夫婦関係を修復させたい!夫婦円満でいる意味と夫婦円満でいる方法

夫婦関係を修復させたい!夫婦円満でいる意味と夫婦円満でいる方法

新婚で夫婦円満だった頃が懐かしいと思ったことはありませんか?夫婦関係が破綻していたり、喧嘩が絶えないと、離婚するか夫婦関係を修復させるか悩むでしょう。今回は離婚しないで済むように夫婦円満でいる方法をご紹介します。夫婦円満のお守りやパワーストーンも紹介していくので、すでに夫婦関係が破綻しているけど修復させたいという人もチェックしてみてくださいね。

夫婦円満でいる意味とは?夫婦関係を修復させた方がいい理由

まずは、夫婦円満でいる意味について考えてみましょう。漠然と離婚しない方がいいと考えるより、どういう理由から離婚しないで夫婦関係を修復させるか、夫婦円満でいる意味を決めておくと行動もブレずに済みます。

夫婦円満でいる意味

夫婦円満でいる意味は、夫婦関係と子供に関することの2つがあります。まず、夫婦関係に絡めて、夫婦円満でいる意味を考えると、結婚してずっと一緒に暮らすのだから喧嘩が多い夫婦よりも夫婦円満でいる方が良いです。
また、子供に関することで夫婦円満でいる意味を考えると、夫婦関係の悪化は子供に悪影響を与えます。夫婦関係が破綻している親を見て育った子供は充分な愛情を感じられていない可能性があるのです。子供のことを考えるなら夫婦円満でいる意味があるでしょう。

夫婦関係を修復させた方がいい理由

夫婦円満でいる方がいい意味を紹介しましたが、既に夫婦円満だとは言えない状態、夫婦関係が破綻していると考えられる場合は修復を試みてください。既に破綻しているならもう離婚を考えればいいのでは?と思うかもしれません。ですが、本当に離婚した方がいいのかどうかは、夫婦関係の修復を試みてからでも遅くはありません。
離婚手続きには時間もかかるため、一度夫婦関係の修復に向かって動いてから夫婦円満に戻れない時、将来のことを考えてみましょう。

破綻した夫婦関係を修復する方法

夫婦関係が破綻した、けれど修復したいというときはどうすればいいのでしょうか?夫婦関係が破綻しても離婚しないと決めたのなら、修復のためのポイントは2つです。

  • 信頼できる人に相談する
  • 夫婦関係が破綻した理由をしっかり考える

夫婦関係について相談するのは、夫婦で信頼できる人にしましょう。場合によっては公的な危険でも構いません。客観的な立場から意見をくれる相手に夫婦関係の破綻を相談することで、修復のためのアドバイスがもらえるかもしれません。

夫婦関係が破綻した理由をしっかり考えるのは、適当に仲直りしても同じ理由でまた破綻する可能性があるためです。夫婦関係をきちんと修復させるには、原因を知り、改善していく必要があります。

夫婦円満でいる方法

夫婦円満でいる方法を見ていきましょう。夫婦関係の破綻までいくと修復するのも大変ですよね。事前に夫婦円満でいるための対策を取ることで、夫婦関係の破綻を防ぎましょう。

夫婦円満でいる方法①自分の親にやたら電話しない

夫婦円満でいるためには、二人のことを自分の親に報告しすぎるのはやめましょう。男性は自分の失敗や悪いところを人に話されるのが嫌です。女性も同じく、自分がだめな妻だと相手の親に話されたら嫌ですよね。
夫婦で問題が起きてもなるべく二人で話し合うことで解決し、自分の親に助言を求めないようにしましょう。夫婦円満でいる秘訣は夫婦関係の問題を外に持ち出さないことです。

夫婦円満でいる方法②嫌なことも思い出に変える

結婚して夫婦になれば嫌な思いをすることも出てきます。ですが、それをひとつひとつ覚えて相手を責める材料にしてしまえば、夫婦円満でい続けるのは難しいです。
嫌な思いをしても夫婦円満でいる方法は、その出来事を思い出に変えてしまうこと。自分に大切な友達がいて、嫌なことをされたとき、許していませんか?同じような気持ちで夫婦になっても過ごしてください。
結婚すると相手を家族として見るため、嫌なことがあると許せない気持ちになってしまうこともあるでしょう。夫婦円満でいるには、昔の許せた気持ちを忘れないことです。

