シュガースクラブの効果とは?シュガースクラブの作り方・使い方

シュガースクラブの効果とは?シュガースクラブの作り方・使い方

シュガースクラブとは何か知っていますか?今回は砂糖を使った美容方法のシュガースクラブの効果をご紹介していきます!シュガースクラブの作り方や使い方など、家にある砂糖で簡単にできるスキンケア方法をチェックしていきましょう。また、市販のシュガースクラブでクナイプ、シュクレ、レブロンをご紹介していきます。

シュガースクラブとは砂糖を使ったスキンケア方法

シュガースクラブとは何か、知っていますか?シュガースクラブとは名前の通り「砂糖」で肌をマッサージすることです。スクラブは使ったことがある人が多いのではないでしょうか。シュガースクラブとは砂糖でスキンケアする美容方法です。
シュガースクラブは顔や唇にも使える、肌に低刺激のスクラブと言われています。スクラブで有名なのはソルトスクラブですが、塩のスクラブは刺激が強かった、でもスクラブは試したいという人はシュガースクラブを試してみるといいでしょう。シュガースクラブとは全身に使えるスクラブなので、体のどこに使うかによってソルトスクラブかシュガースクラブか使い分けるといいでしょう。

シュガースクラブの効果とは?

シュガースクラブとはどんな効果があるのか、調べてみました。シュガースクラブを使ったことがないけど気になる人はチェックしてみてくださいね。

シュガースクラブを顔に使うときの効果

シュガースクラブを顔に使う場合の効果を調べてみました。
シュガースクラブはソルトスクラブよりも低刺激である理由は、粒子が塩よりも小さいためだそうです。そのため、ソルトスクラブは硬い角質オフをするにはいいけれど、顔に使うならシュガースクラブの方が良いと言われています。
また、砂糖には保湿力があるので、顔へ保湿効果を望むならシュガースクラブの方がいいでしょう。

シュガースクラブのリップ(唇)効果

砂糖には保湿力があると紹介しました。それでは、保湿効果を期待してシュガースクラブをリップに使用するのもいいでしょう。リップを塗る唇の皮膚は薄いため、簡単に傷ついてしまいます。冬場や空調の効き過ぎによる乾燥ダメージ、唇の荒れなど、リップクリームが手離せないとき、シュガースクラブの効果を期待して使用してみるのもおすすめです。

なぜ砂糖に保湿効果があるの?

なぜ砂糖で保湿効果が期待できるかというと、砂糖には保水力があるためです。その保水力のおかげで砂糖を使ったスクラブで保湿効果を期待することができます。
また、保湿以外に当然スクラブとして洗浄効果も期待できるでしょう。

シュガースクラブの使い方

シュガースクラブとは何か、効果はどんなものがあるかわかったところで、使い方をチェックしていきましょう。シュガースクラブの使い方は簡単でおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

シュガースクラブの使い方:顔

顔にシュガースクラブを使用するときの使い方を紹介していきます。メイクした顔への使い方は、クレンジングをし、必要があれば洗顔もします。メイクしていないときは洗顔後でOKです。顔が濡れている状態のまま、シュガースクラブを手に取り、優しく顔につけてマッサージしていきましょう。このとき、強くこすりつけるような使い方はNGです。
シュガースクラブの砂糖が溶けたなと感じたら、丁寧に洗い流してください。

シュガースクラブの使い方:唇

シュガースクラブは唇にも使用できるので、唇への使い方も紹介していきましょう。唇もリップメイクしているときはクレンジングで落としてください。そのあと、顔と同じように唇も優しくシュガースクラブでマッサージをしてください。唇の皮膚は顔よりも薄いので、力を入れる使い方はNGです。マッサージが終わったら、あとは水で洗い流しましょう。

シュガースクラブの使い方:注意

シュガースクラブが目に入らないように注意しましょう。また、目の周りはマッサージしない使い方が一般的です。目の周りの皮膚も薄く、眼球はむき出しなのでシュガースクラブが入らないように細心の注意をしてくださいね。市販のシュガースクラブを使うときは必ず注意文を読んでから、使い方を守るようにしましょう。
低刺激ですが、シュガースクラブも「スクラブ」です。使う頻度は週1回程度がおすすめです。

シュガースクラブの作り方…ニベアと混ぜるのがおすすめ!?

シュガースクラブの作り方をチェックしていきましょう。シュガースクラブの作り方は簡単に砂糖と顔にも使えるオリーブオイルを1:1の割合で混ぜることです。簡単なレシピで簡単にできるのがおすすめですが、実はニベアと混ぜる作り方もネットでは話題になっています。

シュガースクラブの作り方にニベアの青缶をプラスさせるだけなのですが、割合は4(ニベア):2(砂糖):1(オリーブオイル)です。これをよく混ぜたらできあがり。
(シュガースクラブの作り方にあるオリーブオイルは、ココナッツオイルなどでもOKです。必ず顔に使えるか、アレルギーが出ないかパッチテストを行うなど対処してください)

シュガースクラブの市販品にクナイプやシュクレ、レブロンなど

シュガースクラブはレシピを見て自分でも作ることができますが、市販品もあります。作り方を見てめんどくさいなと思ったときは、市販品のシュガースクラブでスキンケアをするのがおすすめです。
シュガースクラブの市販品があるブランドは次の通りです。

  • クナイプ…クナイプのシュガースクラブは天然植物オイルを配合しています。2種類の香りがあるので、クナイプで購入する時は好きな香りを選びましょう。
  • シュクレ…シュクレでは「シュガースクラブ」という商品名ではなく、「マッサージ&パック」として市販しています。100%食品由来の天然成分がポイントです。
  • レブロン…リップ用のシュガースクラブの市販品を探してるならレブロンの「キス シュガー スクラブ」がおすすめです。

3つのブランドをピックアップしましたが、他にもシュガースクラブを市販しているところはあります。もし見つけたときはチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はシュガースクラブとは何か、その効果や使い方、作り方などをまとめてみました。シュガースクラブを手作りするのがめんどくさいときは、市販されている商品をチェックしてみましょう。クナイプやシュクレ、レブロンといった、おすすめのシュガースクラブを紹介したのでチェックしてみてくださいね。