どうすればいい?凶方位に移動するときの対処方法

引っ越しや旅行などをした後で、なぜか良くない事が続く、何をやっても上手くいかない、気分がすぐれないなど、聞いたことありませんか?
科学では解明されていませんが、方位には人の運命に大きな影響を与える力があると言われています。

できることなら凶方位への移動は避けたいところですが、進学・転勤などでやむを得ず凶方位に引っ越しをしなければならない場合や、出張・修学旅行などで凶方位に行かなきゃいけない場合があります。
また、凶方位だと知らずに移動してしまった方もいらっしゃるでしょう。

引っ越しで受ける方位の影響を完全に防ぐのは不可能だと言われていますが、何もしないよりは対処をしたほうが気分も違います。
この記事では、引っ越しや旅行などで凶方位に移動せざるを得ない、してしまったときのための対処方法についてご紹介します。

 

◎凶方位に引っ越しするときの対処方法

 

○方位除けの祈願をする

引っ越しが決まったら近くの神社へ「方位除け」の祈願に行き、少しでも方位の作用が軽減するように神様にお願いしましょう。
いただいたお札は新居の神棚に納めるか、神棚がない場合は目より高い位置で失礼にならない場所に納めましょう。

 

○引っ越しを機会に荷物の整理

引越しを機会に不要な物を整理して、少しでも良い気を取り入れられるようにしましょう。
物をたくさんため込むと、良い気が入ってこなくなります。

 

○日当たり、風通しの良い物件を選ぶ

住む家(寝る場所)もとても大事です。
家相の良い物件を選べればそれに越したことは無いのですが、賃貸で完璧な物件はまず見つからないので、なるべく日当たりや風通しが良く、住み心地の良い物件を選ぶようにしてください。

 

○引っ越し前に徹底的に新居の掃除

出来れば荷物を入れる前に、家の中を徹底的に拭き掃除してください。
特に賃貸や中古物件の場合、前に住んでいた人の気が残っているので、その気を拭き取るつもりで丁寧に水拭きすることをおすすめします。

 

○住み始めてからも掃除、整理整頓

住み始めてからも、家の中をいつもきれいにするように心がけましょう。
特に玄関と水回りが汚れていると悪い気がたまりやすいので、掃除と整理整頓をこまめにしてください。

 

○方違えする

可能ならば、引っ越し前に一度吉方位に仮住まいし、2~3ヵ月滞在してから本来の目的地に移動するという方法を取れば、凶作用を抑えられるとされています。
この場合は、現住所→仮住まいの地、仮住まいの地→新居、両方とも吉方位であることが条件です。

 

○コツコツ吉方位旅行

方違えができれば良いのですが、現実には時間的にも費用の面でも難しいと思いますので、その場合はこまめに吉方位へお出かけすることをおすすめします。
温泉に入るとさらに効果的です。

コツコツ「吉の貯金」をして、良い運気を補いましょう。

 

○なるべく明るくポジティブを心がける

凶方位に行くからといって、むやみに怖がったり心配しすぎたりするのも精神的に良くないので、できる限りの対策をして、あとはあまり気にしないほうがいいです。

凶方位の影響は、心の持ち方でも違ってくるので、なるべく明るくポジティブを心がけましょう。

 

関連記事

2018年に避けるべき凶方位とは?~『三大凶方位』と『九星別凶方位』

2018年 九星別吉方位【一白水星、二黒土星、三碧木星】

2018年 九星別吉方位【四緑木星、五黄土星、六白金星】

2018年 九星別吉方位【七赤金星、八白土星、九紫火星】

吉方位旅行のすすめ!開運アクションと方位別開運効果

関連記事ランキング