黒糖バナナ酢・豆乳バナナダイエットなどバナナダイエット法に効果ある?

黒糖バナナ酢・豆乳バナナダイエットなどバナナダイエット法に効果ある?

黒糖バナナ酢ダイエット、豆乳バナナダイエットなど、バナナダイエットには様々な方法があります。ですが、黒糖バナナ酢ダイエットや豆乳バナナダイエットなど、バナナダイエットは効果があるのか気になりますよね。黒糖バナナ酢の作り方や豆乳バナナのレシピ、バナナダイエット効果、カロリーなどを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

バナナダイエットの前にカロリーと糖質をチェック

バナナダイエットの前にカロリーと糖質をチェック

バナナダイエットの方法を紹介する前に、バナナのカロリーと糖質をチェックしていきましょう。併せて、バナナにダイエット効果はあるのか?ということにも触れていきます。ダイエット効果が気になる方は要チェックです。

バナナ1本のカロリー

まずはダイエットでも気になるバナナのカロリーです。バナナのカロリーは100gで約86kcalです。バナナ1本の重さが約70~90gなので、カロリーはバナナ1本で約60~77kcalです。バナナ1本の大きさにもよりますが、丸々1本食べても100kcalには届かないようです。

バナナ1本あたりの糖質量

次に、バナナの糖質量を見ていきましょう。糖質というと糖質制限ダイエットが有名ですね。バナナは糖質制限ダイエットに向いているのかどうかもチェックしていきましょう。
バナナの糖質は100gで約21.4gです。先に紹介した通り、バナナ1本の重さは約70~90gなので、糖質量は1本あたり約14.9~19.3gです。バナナの糖質量は糖質制限ダイエットには不向きですね。

バナナの栄養素

バナナの栄養素

バナナは糖質制限ダイエットには不向きと紹介しましたが、それではバナナのダイエット効果にはどのようなものが期待できるのでしょうか?
まず、バナナのダイエット効果として期待できるのが栄養素のひとつ、食物繊維です。食物繊維は水溶性と不溶性がありますが、バナナの栄養素で水溶性に比べて不溶性食物繊維が多いです。不溶性食物繊維はお腹の中でゲル状になって便秘解消のサポートになってくれます。なので、バナナを食べることで便秘解消の効果が期待できるでしょう。

また、バナナの糖はブドウ糖やショ糖などの種類が含まれていて、少しずつ違う糖がエネルギーに変わっていきます。そのため、バナナを食べるとすぐにお腹が空くことはない、腹持ちがいいと言われています。食べ過ぎ防止の効果もありそうですね。

バナナにはダイエット以外に美容効果もある?

バナナはダイエットで食べるほか、美容のために毎日食べているという人もいます。では、バナナの美容効果はどのようなものがあると言われているのでしょうか。
まず、バナナには栄養素が豊富に含まれているのでバランスよく栄養を摂取できるでしょう。美容にいいと言われるビタミンB群も豊富に含まれており、肌のターンオーバーの促進や肌荒れを防ぐ効果も期待されています。美容が気になる人にもバナナはおすすめというわけですね。

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方

バナナダイエットといえば「朝バナナダイエット」を想像する人も多いでしょう。では、朝バナナダイエットのやり方とはどのようにするのでしょうか?
朝バナナダイエットのやり方は、朝食にバナナを1、2本食べるだけの簡単ダイエットです。朝バナナの他に口にするのは常温の水です。
これだけでは足りないように感じてしまうかもしれませんが、最初に紹介したとおりバナナが腹持ちがいいため、お昼まで間食せずに過ごすことができるのです。
ただし、朝バナナダイエットをするときにバナナをスムージーなどにするのはやめておいた方がいいでしょう。固形物とスムージーでは体への吸収スピードが違います。

黒糖バナナ酢ダイエットのやり方

黒糖バナナ酢ダイエットのやり方

次に、黒糖バナナ酢ダイエットのやり方とバナナ酢の作り方を見ていきましょう。

黒糖バナナ酢ダイエットの飲み方

黒糖バナナ酢がダイエットに効果的と言われる理由はバナナの効果だけでなく、お酢や黒糖の良さも取り入れられるためです。むくみ解消のために飲むといいとも言われています。
黒糖バナナ酢の飲み方は色々あります。個人の好みはありますが、お酢ですので水や炭酸で割って飲むやり方や料理にちょこっと使うやり方があります。豆乳など別の飲み物に混ぜて飲む飲み方をしている人もいますよ。
1日の飲み方としては大さじ3杯を目安にするといいでしょう。

