ちょっとだけ「いいもの」を選ぶ❤︎美人になれる買い物4つのコツとは?

ここ数年間で、私たちの身の回りには「安くて、トレンドのデザインで、それなりに質の良い」ファションアイテムを買えるお店や手段がぐっと増えました。
けれど、安物買いの銭失いということわざがあるように、「安いから」「なんとなく可愛かったから」という理由だけで買いそろえた結果、クローゼットがパンパンに……という方、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、安く買える時代だからこそ身につけておきたい、ファッションアイテムとの付き合い方や無駄買いを防ぐ買い物のコツについてシェアします。

 

選ぶ基準を明確にする

「私らしいファッション」を楽しむためにまず、洋服を選ぶ基準をあなた自身の中ではっきりと明確にさせることが大切です。いま流行りのアイテムが必ずしも、あなたのことを魅力的に演出してくれるものとは限りません。

洋服を選ぶ基準を明確にするためにはまず、あなたがすでに持っているアイテムをベーシック、ガーリー、クール……のように、系統ごとに振り分けていきましょう。

すべて振り分け終えてみると、「使えないと思っていたけれど、意外といろんなコーディネートに使えそうかも」「あれ、こんなパンツ買った……?」などと、さまざまな発見があったかもしれません(笑)。

個人的には、洋服の系統はできる限り「ベーッシックアイテムが多いなら、ベーッシクアイテムで揃える」「ガーリー系が好きなら、ガーリー系だけにする
などと、自分の洋服の系統を1〜2種類までに収めるようにすることです。
そうすることで、手持ちの洋服の着まわし力が上がりますし、「タンスの肥やし」対策にもつながります。

 

買う基準を明確にする

クローゼットのお洋服をすべて系統ごとに振り分け終えたら、つぎに「あなたがなりたい姿」をイメージしてみましょう。

  • 絶対に必要なもの(スーツ、パーティードレス、プレーンなベージュのトレンチコートなど)
  • あなたが欲しいもの(シルクのスカーフ、トレンドの肩あきトップスなど)
  • あなたが目指したいテイスト(クール、シンプル、エレガントなど)

イメージをする際にすこし意識してほしいのが、あなたの目指したいテイストやアイテムは「本当にあなたをより一層あなたらしく演出してくれる」ものかどうかということ。

学生時代は、ついついセールやプチプライスのアイテムを「大人買い」することでおしゃれを楽しんでいたという方も多いのではないでしょうか。もちろん、私もその1人ですし、今でもそのようなお店を覗く機会は多々あります。

けれども、セールやプチプライスで購入したアイテムって、以外とすぐに飽きてしまい、ほとんど袖を通すことなく捨ててしまった……という経験も少なくありません。
本当に欲しいと思っていたアイテムが安く買えた場合は別ですが、衝動買いの多くはアイテムを気に入って買ったのではなく、「安かったから」買ったということがほとんど。そのことに気がついた途端、私は自然と衝動買いをすることが少なくなったように思います。

「この素材に、この値段は見合っているのかな?」
「このコート、2〜3年は着ることができるかな?」

アイテムを1つずつ時間をかけて厳選していくからこそ、「ものを大切にする」という意識が高まるのではないでしょうか。5000円のバッグを10個買うよりも、5万円の仕立ての良いレザーバッグ1つを大切に使う方が永く使うことができます。それに、あなたの気分もグッと上がるはずです。

もちろん、値段が高いものがすべて良いというわけではありません。けれども、あなたのことをより一層美しく演出してくれるよう小物を、1つずつ吟味する習慣を身につけていきましょう。

 

「おしゃれは足元から」は本当だった

ここで、少しだけ私のお話をさせてください。
私は昨年、(セールではありましたが)あるイタリアブランドのヒールを購入しました。正直、購入するまでは「セール価格とはいえ、どうしてここまで高いんだろう……」という気持ちがありました。

けれども、実際に履いてみるとあまりの歩きやすさに感動! それに、程よく脚に馴染む色合いやヒールの形のあまりの美しさに、我ながら惚れ惚れとしてしまったのです。
購入してから半年ほど経ちますが、「きちんと吟味して買った靴だから、綺麗に履こう」と意識するようになり、より女性らしい所作を意識するようになりました。

サイズの合っていない靴を気にしながら歩く、ヒールがすり減ってカツカツと音を立てながら歩く女性は、他のアイテムがどれだけおしゃれであったとしても、どこか「残念」に感じてしまいます。

そう、男女ともに1番見られていて、あなたの人となりが表れるのが足元なのです。お洋服の場合には、ファストブランドであっても「高見え」にすることができますが、シューズはごまかすことがなかなか難しいアイテム。だからこそ、シューズが素敵なものであればあるほど、コーディネートを格上げしてくれます。これまでプチプライスのシューズを選んできたという方はぜひ一度、「ちょっといい靴」に手を伸ばしてみてはいかがでしょう。

シューズ選びをする際は、自分の足に「ぴったりと」合っているか、あなたの脚をより美しく演出してくれるデザインか、手持ちの洋服との合わせやすがポイントになります。また、あなたの心がときめくかどうかも重要な決め手となります。
いちど、専門店のスタッフに足のサイズを測定してもらい、あなたの「正しいサイズ」を見てもらうのもおすすめです。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

Connie

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント『レディのたしなみ』を発信しています。