「彼氏に嫌われることを恐れるべからず!」がカップルで幸せをつかむ秘訣だった✨

「彼氏に嫌われることを恐れるべからず!」がカップルで幸せをつかむ秘訣だった✨

片思い中は、「どうしたら彼と付き合えるかな…」という悩みでいっぱい。
でも、いざ付き合えることになっても、別のことで悩む女性は多いと思います。

「彼の一番になりたい、自分のすべてを知ってほしい。けど、嫌われるのは怖い…
そんな気持ちになったことがある方は、多いのではないでしょうか。

今回はそんなお悩みを持つ女性陣に向け、解決する秘訣をご紹介したいと思います💡
彼との幸せを長続きさせるには、どうすべきなのでしょうか?
これは私の実体験も交えた内容ですが、周囲の女子にもいろいろ意見を聞き、まとめたものとなっています。
よければ参考にしてみてくださいね☆

💗不安なこと、嫌だと感じることは早めに話そう

不安なこと、嫌だと感じることは早めに話そう

現在、付き合っている彼氏に不満はありませんか?
もしくは、不安に感じていること、嫌だなと感じることはないでしょうか?
もし思い当たる方は、なるべく早く話し合ってみましょう。

実は、時間が経過するほどそのマイナス感情は表に出やすくなります。
知らず知らずのうちに表情や態度に出てしまい、彼を不快にさせたり不安にさせる可能性があるんです💦

彼には直接話しにくいことは、友達に相談してしまいがち。
でも、その癖がついてしまうと、彼との関係はいっこうに変化することがありません。
前進しなくなってしまうんです💦

「あとで話そう」「今は機嫌が悪そうだからやめよう」…なんて後回しにしていると、
ストレスは溜まる一方。
そのうち感情が爆発し、取り返しがつかない状態になる危険性があります⚡

自分ひとりの問題と考えず、彼氏との問題であることを自覚しましょう。
そして悩みを共有し、良い方向にいく解決策を見つけることが大切です💡

話し合う習慣が身につけば、お互いのことをより深く理解できます。
そして距離も縮まり、言いたいことを言い合える関係に♡

💗意見を積極的に聞く、そして意見もしよう

意見を積極的に聞く、そして意見もしよう

自分が抱えた不安や悩みを彼氏と共有することも大切ですが、
彼氏が抱えている不安な気持ちや心配事も積極的に聞き入れましょう!

彼が2人の関係をどう思っているか、どんなカップルになりたいかなど、意見を聞くことも大切です。
その意見を聞いたうえで自分の感じたことも伝えると、2人の幸せが見えてきます。
一方的に言う、または一方的に聞く、という関係はひとりよがりになりがち💦
意見交換が大事です💡

よくあるのが、彼氏の好みに合わせて自分は我慢するという彼女。
ある程度は上手くいくかもしれませんが、幸せな時間は長続きしないことが多いです。
自分の気持ちを伝え、彼の気持ちを理解し、お互いの存在の大切さを感じてください☆

💗彼氏に嫌われるかも…にとらわれないで進もう

彼氏に嫌われるかも…にとらわれないで進もう
彼氏に自分の感情をぶつける、本音を伝えるのは勇気が要りますよね。
やはり気になるのが「嫌われたらどうしよう…」というマイナスな感情だと思います。

しかし、実はこの感情が2人の関係を悪くする可能性があるんです💦
好かれようと自分を取り繕う、遠慮するという行為は、いつの間にか彼氏にも伝染します。
お互いに我慢し合う関係になってしまうと、距離を縮めるのは難しくなってしまいます⚡

嫌われることを恐れない。
嫌われることより、2人の関係を良くしたいという気持ちをぶつけたほうがいい!

そんな前向きな姿勢が大事です💡

勇気をもって気持ちを伝えると、ケンカにならず、彼が自分を見直してくれることがあります。

 

過去に付き合っていた5つ年上の彼は、私が本当に好かれているか自信がないと正直に話すと、
「そういう不安はすぐ俺に言って。2人の問題は2人で解決するものだから」とあっさり言ってくれました。

年上の彼氏だからと、無理に大人ぶった態度で過ごしていた20代の私。
背伸びをし、ワガママも言えない状態が続き、限界に近いときのお話です。
呆れられるかも…嫌われるかもしれないと思っていたので、拍子抜けしました💦

年齢や勝手な思い込みで遠慮をしたせいで、そのときの彼は私に壁を感じていたそうです。
素直な気持ちをぶつけて、距離がぐっと近づきました!

嫌われたくないから○○しない、といった行動をやめると、案外良い結果が生まれると思います✨

💗彼氏と私は違って当たり前だと割り切ろう

彼氏と私は違って当たり前だと割り切ろう

彼氏と話し合ったり、理解しようと努力したりするうちに、自分との違いが見えてきます。
完全に同じ考えの人間はいませんし、違いがあるからこそ魅力的でもあると思います。

大事なことに対する価値観の違いはちょっと問題かもしれませんが、
小さな違いは割り切って考えることも大切💡
「私とは違うけど、そういう見方もあるんだなぁ」と受け入れると、不安な気持ちも軽減すると思います。

たとえば、

  • 彼からの連絡頻度が少ない
  • デートの回数が少ない
  • 「好き」と口に出して言ってくれない

などなど、自分はしているのに、彼氏からはしてもらえないことってありますよね?

女子は、「自分の好きの気持ちの方が大きい…」「あまり好かれてないのかも…」
などと不安になりがちですが、それはただ単に考え方が違うだけで、あまり大きな意味はないことが多いです。

  • 彼は電話やメールが苦手、面倒なタイプ
  • 仕事が忙しくてデートの暇が作れない
  • 「好き」「愛してる」などのセリフは恥ずかしすぎて絶対言えない!

など、彼なりの理由があるはずです。
気になる場合は話し合う必要があるでしょうが、
多少のことは「人間が違うから仕方ないか」と割り切ることも大切だと思います💡

関連記事

彼氏がずっと途切れない!「男運」がいい女性の特徴4つ

彼の気持ちを取り戻す方法とは?別れる前に離れる彼氏の気持ちを引き...

一人暮らしの彼氏の家に初めてのお泊りデート!絶対に準備しておきた...

彼氏に愛されるためには?"愛され彼女"から学ぶ、彼氏に愛される女...

もう何もしたくない…失恋したあとに立ち直る方法♥

関連記事ランキング