デートしてもなぜか進展なし・・・その原因と対処法

デートはするのに、なぜかその後進展しない・・・
付き合いたいと思っているのは私だけ?そんな経験はありませんか?
そんな、デートしても進展がない原因・デート中のNG行動をご紹介します。

◆相手を楽しませるという意識がない

デートをする上で、まず「楽しませてほしい」という気持ちが先行していませんか?
相手に楽しませてもらうよりも、自分が相手を楽しませようと思う気持ちが大切です。
まず、相手に何かをしてもらうことばかりを考えていると相手の良いところを探すよりも、期待していたことを相手がしてくれるかどうか、で判断してしまいます。
そうなると、1つでも自分の思い通りにいかなかった時に、相手のことを「ナシ」だと判断してしまいます。
それよりも、相手がデートを楽しんでくれるためにはどうすれば良いかな?と考えてデートをする方が何倍も楽しいデートをすることができるのです。

◆デート中のトラブルに対して不満気な態度をとる

せっかくのデートでも自分が想像していた通りの行動を相手がしてくれず、相手のふとした行動が気に入らなければそれを態度に出してしまう女性がいます。
例えば、食事デートをする場合、お店の予約をしてくれているのが当たり前だと思っているのにも関わらず、お店の予約をしていないとします。
お店を予約していないとわかれば、少し不満に思うかもしれませんが、それでもその不満を態度に出すことはやめるべきです。
また、お店を予約していなかったことによって、行列に並ばなければならない場合でも、それを不満に思い、それを態度に出すのではなく、その状況をポジティブに変えることも大切です。
そのポジティブに考え方を変える方法は、行列に並ぶことが不満に思う場合は、待ち時間にたくさん話すことができて嬉しい、と思うことで少しはその不満も和らぐはずです。
また、自分の中での当たり前と相手にとっての当たり前は違うということを前提に考えることが必要です。
自分はこれをしてもらって当たり前、これをしてもらうのが普通、と考えていてもそれが相手にとっても同じとは限りません。
本当に気が付かずにできない場合や、女性の扱いに慣れていないような男性であれば、最初はできなくても、徐々にできるようになる可能性もあります。
最初の時点で、切り捨ててしまうのはもったいないことなのです。
どんなデートでも、まずは自分が相手を楽しませる気持ちと、不満に思うことがあってもそれを態度に出さないことは、この先の2人の関係を築き上げる上でとても重要なことなのです。

関連記事ランキング