デキる女が覚えておきたい言葉遣い5選✨大人の男性を魅了してみて💗

デキる女が覚えておきたい言葉遣い5選✨大人の男性を魅了してみて💗

言葉遣い1つで、人の印象は大分変ります。
敬語や丁寧な言葉遣いをする女性は素敵に見えますし、目上の方にはデキる女の称号をもらえます✨
もし会社で仕事がデキる大人の女性に見られたかったら、丁寧な言葉遣いを心掛けてみてください☆
年上男性や上司に好印象を与えることができます。
大人の男性のハートを掴みたい方にお伝えする、『デキる女が覚えておきたい言葉遣い』をご紹介します。

✨言葉遣い1:相づちするときは「はい」

言葉遣い1:相づちするときは「はい」
「はい」という相づちは当然だと思われる方もいるかもしれません。
でも、無意識のうちに「えぇ」「はぁ」など、ちょっと失礼じゃない?と思われるような相づちをしていることがあります。
他人に言われて「そうだったんだ!」と気付くような口癖ってありますよね?
相づち1つでも、言葉遣いの丁寧さは伝わるものです。

「はい」はいろいろなシーンで使えます。

誰かに呼ばれたとき、すぐに「はい」と反応すれば好感度アップ⤴
仕事の説明をされているときに、適度な頻度で「はい」と相槌をすれば理解していることをアピールできます。

効果的に使うポイントは、表情と声のトーンとタイミング💡
真剣な話をしているときは、相手の目を見て、やや低いトーンで「はい」と相づち。
目上の人の冗談交じりの話には、軽く微笑みながら明るいトーンで「はい」と受け答え。

ただ「はい」と返事をするよりは、その後に言葉を続けるとさらに◎
「はい、わかりました」「はい、そうですね」「はい、ありがとうございます」など一言プラスしてみましょう。
より印象的で丁寧な雰囲気が伝わりますよ💡

✨言葉遣い2:何か聞きたいことがあるときは「差し支えなければ…」

言葉遣い2:何か聞きたいことがあるときは「差し支えなければ…」
社会人になると、よくこの言葉を使うシーンに出くわします。
聞きにくいけど聞いておかなければ先に進めない。
相手を配慮したうえで、「差し支えなければ教えていただけますか?」とお伺いを立てる言葉遣いです。
「差し支えのない範囲で結構ですので…」と控えめに聞くことで、相手もこちらの意図を察してくれます💡

こちらから提案するときにも使えます。
予定を合わせるために、こちらの都合を伝えるとき、「差し支えなければ〇日はいかがでしょうか。」と尋ねます。
「〇日はどうでしょう?」とフランクに聞いても問題ない場合がありますが、丁寧に対応しておけば好印象に♪

この言葉遣いは、普段使っていないとなかなか出てこないワードです。
「問題がなければ」「もしよかったら」などと似た意味を持つ言葉ですが、丁寧度が違います。
どんな立場の相手にも使える言葉遣いなので、普段から使っておくとスラスラ出てくると思いますよ💡

✨言葉遣い3:言うの尊敬語「おっしゃる」

言葉遣い3:言うの尊敬語「おっしゃる」

デキる大人の女なら、当然使える言葉のひとつ。
尊敬語・謙譲語・丁寧語をきちんと使い分けて、相手に不快感を与えることなく会話することが大切💡
日常的に使う尊敬語の1つに、「おっしゃる」があります。

仕事上、上司や取引先、顧客などに使うことが多い言葉ですよね。
「言っている意味が分かりません」は相手を不快にさせるだけでなく、常識がない子どもの言葉遣いです⚡
「おっしゃっている意味が…」と少し濁した方が会話をスムーズにさせることがあります。

・おっしゃるとおりです。大変申し訳ございませんでした。
・〇〇様がおっしゃることはよく分かりました。
・先ほどおっしゃっていた〇〇の件ですが…。
・そうですか…〇〇様がそうおっしゃるなら、検討させていただきます。

上記のようなやり取りは、よく発生する流れですよね。
謝罪をするとき、内容を確認するときなど、「言っていた」より「おっしゃっていた」の方が丁寧です。
当然使いこなしていたい言葉遣いですが、改めて自分の発言を見直すと、意外と使えていないことも多いと思います。
日頃から、「おっしゃる」を使いこなしていけば、自然と身につくはずです✨

✨言葉遣い4:断りたいときは「せっかくですが…」と謝罪の気持ちを込めて

言葉遣い4:断りたいときは「せっかくですが…」と謝罪の気持ちを込めて
「せっかくですが…」という言葉も、何かを断りたいときに欠かせないワード。
大人の女なら、当然のように使っていたい丁寧な言葉遣いだと思います。
ストレートに断るよりも、一度クッションを入れてやんわり断りたいときに便利な言葉です。

・「せっかくお誘い頂いたのに申し訳ありません」
・「せっかくですが、お気持ちだけ…」
・「せっかくのお申し出ですが、今回は遠慮させていただきます。是非またの機会に」

このような断り方をされれば、誘った相手も嫌な気持ちになりにくいです。
社会人になると、いろいろな誘いが増えます。
でも、どうしても行けない・行きたくないことがありますよね。
ちょっとズルい考えですが、表情を曇らせるなどの演技をしつつ、「せっかくですが…」と断ることで、気まずくならずにすみます◎

✨言葉遣い5:贈り物を渡すときは「心ばかりの…」

言葉遣い5:贈り物を渡すときは「心ばかりの…」

誰かに贈り物をする、手土産を渡すときに、みなさんはどんな風にしていますか?
「つまらないものですが…」という言葉も間違いではありませんが、ちょっとありきたりすぎますよね。
それに代わる言葉として、「心ばかりの…」というワードがあります💡

・手土産を持参して渡すときに「心ばかりの品ですが、お受け取りください」
・郵送などで何かを渡すときに「心ばかりの贈り物をお届けしましたので…」

こんな言葉遣いで渡してみると、相手は「謙虚な人だな」と思ってくれます。
日本人は謙遜の言葉を使うシーンが多く、つい定番の言葉に頼りたくなります。
文「心ばかりの…」という言葉遣いひとつで、謙遜し過ぎず、あたたかい印象を与えることができます♡

関連記事

遠距離恋愛中の彼氏が彼女に言われて嬉しいセリフ6選

仕事中でも邪魔にならない!彼が喜ぶメール・LINE集

たれ目女子やベビーフェイス…!モテる女性に共通している顔の特徴と...

「痛い女だな…」男性が遠ざかっちゃう会話パターン5選

いちいち可愛い♡疲れた時に会いたい!癒される女性が好きな男性心理

あそこが臭い原因は?あそこの悪臭を抑える石鹸とデリケートゾーンお...

    

関連記事ランキング