人見知りを克服するために原因を探り改善策を立てる!コミュ力の改善策

人見知りを克服するために原因を探り改善策を立てる!コミュ力の改善策

目次

人見知りを克服したいという人は多いのではないでしょうか?たとえば、出会いの場に行っても人見知りだと上手く話せず、職場で仕事していてもコミュニケーションが上手くいかずに困ることもありますよね。今回は人見知りの原因を探りつつ、コミュ力を改善する方法を考えていきましょう。人見知りしない人になるには、どうしたらいいのでしょうか?

人見知りになる原因は?

まずは人見知りになる原因を探っていきましょう。人見知りになる原因は人それぞれ違うため、どの原因が自分に当てはまるかチェックしていってくださいね。

人見知りになる原因は親が過保護だった!?

人見知りになる原因に親が関係してくることもあります。
一般的に、赤ちゃんの頃は一時的に人見知りになる時期があると言われており、「親」と「それ以外の人」に分けて見て、親以外の人に対して人見知りをして泣いてしまうケースです。親としては赤ちゃんが泣くと慌ててしまうことが多いですよね。そのときにしっかり愛情を注いで、大丈夫と伝えることは大切ですが、いつまでも親が子供を守ろうとすると周りの人に馴染むきっかけが失われてしまう可能性が出てくるのです。
そのため、人見知りになる原因は親にあると言われています。

人見知りになる原因は子供の頃のいじめが関係している?

人見知りなんてなかった子供が、だんだんと他人に対して距離を置いていたり、大人になっても人見知りするケースがありますよね。この場合、人見知りになる原因が子供の頃のいじめが関係していることもあります。
子供の頃にいじめを受けたため、他人を信頼できない、他人が怖いという感情が先に立ち、人見知りになるのです。この人見知りになる原因であるいじめは、大きく問題にならないような、「からかわれていただけ」という場合も影響していることがあるでしょう。いじめの程度は受けた子供の心の問題です。周りは大したことないと思っていた出来事が子供の心に大きく傷を作り、大人になっても残っているケースがあるでしょう。

大人が人見知りになる原因は過去の経験が影響している

人見知りになるのは子供だけの問題ではなく、仕事を始める大人にも関係してきます。大人が人見知りになる原因は、いじめ以外にも過去の経験が影響していることが多いです。たとえば、仕事を始めてすぐにモラハラを受けていた、パワハラを受けていた大人は、その状況から脱しても昔のように過ごすのが難しいです。違う場所にいても「また同じことが起きたらどうしよう」という恐怖が過去からの経験から思い出されるため、積極的になれず、人見知りになる原因となるのです。
こういった過去の経験は大人でも心が癒されない限り、いつまでも引きずる危険性があります。

人見知りを克服する方法は?改善策を考えよう!

人見知りになる原因がわかったところで次に気になるのは、人見知りを克服する方法ですよね。人見知りを克服する改善策を考えていきましょう。

赤ちゃんの人見知り改善策は親が寄り添うこと

人見知りの改善策を、赤ちゃん向けに考えてみましょう。赤ちゃんの人見知りを改善するなら、親の助けが必要です。
知らない人を見て赤ちゃんが泣いたときは放っておかないようにしましょう。赤ちゃんは「親」と「それ以外の人」を見分けるようになってきているので、泣いているのは「この人誰!?怖い!」という状態です。
なので、人見知りで泣いてる赤ちゃんの前で「この人は知ってる人だから大丈夫」と笑顔で話してあげてください。赤ちゃんは「親」は認識しているので、「知らない人だけどママと笑顔で話してる…。じゃあ怖くないのかな」と判断します。
赤ちゃんの人見知り改善には親がしっかり慌てずに対応するのがいいでしょう。

人見知りを克服する方法として開き直るのもひとつの手!

