愛情表現少ない彼女が彼氏に愛を伝える方法♡恋人のための愛情表現まとめ

愛情表現少ない彼女が彼氏に愛を伝える方法♡恋人のための愛情表現まとめ

今回は愛情表現が少ない彼女が、彼氏に愛を伝える方法を紹介します。愛情表現が苦手、どうしていいかわからないという人もいますよね。愛情表現は恋人の間でとても大切です。「俺のこと愛してるのかな?」と不安に思わせないために、愛情表現が少ない彼女はぜひ今回紹介する方法を試してみてくださいね♡

愛情表現が少ないと相手に愛が伝わらない…

愛情表現が少ないと相手に愛が伝わらない…

「最近彼女の態度が冷たい…愛情表現が少ないから自分のことを好きなのか不安になる」とか、「付き合いたてホヤホヤの時は、あんなに愛情表現をしてくれてたのに…」と彼女の愛情表現が少ないことに対して、口には出さないけど不安や不満を感じている彼氏が多いようですね。
特に交際期間が長いと、彼女側は「愛情表現が少なくても私の気持ちは伝わっているはず」と考えてしまう女性が多いからかもしれません。そのため、彼氏に対して愛情表現が少ないと自覚してる女性は少ないのです。
逆に、彼氏・旦那さんのいる女性は、どんな瞬間に「愛されてるなー」と実感しますか?
例えば、仕事が忙しくてもマメに連絡をくれたり、「好き」や「愛してる」とストレートに愛情表現をしてくれると「愛されてるな~」と感じられますよね!
女性だけじゃなくて、もちろん男性も彼女に愛情表現されたい!愛情表現が少ないと寂しい!と思ってるんです♡
愛情表現が少ない彼女だという自覚があるなら、彼氏に愛を伝える方法をチェックして積極的に愛を伝えていきましょう!

愛情表現少ない彼女★手料理を振舞ってあげる

愛情表現少ない彼女★手料理を振舞ってあげる

付き合い始めた当初は大好きな彼氏のために一生懸命手料理を作ってあげてたけど、最近は自分も仕事が忙しいから、彼とデートしてもご飯は外食ばかり。彼女だからと言って手料理を作ってあげなくてはいけない!とは思いませんが、たまに手料理を作ってあげたほうが彼氏もあなたの愛情を感じやすいと思います。
忙しい中でも彼のために手料理を作ってあげることも、彼氏への愛情表現のひとつなのではないでしょうか♪

愛情表現少ない彼女★体調を気遣ってあげる

愛情表現少ない彼女★体調を気遣ってあげる

仕事などで忙しい彼女は、彼の細かな変化に気付けないものです。ちょっと注意して彼のことを見てあげることが大事です。そうすることで「ちょっと痩せた?疲れてるんじゃない?」とか「顔色悪いけど大丈夫?」など、体調の変化に気付いてあげられますよね。
いつも愛情表現が少ない彼女が「自分のことをしっかり見てくれて心配してくれてる」と喜ぶこと間違いなしです。

愛情表現少ない彼女★いつも笑顔でいる

愛情表現少ない彼女★いつも笑顔でいる

最近彼に冷たい態度だったかも…という自覚があったら、まずは笑顔でいることを心がけましょう!
彼のことは好きなだし、意識して愛情表現が少ないわけじゃないんですよね。自分のことでいっぱいいっぱいだったり、仕事で悩みがあったりすると、どうしても彼の前でも眉間にしわが寄ってしまうもの。イライラしていると喧嘩が増えることだってあります。
そうならないためにも、いつも笑顔でいましょう。病は気から!愛情表現は笑顔から!自分と一緒にいる時に彼女が楽しそうに笑っていると、彼氏も嬉しくてついつい笑顔になります♪
愛情表現が少ない彼女は、行動や言葉で愛情表現するのが得意ではありません。こわばっている表情を緩めて、彼といるときは笑顔でいれば、それだけで彼もあなたの愛情を感じられるはずです♥

愛情表現少ない彼女★否定しないで慰める

愛情表現少ない彼女★否定しないで慰める

男性は自分の弱みを人に見せるのが苦手だと言われています。仕事や対人関係の悩みを抱えていても、誰にも相談できず悩んでいることも多いようです。
そんな時はあなたの出番!「いつでも私はあなたの味方だから」「何かあったらいつでも相談してね」と彼に伝えてみましょう。すぐには自分の弱い部分を彼女に見せられないかもしれませんが、あなたの優しい言葉を思い出して、おもむろに悩みを相談してくれるかもしれません♪
その時は彼の気持ちを第一に考えて、否定せずに慰めてあげてくださいね。
あなたに色々と相談して彼の気持ちがスッキリすることによって、彼があなたをより一層好きになるとともに、一生懸命励ましてくれるあなたの姿を見て「愛されてるなぁ」と感じること間違いなし!

愛情表現少ない彼女★仕事や趣味を理解する

愛情表現少ない彼女★仕事や趣味を理解する

忙しい彼氏に対して彼女が「仕事と私どっちが大事なの!?」と言っているシーンをドラマでよく見ますよね。このセリフが出たら事態は悪化する一方。この後このカップルは長続きしませんよね。それは分かっているのに、どうしても仕事が忙しい彼に対してこの言葉を言ってしまうんですよね。
仕事より自分を優先してほしいって言う彼女に対して「俺って愛されてるなぁ」と感じる奇特な彼氏もいるかもしれませんが、大抵の男性は「俺だって大変なのに、自分ばかり優先しろという理解がない彼女だ…」と感じるようです。
愛情表現が少ない彼女は「仕事忙しいみたいだね。無理しないでね」など、まずは彼を気遣ってあげましょう。そのうえで「次のデートは楽しみにしてるね」と伝えてみましょう♪
気遣い(彼の仕事や趣味を尊重してあげる)+愛情表現(彼とのデートを楽しみにしていると伝える)というのがポイントですね。

愛情表現少ない彼女★まとめ♪

いかがでしたか?
「そういえば最近愛情表現が少ない気がする…」と自覚のある彼女も、「自覚はなかったけど彼氏が最近なんだか寂しそう…」と思っていた彼女も、ここに書いてあることを実践してみてください♪
愛情表現というとキスやハグなどの直接的な行動を思い浮かべてしまいがちですが、長年付き合っているカップルだと「今さら自分からキスしたり、唐突にハグするのはなんだか恥ずかしい…」とハードルが高い場合も。
自分の気持ちをストレートに表現できないのが愛情表現が少ない彼女の特徴でもあるので、こういったちょっと遠回りな愛情表現を試してみるといいかもしれませんね♥