LINEで告白するのはあり?LINEで告白するメリットや成功する方法

LINEで告白するのはあり?LINEで告白するメリットや成功する方法

目次

恋愛でLINEは必ず使いますよね。告白もLINEでするという人もいるかもしれません。では、LINEで告白するとき、成功する方法とはどんなものがあるのでしょうか?また、LINEで告白されたときの返事は?断わり方は?気になるLINEの告白について、ご紹介していきます。恋愛に悩んでいる人は要チェックです。

LINEで告白するのは、あり?なし?

LINEでの告白は一般的には「なし」という意見が多いです。基本的に告白は直接言ってほしいという希望が多いため、できれば面と向かって告白するのがいいでしょう。ですが、「好きな人からだったらLINEでの告白もあり」という意見がもあるため、好きな人かどうかというのが、LINEでの告白がありかなしかを大きく左右するでしょう。

社会人になってLINEで告白するのはなし?

社会人になってLINEで告白するのはなし?

社会人になってからお互いの時間が合うこともなければ、告白はLINEで…と考える人もいるかもしれません。ですが、社会人こそ告白に対してシビアです。「大人なんだから面と向かって告白して」という意見が大多数。ですが、社会人だと遠距離恋愛の可能性も高いでしょう。出張先や海外赴任などあれば、LINEでの告白もありと言われています。

大学生、高校生、中学生ならLINEの告白はあり?

大学生、高校生、中学生ならLINEの告白はあり?

大学生、高校生、中学生と、学生間でLINEの告白はありでしょうか?なしでしょうか?一般的には「なし」と言われていますが、LINEで告白する人は多いようです。大学生も高校生も中学生も、LINEで話しているときのノリで「付き合う?」という流れになることも。好きな人であれば、そのまま交際に発展することが多いです。できれば直接言ってほしいけど、勇気が出なくてLINEで告白してしまったというケースもあります。

LINEで告白するメリット・デメリット

LINEで告白する人も最近は増えてきています。直接伝えるのではなくLINEで告白するメリットとデメリットをご紹介しますので、告白の仕方に悩んでいるのなら、メリットとデメリットを参考に考えてみてくださいね。

LINEで告白するメリット

LINEで告白するメリット

まずはLINEで告白するメリットから!

★好きなタイミングで告白できる

LINEで告白すると自分の好きなタイミングで告白することができます。直接会って伝える場合、事前に呼び出す場合は場所や時間を決めなくてはいけません。また、2人っきりになるタイミングがきたら告白するとしても、いつチャンスが訪れるかはわかりません。

その点LINEでの告白は文章を考えておいてあとは好きな時に送るだけなので、タイミングで迷う必要はありません。

★焦らずに気持ちを伝えられる

告白するときに本人を目の前にすると緊張してしまい、言いたかったことの半分も言えないなんてことありますよね。しかし、LINEでの告白なら事前に文章をじっくり考えて、送信するだけ。気持ちをしっかり相手に伝えられるのもLINE告白の大きなメリットです。

★相手に考える時間がある

直接会って告白すると、その場で返事をしなくてはいけない雰囲気になりますよね。しかし、LINEで告白すれば、相手からしてみるとすぐに返事をしなくてもじっくり考える時間を設けることができるのです。

 

LINEで告白するデメリット

LINEで告白するデメリット

メリットがあるLINEでの告白ですが、もちろんデメリットもあります。続いてはLINEで告白するデメリットをみていきましょう。

★返事を待つ時間がツラい

メリットで紹介した通り、相手からするとLINEで告白された後しっかり悩む時間がありますが、告白する側からすると待つ時間が長く感じます。

いつもなら返事が早いのに、既読ついてからしばらくスルーされたり、なかなか既読がつかいないことでモヤモヤしてしまうのです。

★スクショされたり他の人に見られる

LINEでの告白は「メッセージ」として送信するので、形として残ってしまいます。友達にスクショして送信されてしまったり、付き合った後もずっとスクショを大事に保存されたり、いつまでも形として残ってしまいます。

思い出として残るのはいいかもしれませんが、失敗したときや恥ずかしいセリフがずっと残ってしまうのはデメリットといえるでしょう。

★気持ちが伝わりきらない

文章だと好きという気持ちが伝わりきらないというデメリットもあります。一生懸命文章を考えたけど、その文章で相手に100%気持ちが伝わるとは限りません。

直接会って告白すると、表情や声のトーンなどで本気度が相手に伝わりますが、LINEでの告白は本気度が伝わりづらいのです。

女子からLINEで告白!成功する秘訣は?

女子からLINEで告白!成功する秘訣は?

