ひと夏の恋は本当にある?夏の間だけで恋愛がすぐに終わる理由とは?

ひと夏の恋は本当にある?夏の間だけで恋愛がすぐに終わる理由とは?

ひと夏の恋は本当にあるのでしょうか?夏の間だけ好きになる、夏の季節だけ好きな人ができるというような「ひと夏の恋」の話は聞いたことがある人も多いかと思います。ですが、こうしたひと夏の恋は短命だ、すぐに終わると聞きますよね。では、夏の恋愛がすぐに終わってしまう理由とは何か、見ていきましょう。

ひと夏の恋が早く終わるのは夏のテンションが終わるから

ひと夏の恋が早く終わるのは夏のテンションが終わるから

ひと夏の恋が盛り上がりやすいのは、太陽のせいかもしれません。恋愛している時、幸せホルモンが出ている…というような話を聞いたことがありませんか?幸せホルモンと言われるセロトニンは、太陽の光を浴びるとよく分泌されるようになるそうです。つまり、日照時間が長い夏の季節には幸せホルモンがよく出ている可能性があるのです。それが「この人と一緒にいて幸せ!楽しい!」という気持ちに繋がると、ひと夏の恋が始まるのかもしれませんね。
そして、当然のことですが、夏が終わるとだんだん太陽が出ている時間が短くなるため、恋愛モードも落ち着いてくるでしょう。夏に出会ったときはあんなに盛り上がったのに、季節が変わったらなんか違う…となるのは、ひと夏の恋は太陽に照らされて幸せな気持ちでいるからかもしれません。

夏には男性が恋愛モードになりやすいから恋に落ちる?

夏には男性が恋愛モードになりやすいから恋に落ちる?

夏の季節。男性の脳にも影響が出ていて、恋愛モードになっている可能性があります。というのも、男性は島皮質という視覚を司る部分が発達しているので、見ているものから刺激を受けて、ドーパミンを放出するんだとか。夏と言えば、女性は薄着になり、海やプールにいけば水着姿になりますよね。そういったわかりやすい目からの刺激を受け、男性は「この女性と恋に落ちる!」と思ってしまうのかもしれません。海やプールでナンパする男性の誘いを受けたら、ひと夏の恋で終わった…というのも目からの刺激が減っていって、男性の恋愛モードが落ち着いたためとも考えられます。

夏のテンションで付き合ったと気づいたら気持ちが冷める

夏のテンションで付き合ったと気づいたら気持ちが冷める

夏に始まる恋愛で、ひと夏の恋に終わるか、長く付き合うカップルとなれるかは、そのときのテンションの違いでしょう。たとえば、同じく夏のテンションに引っ張られて恋に落ちた二人でも、あとになって「あのときは夏で解放的な気分になったから付き合っただけ」と気づき、一気にテンションが下がる人もいます。この場合、季節が変わると気持ちも落ち着いて、付き合いも終わるでしょう。ですが、夏のテンションで付き合ったと気づかない人やじっくり相手の内面を見て付き合ってきたから夏が終わっても恋愛が続くという人もいます。そのときのテンションだけでなく、その後の付き合い方でもひと夏の恋として終わるかどうかの分岐点があるのかもしれません。

夏の恋愛はナンパで始まると終わることが多い?

夏の恋愛はナンパで始まると終わることが多い?

夏の恋愛で終わることが多いパターンはナンパで始まることです。先に紹介した通り、男性は夏になると恋愛モードになりがちです。が、女性も雰囲気に流されて、男性の恋愛モードに飲まれると勢いに乗ってひと夏の恋を楽しんでしまうケースも多いのです。この場合、長年の付き合いから告白される、普段から付き合いがある人からアプローチされるのではなく、知らない人から声をかけられるナンパ形式が当てはまりやすいでしょう。あまり相手のことを知らずに始まる恋愛は、夏以降に恋愛モードが落ち着くと別れるケースが多いようです。

ひと夏の恋で終わるのが嫌なときの対処方法

ひと夏の恋で終わるのが嫌なときの対処方法

もし、夏に出会った人と付き合ううちに本気になり、ひと夏の恋で終わるのが嫌だと思ったときは、なるべく連絡を途切れさせず、夏以降も会う約束を取り付けておくようにするといいでしょう。夏の恋愛モードが終わっても付き合っていたいと思う相手は、外見や勢いだけで付き合ったあとにきちんと内面の良いところを見つけられています。パッと見ではわからない性格などを知ってもらうためには、じっくりと腰を据えて付き合っていくようにしてくださいね。
秋にも自分からデートの約束をして、定期的に会うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
時期に関係なく、恋愛を長続きさせるためにはじっくりと愛を育むことです♡
夏に暴走しないよう、十分気をつけてくださいね!