夫婦円満でいる方法③家事も嫌がらずにやる

夫婦円満でいるには、二人の仕事である家事を嫌がらずにすることです。専業主婦の場合は女性が、専業主夫の場合は男性が率先して動きましょう。そして、パートナーだけに家事を任せないことです。
共働きのときは、家事はお互いがしっかりやることが大事です。片方の負担が大きいと「共働きなのに」という不満が溜まってしまいます。夫婦円満でいるには家事の分担を決める時はしっかり相談すること、繁忙期などによって分担を変えていくこと、相手を助ける気持ちを忘れないことが大事です。

夫婦円満でいる方法④相手の気持ちを聞いてみる

夫婦円満でいるには、相手の気持ちを察する必要があります。何か嫌なことはないか、やりたいことはないか、不満はないかなど。嫌な気持ちも聞かなくてはいけませんが、夫婦円満でいるためには相手に「何か思っていることはない?」と聞かれたときに不満を伝えるだけでなく、好きなところも伝えるようにしましょう。不満だけを伝えるよりも話は飲み込みやすく、夫婦円満でい続けるための秘訣となります。

夫婦円満でいる方法⑤相手を批判しない

自分がイライラしているとき、相手への不満が大きくなったときについやってしまいがちな失敗が批判です。夫婦円満でいるためには相手を批判するのはやめましょう。「なんであなたはそんなにだめなの?」「もっとできるだろう」「頼りない」「使えない」というような批判は、相手の自尊心を傷つけるだけでなく、夫婦関係を破綻させる一歩に繋がります。
夫婦円満でいる方法としてはまず、相手に文句を言いたくなったときは感情だけで動かないように注意してください。自分の言葉は相手を傷つけないか?と考えるようにし、「傷つけてもいい。言いたいことを言う」と行動に移すのは止めるようにしましょう。

夫婦円満の秘訣はお守りやパワーストーン!?

夫婦円満でいるためにはお守りやパワーストーンを身につけて、頼りにするといいでしょう。お守りやパワーストーンを持つことで、「夫婦円満でいよう」と常に忘れずにいることができるかもしれません。
最後に夫婦円満におすすめのお守りとパワーストーンをご紹介します。

夫婦円満の秘訣①夫婦円満のお守りを持つ

夫婦円満の秘訣その1、夫婦円満のお守りを持つようにしましょう。おすすめのお守りは夫婦で持つことができる「夫婦守」です。「夫婦守」は夫婦円満を祈願するペアのお守りです。紋服と白無垢をイメージしたお守りや、お守りに「夫」「婦」と書いてあるお守りがあります。夫婦円満のお守りを持つのにペアの「夫婦守」はぴったりですね。

夫婦円満の秘訣②夫婦円満におすすめのパワーストーン

夫婦円満の秘訣その2、パワーストーンを持っていつでも夫婦で仲良くいる気持ちを忘れないのもおすすめです。夫婦円満向きと言われているパワーストーンはアクアマリンです。アクアマリンはパワーストーンの中でも、結婚に関する意味があると言われています。理想的な結婚や相手とのコミュニケーションを円滑にしたいと願うなら、パワーストーンはアクアマリンを選びましょう。
パワーストーンは使用する石によって意味が変わると言われているので、夫婦円満でいるには自分たちには何が足りないのか、どんな面を強化すればいいか考えながら選ぶといいでしょう。

まとめ

今回は夫婦円満でいるにはどうしたらいいのか、夫婦関係が破綻して修復が必要になる前の予防策を紹介してきました。また、夫婦関係が破綻しているとき、修復するときのポイントも併せて紹介しました。夫婦円満でいたいときはお守りやパワーストーンを心の拠り所にし、夫婦で向き合うのもいいでしょう。夫婦円満でいるためには片方の負担でやり直すのではなく、お互いが納得する形になるように話し合いましょう。

関連記事ランキング