綺麗になるにはどうしたらいい?綺麗になる習慣は人助けが鍵!?

綺麗になるにはどうしたらいい?綺麗になる習慣は人助けが鍵!?

綺麗になるにはどうしたらいいのか、女性には悩める問題ですよね。実は綺麗な人には無意識にしている習慣があり、それがその人の美しさを作っているのです。それでは、綺麗になるにはどんな習慣を持てばいいのでしょうか?今回は20代、30代、40代別に綺麗な人が無意識にやっている習慣をご紹介します。

綺麗な人は何もやっていない!?いいえ、違います

「綺麗な人は何もやっていないけど綺麗」と聞いたことはありませんか?美人は生まれながらにして美人なんだ…と落ち込む人も多いですよね。ですが、綺麗な人が本当に何もやっていないわけではないんです!
美人は無意識に綺麗になる習慣を持っていることが多く「何もやっていないよ」というのは、本人が気づいていないだけということも。

それでは、綺麗な人はどんな習慣を持っているのか?それを20代、30代、40代の年代別で見ていきます。

20代で綺麗になる習慣は?

20代の女性が綺麗になる習慣とはどのようなものがあるのでしょうか?まだお肌の曲がり角にきたばかり、これから先の綺麗を作るなら、20代のうちにしっかりと準備をしておくと30代、40代で後悔することは少ないですよ。

20代女性の綺麗になる習慣

  1. 紫外線対策はしっかりする!
  2. 毎日メイクは落とすこと
  3. ネガティブワードはNG!
  4. 早寝早起きを習慣づけて
  5. スマホの見過ぎに注意!

20代のうちは無茶をしてもまだ体が動く状態。ですが、若いうちの無茶は30代、40代に響くのです。いつまでの綺麗でいたいのなら、スキンケアの基礎は若いうちからしっかりやっておくのがベター。更に年を重ねてから面倒と思わないように、20代の頃から習慣づけておくといいでしょう。

また、自分から自信を失わせるネガティブワードは使わないで!「どうせ自分なんて…」「私なんて可愛くないから」なんて言わないようにしましょう。

早寝早起きやスマホの習慣も、20代から身に着けておくとあとが楽ですよ。

30代で綺麗になる習慣は?

30代になったとき「なんだか昔より劣化してる気がする…」と思うことはありませんか?実は、20代まで無茶をやっていたことが自分に跳ね返っているのかもしれません。また、30代になると仕事も忙しくなって綺麗になる時間よりも仕事の時間の方が多くとられているでしょう。
ならば、日頃の習慣から綺麗になるように気をつけるのがベストです。

30代女性の綺麗になる習慣

  1. 運動不足は解消すること
  2. スキンケアには手をかける
  3. 息抜きの時間はとるようにして
  4. 自分は自分!と軸を持つこと
  5. 栄養バランスにも気を配る

30代になるとこれまでの運動不足がしっかりと体に表れてきます。「ダイエットに成功して体重が落ちた!」と思ったら、それはただ筋肉が減っただけかもしれません。筋肉が減ると基礎代謝が減って、太ったとき痩せにくい体になります。30代から綺麗になるには、何もしてなくても自然と健康に向かう体づくりを始めましょう。運動不足を解消すると同時に、食事の栄養バランスにも気をつけてくださいね。

また、30代ではスキンケアにも少しずつお金をかけていくのもいいですよ。プチプラでいい商品はありますが、自分の本当の悩みをカバーしてくれるものにはお金の出し惜しみをしないでケアしましょう。30代のスキンケアの怠りは40代に響きます。

更に、周りの声に惑わされやすい30代。「30代なのに結婚してないの?」と言われても、そんなのは無視してください。綺麗になるには幸せを感じている状態が望ましいです。適度に息抜きをしながら、自分らしさを持つようにするといいでしょう。不幸な顔をしている女性は美しく見えません。

40代で綺麗になる習慣

40代の女性が綺麗になる習慣を持つには、今までの自分とは変えていかなければいけないシーンもあるかもしれません。自分のルーティンを崩したくないという40代女性もいるかもしれませんが、少しだけ次のことも参考にしてみてくださいね。

40代女性の綺麗になる習慣

  1. お酒はほどほどに
  2. 姿勢をよくする
  3. 相手の話を聞くようにする
  4. スキンケア以外にメイクでもカバー
  5. 口臭予防もしっかりと

40代になると一人酒が慣れてきた…という人もいるのではないでしょうか?女性の一人酒もストレス発散、楽しい習慣のひとつならOKです!ですが、飲み過ぎはやめましょう。自分の体を大切にするのが綺麗になる習慣で一番大事なことです。

また、40代になってもし筋力が落ちてきているなら、姿勢が悪くなっている可能性が高いです。姿勢の良し悪しで綺麗に見えるかどうかも変わってきます。一度鏡で確認してみてくださいね。
40代になるとスキンケアに力を入れる女性も多いですが、スキンケアだけではカバーできない目のくすみや頬の赤みなどはメイクでカバーするのが綺麗になるには手っ取り早い方法です。メイクをしつつ、スキンケアもすることで、少しずつ自分を変えていきましょう。

また、40代で気になるのが口臭だと最近はよく聞かれます。綺麗になるにはもちろん、お口の臭いもチェックして、デンタルケアを怠らないようにしましょう。

まるでスピリチュアル?人助けに綺麗になる理由は?

人助けが人を綺麗にさせる方法だ!なんてスピリチュアルな話を聞いたことがありませんか?なぜ、人助けが綺麗になる方法になるのか、その理由を見ていきましょう。

人助けで幸福度がアップする!

人助けをすることで、幸運度がアップすると言われています。その理由は、誰かを助けたときに「ありがとう」と感謝されることで嬉しい気持ちになるからです。「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はまずいませんよね?嬉しいなと思ったときに幸福度がアップし、幸せホルモンが分泌されるのです。

人を美しくする幸せホルモンとは?

幸せホルモンとは「セロトニン」や「オキシトシン」と呼ばれるものを指します。恋をすると出てくるホルモンとも言われているのですが、この幸せホルモンの中でセロトニンはリラックス効果があると言われています。また、オキシトシンはストレスを解消する効果があると言われていて、人間関係に積極性を持たせてくれるのだとか。そのため、愛情ホルモンとも呼ばれているそうです。
幸せホルモンが分泌されている女性は楽しそうに見えて、キラキラ輝いて映るため「綺麗だなぁ」と思われることが多いんです。
なので綺麗になるなら、まずは幸せを感じる行動をとる…人助けをするということに話は繋がります。

まとめ

今回は綺麗になる方法をまとめてみましたが、いかがでしたか?20代、30代、40代ごとで綺麗になる習慣を紹介してきましたが、なかなか毎日の中で習慣づけるのは難しいかもしれません。そんなときは、スピリチュアル効果に頼ってしまうのもひとつの手です。人助けをして、綺麗になってみるのも試してみてくださいね。

関連記事ランキング