婚活に必須のLINEを活用する方法

 

婚活でLINEは外せない

婚活で知り合った方と次へ繋げるためには、連絡先の交換は必須です。
でなければ、連絡を取り合うことができません。

何年か前までは連絡先交換といえばメールアドレスの交換が主流でしたが、スマートフォンが普及し、今はメールアドレスの代わりにLINEのIDを交換するのが主流となりました。

LINEといえば、ブロックするのも拒否するのも簡単。
だから、婚活で知り合った人でも「なんか嫌だな」と思ったらポチっと音信不通になれるので便利…という、ちょっと後ろ向きな理由で好かれています。

既読がつくからメッセージを読んだかどうかわかるし、文字を打つのが面倒であればスタンプひとつで返事は完了。
写真を送ることもできるし、無料通話も可能…というのもLINE人気のひとつですね。

簡単に連絡を拒否できるのは婚活時にはあまり良くない機能とも考えられますが、気軽にメッセージのやりとりができるのは良きことです。


 

メッセージで愛情は測らない

LINEの気軽さは連絡を取り合うときに有効的に働きます。

メールであれば、1行メールは愛情がない証拠などいろいろ言われていました。

ですが、LINEの場合は長文返信はあまりしません。
メッセージが長くなると読みづらいからです。
だから文面の長さから愛情を測り、一喜一憂する必要もないのです。

LINEだと既読がつくから、ついついチェックしてしまう…。
既読がついても返信がないと気になってしまう…。

メールもLINEも相手からの返信が愛情のパロメーターになってしまっている方も多いですが、返信ですべてを測ろうとするのはNG。
LINEでやりとりだけで判断をするのは早計です。


 

負担にならない連絡

連絡のやりとりで気をつけたいのが、相手の負担にならないこと。

仕事の最中でもお構いなしにLINEを送ればうるさく通知が鳴ります。
静かにさせようと思って、通知OFFにされた後、忘れ去られて音沙汰なし…なんて事態は招きたくありませんよね。

既読がついたけれど返信がないのが気になって、「何かあった?」と送ってしまったり。
それが負担になってしまって、ブロックされては次に繋がることはありませんよね。

あなたと連絡をとることが「面倒なこと」に分類されないようにしましょう。

また、返信するときは相手に「共感」することが大事。
連絡を取り合っていても、あなたが相手の発言に対して1から10まで否定的なことばかり返していては、メッセージのやりとりが苦痛になってしまいます。

相手が忙しいときに気遣えること、相手の愚痴にも付き合えること、相手の話題に肯定的になれることが、仲良くなるための一歩となるでしょう。

関連記事ランキング