渡されるわけですから、ちょっとストーカーされているような恐怖感を覚えるのではないでしょうか。

だからこそ、ラブレターの書き方は何文かで完結するような短いものであることが望ましいのです。言いたいことだけを丁寧に、端的に伝える、ラブレターの書き方ではこのポイントを絶対に外さないようにしましょう。

一目惚れして渡す手紙のレターセットはシンプルなものを選ぶ

一目惚れして渡す手紙のレターセットはシンプルなものを選ぶ

一目惚れした好きな人へ手紙を渡すとき、ラブレターのレターセットの選び方にも困る人は多いでしょう。相手は男性ですから、あまりにも女性っぽいデザインのものをチョイスしてしまうと、相手が受け取りにくく感じてしまうのは事実です。

そのため、なるべくシンプルなものを選ぶように心がけましょう。ただ、それでもシンプルすぎると今度はむしろ感情が伝わりにくくなってしまい、どこか冷めた印象にも繋がってしまいます。

そのため、基本的にはシンプルなものというベースは保ちつつ、ちょっとしたワンポイントや、少しの小花柄が入っている程度のものが一番望ましいでしょう。女性らしさも少しアピールすることができます。

一目惚れした相手へのラブレターの書き方の秘訣♡自己紹介は短め

一目惚れして相手が自分のことを知らない場合のラブレターの書き方は、告白する前に一言自己紹介が必要になるでしょう。いきなり「好きです」では、ちょっと失礼にもあたりますからね。

ただ、自己紹介をする際は、なるべく長々と自分のことを語りすぎないよう、ラブレターの書き方では注意しましょう。これも前述した「長文にならないこと」に通じますが、いきなり自分のことを語られるのは正直言って重いからです。

自分の名前、職業、年齢くらいで問題はないでしょう。相手に自分のことを知ってもらいたい気持ちは分かりますが、告白する前から相手を引かせてしまう書き方では、せっかくのラブレターも台無しになってしまいます。

ラブレターの書き方の例文:相手を好きになったきっかけや理由を伝える

ラブレターの書き方がわからないときは、例文を参考にするのもいいでしょう。
ラブレターの書き方としては、「好きです。付き合ってください」などの端的なものでも良いのですが、より自分の気持ちを真剣に伝えるのであれば、相手を好きになったきっかけや理由についても軽く触れておきましょう。

どんなときに相手を好きになったのか、どんなところが好きなのかなど、できれば例文を参考にしつつ、相手が読んで嬉しいと思えるようなことを添えておけるのが一番ですね。

好きなところを伝える例文として、次のようなラブレターの書き方があります。

「いつも挨拶してくれるときの笑顔がとても好きです。良ければ付き合ってください」
「いつも一生懸命仕事を頑張っている姿が、とてもカッコいいと思っていました」

など、相手の魅力について触れておくとラブレターの書き方として良いでしょう。

ラブレターの書き方で重要なのは連絡先を書くのを忘れないこと!

ラブレターの書き方で重要なのは連絡先を書くのを忘れないこと!

ラブレターの書き方で一番重要なのは連絡先です。意外とうっかり忘れてしまう人も多いのですが、相手が自分のことをよく知らない人、一目惚れした人に渡す場合は、絶対に連絡先を最後に書いておくのを忘れないようにしましょう。

思いを伝えることに必死になってしまって、ラブレターが書けたことで満足してしまい、そのまま自分の名前のみで終わらせてしまうと一目惚れした相手から返事はきません。

せっかく相手が「こんなに丁寧に告白してくれるなら、付き合ってみようかな」と前向きに考えてくれても、連絡先がないのではあまりにももったいないですよね。そのせいでチャンスを失わないよう、連絡先を書くのを忘れるのだけは絶対に避けたいところです。

一目惚れした相手へ女から手紙の渡し方は直接渡すこと

ラブレターの書き方をマスターしたら、次に一目惚れした相手へ女からの渡し方は何がいいかチェックしていきましょう。
一目惚れした相手にはあなたの顔は知られていないので、手紙の渡し方としてはまず声をかけるのが重要です。

「恥ずかしい」「振られたらどうしよう」と不安になっていると、一目惚れした相手に声をかけても声が小さいから聞こえないということがあるでしょう。思い切って、大きな声で呼びかけてください。

手紙の渡し方でもうひとつ大切なのは「これ…」とだけ言って渡さないことです。「これ」と手紙を渡されても、一目惚れの人は何が何だかわかりません。怪しい女からもらったという印象を少しでも減らすために「好きです。よかったら読んでください」と一言添えるようにしてください。

手紙の渡し方で一番気をつけなければいけないのは、無言で近寄って、手紙を押し付けて逃げることです。これでは一目惚れした相手も「怖い女から手紙をもらった」と思って捨ててしまうかもしれません。
勇気を出して、手渡しましょう!

まとめ

いかがでしたか?今時ちょっと古風な告白方法の一つ・ラブレターですが、手紙というかたちをとることで、正確に、丁寧に気持ちを伝えることができるのは大きなメリットになります。どうしても直接言うのは緊張してしまう…という人は、あえてラブレターという補法を取るのもありかもしれませんね。

そしてラブレターを書く際には、ぜひ以上のポイントに気を付けてみてくださいね。ポイントを押さえれば、ラブレターというかたちで、きっと真剣な気持ちが伝わる素敵な告白ができるはずですよ。

関連記事ランキング