街コン攻略!街コンでやってはいけないこと・アドバイスなどの攻略方法

街コン攻略!街コンでやってはいけないこと・アドバイスなどの攻略方法

街コンに参加するなら、街コンを攻略する方法をしっかり予習してから行きましょう!出会いの場である街コンでやってはいけないこと、街コンに参加するならやるべきことなど、攻略方法は色々あります。今回は街コンについて、やってはいけないこととやるべきこと、両方の面から攻略方法をご紹介していきます。

街コン攻略のために街コンとは何か知ろう!

街コンを攻略するためにはまず、街コンのことを知りましょう。街コンとは、地域のお店を巡るタイプの出会いの場です。
街コンが誕生した当初は、リストバンドなど「街コン参加証」のようなものを身につけて、指定のお店(複数店舗)を回っていくスタイルが主流でした。
今では、街コンといっても1店舗限定で、そのお店の中だけで行われる街コンスタイルの出会いも増えています。友達と参加するタイプの街コン、1人でも参加できる街コンなど、様々な種類が増えています。

ちょっと様式は変わりましたが、街コンの攻略方法に大きな変化はありません。さっそく、街コンでやってはいけないこととやるべきこと、それぞれの面から攻略方法を見ていきましょう。

街コンを攻略するときやってはいけないこと

まずは、街コンの基本的なルールややってはいけないことをご紹介していきます。「こんなの言われなくてもわかってる!」と思いがちの攻略ポイントですが、街コンに参加してるときは頭から抜け落ちてしまいがちなため、きちんとチェックしていってくださいね。

街コンでやってはいけないことその1:席移動はスムーズに行う

これは男性目線の攻略ポイントになりますが、街コンに参加するとき気をつけたいのが席移動です。
1店舗型の街コンでは男性がテーブルを離れて、席移動していく形になります。そこで席移動をスムーズに行わないと、次の人と話す時間が短くなります。なので、店員からアナウンスがあっても席移動しない男性は気が利かない人としてマイナスの印象になるので、街コンではやってはいけないこととして覚えておきましょう。

攻略ポイントとして、席移動の前に相手に印象に残しておきたいと思うなら「またお話したいです」ということと、自分の名前を告げるようにしましょう。

街コンでやってはいけないことその2:席についてすぐに別のお店に移動しない

複数店舗を巡る形の街コンの場合の注意点もチェックしておきましょう。ほとんどのイベントで、席についてすぐのお店移動は控えるように注意喚起しています。
たとえば、お店に入って案内された先にいた人が気に入らなかったとき「この人たちと話したくないなぁ」と思ったら、すぐに席を立ちたくなりますよね。ですが、席について時間も経たないうちに席の移動をされたら、誰だって嫌な気持ちになります。これは街コンでやってはいけないことです。
嫌な人でも最低30分、どうしても耐えきれなくても15分は我慢するようにしましょう。
着席してすぐに移動するのは街コンでやってはいけないことですが、例外として前のお店で話した人の場合、席の移動が認められます。

街コンでやってはいけないことその3:品定めはしない!

次に、街コンに参加したときにやってはいけないことを見ていきましょう。街コンに参加したとき、なかなかいい人に巡り会えないと感じたら、攻略方法が違っている可能性があります。
街コンに参加したときやってはいけないことは、品定めすることです。「この人はさっきの人よりも顔がいい」「この人の学歴はさっきより悪い」「この人の年収はこれまでで一番高い」など、チェックポイントごとに品定めしていく攻略方法は、街コンでは上手くいかないでしょう。
なぜなら、街コンでは多くの人と会う一方で、突出して「この人がいい」とずば抜けたタイプの人がいないからです。なので、他の人と比較して品定めし、一番いい人に出会う攻略方法を実践していると上手くいきません。

