お風呂に入らない女性の心理&理由・4つ

お風呂に入らない女性の心理&理由・4つ

某女子アナや某モデルが“お風呂嫌い”を公言して話題になったことがありますが、お風呂は嫌いな女性って意外にも多いんだとか。その理由や心理が気になりますよね?そこで今回は、お風呂に入らない女性の特徴や理由についてまとめました!

midashi うつ病や副腎疲労によるやる気の低下

うつ病などの精神疾患があると、お風呂に限らず、歯磨きや着替え、洗顔さえ面倒だと感じてしまうそうです。この場合は、仕事や家事などにも大きく影響が出るため、発見しやすく、また理解しやすいことでしょう。ただし、うつの状態にあることに周囲が気が付いていない場合、だらしないだけではないかと責めてしまいがちです。お風呂に入らない日が続いたら、眠れているか、食事を摂っているか、服装が毎日同じではないか、なども含め確認するようにしましょう。仕事を続けている場合は、お風呂に入らないことで周囲に迷惑をかけている場合もあります。身近な人が職場へ確認し、仕事のミスなどが増えていないかなども聞いてみるとよいでしょう。

もう一つ、うつ病と誤診されやすい「副腎疲労」があります。副腎疲労というのは、とにかく疲れ切っている状態と考えてください。ストレス対処を行うホルモンなどを分泌する副腎が機能しないために、やる気が出なくなります。慢性疲労感がひどく、朝起きれないなどの症状が出やすくなります。副腎疲労であれば安定剤などの精神薬を使用しなくても、自然なホルモン剤や日常的な工夫で改善しやすくなります。

副腎疲労があると、やる気が出ないため日常的な動作が辛く面倒になってしまいます。普通の状態であればお風呂はそれほど苦痛ではありません。しかし、うつ病や副腎疲労などで意欲が低下してしまっていると、お風呂の手順ほど面倒なものはありません。

うつ病の場合は、食事すら億劫になってしまいがちなのですが、副腎疲労の場合は塩辛いものが食べたくなります。また、朝はひどく辛いのに、夕方以降は元気になってしまうのです。仕事へのやる気も低下しますが、仕事に行けないほどではありません。そのため、自分の身体への感覚が鈍化してしまっていることに気が付きにくいのが特徴です。

どちらの場合であっても、まずは心療内科などの受診を勧めてみましょう。本人が認めない場合は、食事を見直します。お菓子やジュースなどをやめ、野菜や肉などを食べるように勧めてください。
【引用】
お風呂に入らない精神状態をつくりだす2つの身体的な事情

関連記事

美の達人たちが必ずやってる事・綺麗になるための習慣

【婚活体験談】入会金アリで真剣度が高い?婚活サイト『エンジェル』...

【春の模様替え】色別・香り別開運風水のすすめ

シャイでも心配無用!パーティーや街コンで上手に振舞うためのヒント...

話題のスーパーフード!PART3・マキベリー編

あそこが臭い原因は?あそこの悪臭を抑える石鹸とデリケートゾーンお...

    

関連記事ランキング