ここまでLINEで告白するのはありかなしか、LINEで告白した場合の返事の仕方などを紹介してきましたが、それでは無事に告白が成功する方法はどんなものか、チェックしていきましょう。

文章をしっかり考える

LINEでの告白で成功する方法で第一に抜かしてはいけないのが、文章です。LINEは文章やスタンプ、絵文字でのやりとりになります。相手に好きと伝えるためには、必ず文章でなければいけません。いきなり「好きです」と送っても、相手からしたら「突然どうした!?」と驚かれてしまうでしょう。

必ず前置きの文章を入れて、「いきなりで驚くかもしれないけど、大事な話があるんだ」と送ってから、相手の反応を窺いましょう。真剣な様子で「どうしたの?」「何かあった?」と聞かれたら、「実は前から好きだったんだ」と告白していきましょう。

告白の流れが重要

LINEでの告白で成功する方法として文章が大事と紹介しましたが、文章さえよければOKというわけではありません。告白する流れも重要です。それまで馬鹿話をしていた流れで、いきなり「好き」と伝えても相手は本気に受け取られないでしょう。

また、真剣に切り出しても相手がふざけている様子であれば、あまりよい流れとは言えません。もしかすると向こうはお酒を飲んでいるかもしれません。流れが悪いなと思ったら仕切り直すことも必要です。

 

LINEで告白するときのNGパターン&注意点

LINEで告白するときのNGパターン&注意点

LINEでの告白で成功する方法をお伝えしましたが、失敗する可能性がゼロとは言えません。告白が失敗したくない人はNGパターンを行っていないか、要チェックです。

スタンプのみでの告白はダメ

絶対にLINE上でスタンプひとつで告白を済ませてはいけません!「ずっと好きでした」とLINEで告白したあとに、ハートのスタンプなどを送るのはOKです。でもLINEで告白する際にスタンプだけで告白するのは「LINEで絶対にやってはいけない告白パターン」になります。

告白だと思われない遠回しな表現はNG

会話の流れで「そういうところが好き♡」「付き合っちゃう?笑」など、あいまいな表現で告白するのはやめましょう。特に冗談っぽい告白だと軽く流されてしまったり、冗談だと思って「お前だけは無理だわ~笑」と返されてしまい傷つくことになるかもしれません。

雑な告白だと思われないようにする

LINEでの告白は最初にご紹介した通り、相手からすると「直接が良いな」「LINEで告白かよ」と思ってしまうこともあります。なので、雑な印象を与えないようにすることが大切です。
「直接伝えたかったけど面と向かってだとちゃんと気持ちが言えない気がして…」など、一言入れるといいかもしれません。

LINEで告白したときの脈あり・脈なし返事

LINEで告白したときの脈あり・脈なし返事

LINEで告白した場合、文字でしか相手の反応が見られません。そのため、「これは脈ありなの?脈なしなの?」と判断に迷うような返事の仕方をされることがあるでしょう。LINEで告白したときの返事から、脈ありか脈なしか判断してみましょう。

LINEで告白したときの脈ありの返事

LINEで告白したとき「しばらく考えさせてほしい」と言われた場合、脈ありの可能性が大です。考えたいということは、「この告白は本気なのかどうか?」を判断したいと考えています。文字での告白はからかわれているかもしれないと、相手は疑います。なので、「考えたい」と言われたときは顔を合わせたときに「告白の返事を待ってるね」と一言伝えておくといいでしょう。

LINEで告白したときの脈なしの返事

LINEで告白したとき「ごめん」としっかり断られたときや「冗談でしょww」と笑い話にされたときは、脈なしと判断しましょう。少しでも相手に好意があるときは、一旦返事を保留にするか少なくとも相手に嫌われるような断り方はしません。

 

LINEで告白されたときの返事の仕方

LINEで告白されたときの返事の仕方

最後はおまけとして…もしあなたがLINEで告白された場合について。LINEで告白されたときの返事の仕方をご紹介します。

LINEで告白されてOKなときの返事

まずは告白されたとき、OKの返事をしたい場合です。LINEで告白されて、自分も付き合いたいと思ったら、焦らすことなく「私も好き!」「付き合おう!」と返事するようにしましょう。

文字だけのやりとりなので、「本気?」「冗談でしょ?」「からかってるでしょ?」と疑うような行動を取れば、相手は怯んで「冗談だよ~」と流してしまうかもしれません。付き合いたい時の正しい返事の仕方は、ストレートに素直に「好き」と返すことです。

LINEで告白されたときの断り方

次に、LINEで告白されたときの断り方です。LINEだと相手の顔を見れないため、断り方にも迷いますよね。断り方によっては相手を傷つける可能性もあります。

LINEで告白されたときは、まずはっきりと「ごめんなさい。お付き合いはできません」という返事の仕方がベストです。遠回しな断り方では相手に伝わらないこともあります。また、「私はあなたのことが嫌いです」という断り方も角が立つのでやめましょう。

相手との関係を壊したくない時は、「ありがとう。これからも友達でいようね」など、一言伝えるといいでしょう。ただし、「友達として好き」や「人として好き」という断り方では、「そのうち異性として意識してくれるのでは?」と期待を持たせてしまうのでNGです。

まとめ

今回はLINEで告白するとき、LINEで告白されたときについてまとめてみました。今どきはLINEでの告白もありとする人も多いですが、返事の仕方や断り方に悩む人も多いようです。また、「本気なのかな?」と疑われることも多いので、成功する方法としては告白の文章を考えたり、LINEの流れを読んだりする必要があります。告白して失敗しないように、この記事を参考に、素敵な恋を掴んでくださいね。