街コンでやってはいけないことその4:友達とばかり話す

街コンは2人1組で参加できるものが多く、友達と一緒に参加することができます。そのため、街コンでやってはいけないことの中には友達とばかり話さないことというのが挙げられます。
友達と一緒に参加することで街コンではスムーズにお話しできるというメリットもありますが、その反面、友達とばかり話してしまうというデメリットも含んでいます。もちろん、街コンにきて同じテーブルになった人ではなく、友達とばかり話すのはやってはいけないことです。同じテーブルにいる人もつまらないでしょう。
目的を忘れて、友達と楽しむことを優先しないように気をつけてくださいね。

街コンを攻略するときやるべきこと

街コンを攻略するときにやってはいけないことの他に、やるべきこともチェックしていきましょう。街コンではどのように行動するのがいいのでしょうか?

街コンを攻略するときやるべきことその1:自分から積極的に行動する

街コンを攻略するときやるべきことは、自分から積極的に行動することです。特に女性で多いケースですが、男性が行動してくれるから自分からは行動を起こさないということがあります。これは街コンではやってはいけないことです。むしろ、街コン攻略としては、自分から行動すべきです。
気になる人がいれば自分から声をかけたり、連絡先を聞いていきましょう。相手の出方を待っているだけでは時間だけが過ぎ、出会いには繋がりませんよ!

街コンを攻略するときやるべきことその2:連絡先は席を離れる前に聞く

街コンを攻略するときやるべきことは、連絡先の交換です。自分から積極的に行動することに繋がりますが、連絡先の交換はその場を離れる前にやりましょう。
たとえば席を離れている間に、相手がどこかへ行ってしまう可能性があります。その他に、トイレ中に席を移動するアナウンスがあるかもしれません。そうすると、連絡先の交換をする間もなく、また改めて連絡先を交換するタイミングを掴めないまま終わることもあります。
この人とはまた話したいと思ったとき、連絡先を聞くのが街コンの攻略ポイントとして重要です。

街コンを攻略するときやるべきことその3:名前をたくさん呼ぶ

街コンに参加したときは相手の名前をたくさん呼ぶのも、攻略ポイントです。名前を呼ぶのは、絶対にやるべきことになります。その理由は、名前を呼ばれるだけで相手に好印象を与えることができ、また自分の印象も強く残すことができるからです。
名前を呼ばれることで、相手にいい印象を与えることができるのは、短い時間でも自分の名前を呼んでくれた人のことは忘れにくいからです。また、名前を呼ばれることで親密感も得られます。
相手の名前を呼ぶことで、自分も相手の名前と顔を一致させて覚えることができるでしょう。街コンの攻略には相手の顔と名前を一致させて、終了後に連絡をとりやすいようにすることも重要です。相手の名前を覚えるためにも、たくさん名前を呼ぶようにしましょう。

街コンを攻略するときやるべきことその4:友達の助けを借りる

街コンでやってはいけないことに友達とばかり話すことを挙げましたが、街コン攻略のためには友達と一緒に参加することのメリットもきちんと生かしていきましょう。
お互いに気になる人がいるなら、その人と会うためのセッティングを友達同士で行うのが効果的です。気になる人に自分から声をかけられないなら友達の協力を得るといいでしょう。
また、お互いの欠点や弱点を補い合えるのも友達参加のメリットで、街コン攻略の重要なポイントです。話し下手の人なら話を盛り上げるのが上手い友達と行くのがベストですし、話は上手だけど自分を売り込むのが下手な人はフォローが上手い人と一緒に行くのがベストです。
お互いにサポートできる友達と行くことで、街コンの攻略も上手くいくでしょう。

まとめ

今回は街コンでやってはいけないこととやるべきことをそれぞれまとめてみましたが、いかがでしたか?街コンの攻略ポイントはその場その場によって変わりますが、基本的なことは外さないようにして、地道に参加していくのがおすすめです。
一回でうまくいくかどうかは運にもよりますが、次に繋げるために街コン攻略を頑張っていきましょう。

関連記事ランキング