「趣味が合う人がいい」結婚相手の条件に趣味の合致は必須なのか【婚活コラム】

Romantic Couple Of Lovers Playing Guitar On Old Fashioned Mini C

結婚相手への条件

結婚相手の条件として「趣味が合う人がいい」というお話はよく耳にすることがあります。
結婚後、一緒に過ごすのに同じ趣味の人であれば共通の話題もあり、休日も2人で楽しむことが出来るので良いということです。

確かに趣味が同じだと、話のネタにもなりますし、自分が好きなことを理解してもらえるのは嬉しいことですよね。
休日、一緒に趣味を楽しめる…というのも、憧れの結婚生活像です。

「趣味が合う人」を婚活で探している方も多くいらっしゃり、会話中にも「○○が好きなんですね」という話題は必ず出てきます。
「私も好きなんです」「僕も好きなんです」とお互いに言い合えるのも、趣味が合うことの良さではないでしょうか。

けれど、たとえば「いいな」と思った人と趣味が合わないとなったとき、あなたはどう思いますか?
趣味が合わないから、会話も合わない…。
会話が合わないなら、一緒にいても楽しくないだろう…。
この人とは上手くいかない気がする!と考えてしまっていませんか?

趣味が合うことは確かに指標のひとつになるでしょう。
ですが、趣味が合わないだけで「この人とはダメだ」と決め付けるのは早計です。


環境が似ている人

repair, building, love, people and home concept - smiling couple

結婚相手の条件として大切なのは、お互いの価値観が似ていることだと私は思います。
お金の使い方、時間の使い方、友人との付き合い方、家族との付き合い方などなど。
日常生活のいろいろな場面で「私とは合わない」と感じたら、価値観が合わないということです。

友人であれば価値観が合わなくても、お付き合いはしていけるでしょう。
ですが、常に一緒にいる家族であれば価値観が合わないと苦痛になっていきます。
だから完全に一致しているとは言わずとも、価値観が似ていることが大事なのでしょう。

結婚相手の条件として挙げられることも多いですしね。

この価値観が合う合わないは、お互いの育ってきた環境が似ているかどうかが関係していると思います。

たとえば、極端に言えばお金持ちの男性と貧乏の女性。
この2人のお金の使い方は違うでしょう。
ドラマや漫画であれば、その違いが面白さとして映えるのでしょうが、実際のところはお互いを理解するのに苦労すると思います。

反対に、お金持ちの男性とお金持ちの女性であれば、似ている部分も多いはず。
お互いにお金持ちあるあるで盛り上がるかもしれません。

必ずしも違う環境で育ったら価値観が合わない、似たような環境で育ったら価値観が合うとは言えませんが、ひとつの目安にはなると思います。


趣味が合う=気が合うとは限らない

Young couple in quarrel at home

趣味が合うからと言って、話が合うかといえば、それも違います。
同じ料理好きの方でも、こだわりの食材を使って原価の高い料理を楽しむ人もいれば、激安スーパーで売っているものを工夫して料理するのを楽しむ人もいらっしゃいます。
この2人が出会ってお喋りをしても、「一緒に暮らしたら楽しそう」と思えるかどうか微妙です。

趣味が合えば気が合うわけでもなく、気が合う方々は全員同じ趣味を持っている相手を選んでいるわけではありません。

趣味はひとつの基準になるけれど、「同じ趣味の人」と限定すれば出会いの窓口を狭くしてしまいます。

広く、いろいろな人に出会ってみましょう。
もしかしたら、趣味が違う人でも話が合う人、気が合う人、一緒にいて楽しい人が見つかるかもしれませんよ。

関連記事ランキング