初めての同棲で考えるべき部屋・間取りの選び方♡

初めての同棲で考えるべき部屋・間取りの選び方♡

大好きな彼とふたり暮らし!初めての同棲を始める時にはどちらかの家に転がり込む場合を除いて、新たに家を借りることがありますよね?でも、初めてのふたり暮らしで部屋選びに失敗してしまうと恋愛関係も悪化してしまうことが!そこで今回は、初めてのふたり暮らしで同棲するカップルのライフスタイルに合わせた部屋や間取りの決め方をご紹介します♡

初めての同棲部屋選びポイント♡まずはお金の相談!すべての費用を計算

初めてのふたり暮らしならまず出てくる問題はお金。ついつい家賃だけを見てしまいそうですが、敷金礼金・家具やインテリアの費用・引っ越し費用・水道光熱費など初めてのふたり暮らしにはお金がいくらあっても足りません。

大切なのはお互い初期費用でいくら出せるかということ。初めてだからこそ、ふたり暮らしにどれくらいお金がかかるのか、引っ越し費用はどれくらいかなど分からないことが多いかと思います。ひとまず自分たちが初期費用でどれくらい出せるのか、お互いの貯金などを持ち合わせて計算しましょう。

様々な費用を計算したうえで、初めてふたり暮らしするための部屋の家賃を算出できます。初めてのふたり暮らし、いろいろと夢が膨らんで「カウンターキッチンがいいね♡」「窓は出窓が良いな♡」と思ってしまうこともありますが、出せるお金やかかる費用を二人で計算して、それに見合った部屋を選ぶようにしましょう。

SUUMOなどの賃貸アプリをインストールして、家賃や資金礼金の有無などと一緒に、住みたい地域を限定して検索すれば、「この金額ではこんなもんか…」という相場が分かるはずですよ。

初めての同棲部屋選びポイント♡お金がないならDK間取りがおすすめ

どうしても初めてのふたり暮らしは夢が膨らみますが、憧れの地域に住みたいと思っても、お金や費用を照らし合わせてみるとワンルームしか無理…なんてことも。そんな初めてのふたり暮らしには「DK間取り」がおすすめです♡

1LDKと1DKだと、1LDKの方が広いのは分かりますが、実はこの二つ部屋数は変わらないのに、1DKの間取りの方が安いんです。だからこそ初めてのふたり暮らしにはDK間取りがおすすめなんです!

1DK=1部屋&ダイニング・キッチンを合わせた部屋

1LDK=1部屋&リビング・ダイニング・キッチンを合わせた部屋

1LDKは1DKの「ダイニング・キッチン」に「リビング」の要素が加わっただけで、基準は広さです。もちろんダイニング・キッチンが広いのでそっちの方がいいと思いますが、初めてのふたり暮らしには1DK間取りの方が部屋数は変わらないのに安くすむのでおすすめです♡

初めての同棲部屋選びポイント♡立地について

 ふたり暮らしが初めてなら、お互いに「近くに何があったら嬉しくて、何があったら嫌」かを話し合っておきましょう。

例えば、夜遅く帰ることが多いので近くにコンビニがあったほうがいい、夜は静かに寝たいから道路沿いではなく静かな住宅街がいいなど。さらに、お墓の近くは家賃相場が安くなると言われていますが、絶対にお墓の近くは嫌だとか、近くに飲み屋街があるのは嫌など、どんな立地がいいのかをしっかり相談しておきましょう。

 

初めての同棲部屋選びポイント♡交通の便について

交通の便は初めてのふたり暮らしの部屋選びにはとっても重要です。どうしても家賃を安くしたいから駅から遠い部屋にしてしまいがちですが、結局歩くのが大変で2人分自転車を買って駐輪場に自転車を止めたり、雨の日はバスを使ったり…となる可能性もあります。交通の便がいい部屋を選んだ方が無難でしょう。

また、お互いの職場や学校などに行きやすい場所を選ぶことも、初めてのふたり暮らしをするうえで大切です。もしどちらか一方が交通の便が悪い場所を選んでしまうと、疲れと不満が溜まってしまうことも。

ただし、仕事が変わったり転勤などの場合はそんなことも言ってられないですし、契約期間を残したままほかの場所に引っ越すのも難しいですよね。そのためにもなるべく1路線しかないようなところを選ばず、臨機応変に対応できるような場所を選んでおきましょう。

初めての同棲部屋選びポイント♡できる限り部屋数を多めに!

ふたり暮らしが初めてだからこそ、お互いのプライベートを尊重したほうがいいこともあります。そのためには部屋数が多い物件を選ばなくてはいけません。当然家賃も高くなりますが、どちらを大事にするのかをよく話し合っておきましょう。

 

初めての同棲部屋選びポイント♡実家との近さ

初めてのふたり暮らしにおいて大切なのが実家との近さです。もしあまり親の連絡を頻繁にとらないタイプなら必要ないですが、ふたり暮らしからゆくゆくは結婚を考えている場合、子供が生まれたら確実に実家に近い方が良いです。彼の両親や兄弟とも仲がいいなら、彼の実家の近くでも問題ないですが、子供が生まれることを考えたら女性側の実家への行きやすさはとても重要になります。そこにずっと住んでいるかまだ分からない場合でも、なるべく実家との近さは考慮しましょう。

 

初めての同棲部屋選びポイント♡バス・トイレは絶対別!

どうしても初めてのふたり暮らしは家賃を安くするために、何かの条件を妥協しなくてはいけなくなります。その時に絶対に妥協してはいけないのが「バス・トイレ別」ということです。いくら付き合っているとはいえ、どちらか一方がお風呂に入っているときにトイレなんてできないですよね。だからこそお風呂に入っている間にトイレに入ることはできません。長風呂をしていると「トイレ入りたいんだけど」とノックされたり、洗面所もない部屋だと朝メイクをしているときに「トイレ…」と言われることも。関係が悪化しないためにも、快適に過ごすためにもバストイレ別は必須条件ですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?
特に将来を見越しての同棲なら、結婚後の生活を考えて現実的に考えると良いですね!
ぜひ、参考にしてくださいね♡