黒糖バナナ酢の作り方

黒糖バナナ酢ダイエットするために、黒糖バナナ酢の作り方を見ていきましょう。

【黒糖バナナ酢の作り方】

黒糖バナナ酢の作り方はまず、バナナ(3本)・黒糖(300g)・黒酢(500cc)を用意します。瓶に黒糖と黒酢、2cm幅に切ったバナナを入れます。そのまま電子レンジ(500W)で1分程度加熱します。あとは一晩置くだけです。以上が黒糖バナナ酢の作り方です。

バナナ酢のバナナは1週間程度経ったら取り出しましょう。途中で食べてもOKです。酢が少なくなったというときは、黒酢を注ぎ足すのではなく最初から作り直してください。

豆乳バナナダイエットのやり方

豆乳バナナダイエットのやり方

豆乳バナナダイエットのやり方と豆乳バナナの作り方レシピをご紹介します。併せて、豆乳バナナダイエットのダイエット効果として考えられるものをチェックしていきましょう。

豆乳バナナダイエットの飲み方とダイエット効果

豆乳バナナダイエットのやり方は朝に、豆乳バナナを飲むことです。豆乳バナナの飲み方は置き換えダイエットになるので、朝食と一緒に飲むのではなく、豆乳バナナを朝食にしましょう。豆乳バナナの飲み方は1日に1、2杯がおすすめされています。
豆乳バナナダイエットのダイエット効果を考える場合、豆乳とバナナの効果を見ていきましょう。バナナはこれまで紹介した通りですが、豆乳にはどんなダイエット効果が期待できるのでしょうか?
豆乳には大豆タンパク質が含まれているため、運動しながら豆乳を取ることで筋肉をつけることができるでしょう。筋肉がつけば基礎代謝が上がり、ダイエット効果を期待できるでしょう。

ダイエットのための豆乳バナナの作り方レシピ

豆乳バナナのレシピを紹介していきます。ダイエットのために豆乳バナナを飲むなら、市販のものを買うのもいいですが、自分で作るのもいいですよね。バナナと豆乳があれば、簡単に作れるレシピです。

【豆乳バナナのレシピ】

豆乳バナナのレシピは、バナナ1本に対して豆乳200mlをミキサーで混ぜ合わせるだけでできます。バナナを輪切りにしてからミキサーにかけてくださいね。

ミキサーでかき混ぜるだけの簡単レシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

ホットバナナダイエットのやり方

ホットバナナダイエットのやり方

ホットバナナは冬に食べる人も多いのではないでしょうか?ホットバナナダイエットのやり方とダイエット効果、ホットバナナの作り方を見ていきましょう。

ホットバナナダイエットのダイエット効果

ホットバナナダイエットのやり方は簡単です。朝バナナダイエットや豆乳バナナダイエットと同じく、朝食にホットバナナを食べるのがホットバナナダイエットのやり方です。
ホットバナナダイエットのダイエット効果は、バナナの豊富な栄養素のおかげで便秘解消などを期待できることにあります。また、バナナを加熱することでオリゴ糖がアップすると言われています。オリゴ糖は腸内環境を整えることで知られている糖分。腸内環境に悩んでいる人はホットバナナダイエットをしてみるといいでしょう。

ホットバナナの作り方

ホットバナナダイエットのために、ホットバナナを作りましょう。ホットバナナの作り方は簡単です。

【ホットバナナの作り方】

皮を剥いたバナナを電子レンジで温めるかフライパンで焼いて完成。フライパンで焼くときはオリーブオイルを使用しましょう。

今は皮をつけたままバナナを焼くのも流行っていますよね。それでもOKです!
ホットバナナを作ったら、ヨーグルトと一緒に食べたり、ホットミルクと一緒に飲んだりするのもおすすめです。体を温めることもダイエットにはいいので、ホットバナナダイエットを試してみてくださいね。

バナナダイエットをやるときの注意点

バナナダイエットをやるときの注意点

バナナダイエットをやるときの注意点は糖質です。どのダイエット方法もバナナの糖質をカットすることはできません。なので、バナナダイエットをしながら普通にご飯を食べていると、糖質オーバーになってしまう可能性は高いです。
運動をする、バナナはあくまで置き換えにして糖質量を減らすなど工夫をしましょう。
また、バナナダイエットの方法は色々あります。バナナの栄養を上手くとりながらダイエットしていきたいというときは、自分に合うバナナダイエットを見つけましょう。

まとめ

今回は色々なバナナダイエット方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?黒糖バナナ酢ダイエットや豆乳バナナダイエット、ホットバナナダイエットなど、普通のバナナダイエット以外にもダイエット方法は色々あります。作り方やレシピを見て自分が続けられそうだなと思うもの、自分に合ったダイエット方法にチャレンジしてみてくださいね。