人見知りを克服する方法として、色々先のことを考えすぎてしまうなら、開き直ってしまうのもひとつの手です。
「仕事先のあの人に嫌われてるかもしれない…」「学校で仲のいいあの子は実は裏で悪口言ってるかも…」など、考えてもわからないことで悩んでいませんか?そのせいで積極的になれず人見知りになってしまうなら、克服する方法は考えないことです。
「嫌われてたって大人なんだから表に出さないだろ!関係ない関係ない!」「裏で悪口言ってたところで私には聞えないし気にしない気にしない!」と、考えることを放棄するのも人見知りを克服する方法になります。
考え込み過ぎるときは試してみてくださいね。

人見知りを克服したいけど上手くいくと思えないとき

人見知りを克服したいけど上手くいくと思えないときは、人見知りを克服する方法とは別のことに取り組むのをおすすめします。人見知りになる人はだんだんと孤独を感じるようになっていくこともあります。人見知りで人付き合いが少ないため、孤独を感じやすくなるのです。
人見知りを克服したいと思ってもなかなか前に進めないときは、今とはまったく関係ない習い事に手を出してみるといいでしょう。習い事の場所に行くと強制的に人と関わることになりますが、「習い事」という共通点ができます。そこから人と繋がりを得て、孤独が薄くなるでしょう。
人と付き合って孤独感が薄くなっていくうちに、人見知りも少しずつ克服していける期待が持てます。

人見知りを克服したらコミュ力を改善したい!

少しずつ人見知りを克服したら、コミュ力を改善していきたいですよね。最後にコミュ力の改善策を考えていきましょう。

コミュ力を改善するなら笑顔を忘れずに!

コミュ力を改善していきたいなら、まずは笑顔を忘れないようにしましょう。笑顔はコミュニケーションに大切な要素です。
むすっとした顔をしている人よりも笑顔でいる人の方が話しかけやすいため、コミュ力を改善していくなら笑顔の自分でいられるように練習してみてください。少しずつ、話しかけやすい人物になれるでしょう。
話しかけやすい人物になれば相手から声をかけてくれる回数が増えるため、今度は自分が話しかけていく練習をしましょう。

コミュニケーションでは視線を意識する

人とのコミュニケーションでは視線を意識するようにしましょう。
視線は人との会話で最初に意識するポイントです。目が合わないまま話していると「この人は自分の話を聞いているのだろうか?」という疑問に思います。一方、じーっと目を合わせて話していると「ずっと目が合っていて気まずい」と思われるのです。
なので、人と話すときは適度に目を合わせ、たまに視線を外すようにしましょう。ずっと目を見ないのはNGです。

コミュ力の改善策は相手の話を聞き、共感すること

コミュ力の改善策として、相手の話の聞き方に気をつけることがあります。会話中、相手の話を聞いているなら、否定ではなく共感をして聞くようにしましょう。
「○○っていうことがあって~」と話をされて「でもそれってさ…」と否定されることが続くと、だんだんと話していてつまらないと感じてしまうのです。それよりも「うんうん」と聞くだけで、相手は自分の話をよく聞いてくれていると感じるのです。
コミュ力の改善策と聞くと、自分が場を盛り上げなければと思いがちですが、会話とは聞く側と話す側に分かれます。上手く話せなくても、聞き役になれればコミュ力は少しずつ改善されていくのです。

コミュニケーションは否定ではなく肯定が大事

相手の話を共感して聞くことと同じように、人とのコミュニケーションは否定ではなく肯定から入ることが大事です。否定し続ける人とは距離を取りたいと思うのが、人の心理です。
決してイエスマンになれというわけではなく、否定から入るのではなく、相手の意見や話に肯定から入ってみることを試みてください。相手との違いを認めるようにし、よほどのことではない限り否定しないようにしましょう。

コミュ力とは自分自身の姿で接すること

コミュ力とは、相手に合わせて自分を変えていくことではありません。相手には相手の主張があるように、自分には自分の主張を持つようにしましょう。素直な心で接することがコミュ力を改善していくための一歩です。自分を偽り続けると疲れてしまうため、「人と関わるのがつらい」と人見知りになってしまう可能性があります。
自分をかっこつけたり、飾ったりせず、自分自身の姿で接しましょう。

まとめ

今回は人見知りになる原因から克服する方法、コミュ力の改善策について紹介してきましたが、いかがでしたか?
人見知りになる原因は人それぞれ違いますが、新しい環境に飛び込む時、仕事を始める時などは人見知りを克服したいと思いますよね。まずは少しずつ人見知りを克服するようにし、それからコミュ力の改善を目指していきましょう。