セカンド女子とは?セカンド女子から本命になるための方法!

セカンド女子とは?セカンド女子から本命になるための方法!

セカンド女子から本命になることはできるのでしょうか?本命がいる男性を好きになったとき、付き合っているようでセカンド女子になってしまったとき、いつか「ごめん」と振られるのは嫌ですよね。セカンド女子として不毛な恋をするのはもうやめましょう。セカンド女子から本命になるための方法をご紹介します。

セカンド女子とは

セカンド女子とは

まずはセカンド女子とは何か、ご紹介していきます。
セカンド女子とは「男性の本命彼女・本命の好きな人ではない2番目の女性」のことです。本命彼女がいる男性のセカンド女子とは「浮気相手」、妻がいる男性のセカンド女子とは「不倫相手」と言った方がわかりやすいでしょう。
そのため、セカンド女子にはならないのが一番です。また、知らずにセカンド女子になってしまったときは、自分から相手のことを「ごめん。もう付き合えない」と振るのがいいでしょう。
ですが、セカンド女子とはだめとはわかっていても好きで居続けてしまうことが多いです。男性に彼女や妻がいなくて、本命の好きな人と上手くいっていないとき、自分がセカンド女子から本命へとなる方法を見ていきましょう。

セカンド女子から本命になる方法

それでは、セカンド女子から本命になる方法をご紹介していきます。

セカンド女子から本命になる方法①心の余裕を持つ

セカンド女子から本命になる方法①心の余裕を持つ

セカンド女子から本命になるには、まず自分の心に余裕をもつようにしましょう。追い詰められていて、必死な様子では男性も引いてしまいます。「この女に関わるとめんどくさいな」と思われたら、セカンド女子から本命になるどころかごめんと距離を取られる可能性もあるでしょう。
そのため、心に余裕を持って、好きな人と話すときも切羽詰まっている様子を見せないようにしてください。「私を本命にして!」と迫る女より、「あなたのことが好きだよ」とにっこり伝えてくる女の方が男性も嬉しいでしょう。もちろん、笑顔に圧力はいりません。
付き合ってもめんどくさいと思わない女が、セカンド女子から本命になる可能性を持っているでしょう。

セカンド女子から本命になる方法②男性にとって聞き上手になる

セカンド女子から本命になる方法②男性にとって聞き上手になる

セカンド女子から本命になる方法として、男性にとって聞き上手の女になることを意識してください。女性は話し好きな方が多いため、男性は聞き役に回ることが多いです。が、男性にも自分の話を聞いてほしい欲求があるんですよ!
普段は本命の話を聞く側に回っている男性も、セカンド女子が聞き上手になって上手く愚痴や趣味の話などを聞いてくれたら嬉しいと思うでしょう。だんだんと本命の話を聞くより、自分の話を聞いてくれる女性の方がいいと思わせることができたら、セカンド女子から本命へのランクアップも近いでしょう。

セカンド女子から本命になる方法③男性を立てる

セカンド女子から本命になるためには、自分が自分がと前に出過ぎてはいけません。男性を立てるようにして、「○○くんはすごいね」「いつも頼りになるよ」と褒めるようにしましょう。周りから「あいつはだめだ」と言われている男性ほど、褒めてくれる人に対して好意的な印象を抱くでしょう。
また、男性は周りから侮られたくないという意識があるので、自分を立ててくれる女性に嫌な気持ちはしません。おおげさに立てるのではなく、あくまでもさりげなく、男性を立てるようにしてセカンド女子から本命を目指していきましょう。

セカンド女子から本命になる方法④リラックスできる

セカンド女子から本命になる方法④リラックスできる

セカンド女子から本命になりたいときとは、男性にとって一緒にいてリラックスできる相手になりましょう。
本命女性を前に男性は緊張します。好きな人なので頑張って相手をしますが、そういった緊張状態からリラックスできる女性に会ったときは「この女性といると落ち着く」と感じるでしょう。
男性にとって付き合いたい相手は一緒にいてリラックスできる女性です。セカンド女子から本命になるには、ドキドキする相手ではなく、リラックスできる相手を目指してみるのはいかがでしょうか?

セカンド女子はもうやめる!自分からごめんと振るには?

セカンド女子も男性に本命の好きな人がいる場合と、本命彼女がいる場合に分けられますよね。では、本命彼女がいるとき、もうセカンド女子はやめる、自分からごめんと振ってやる!と思ったら、どんな方法があるのか見ていきましょう。

セカンド女子をやめる方法①連絡手段を絶つ

セカンド女子をやめる方法①連絡手段を絶つ

セカンド女子をやめると決めても正面から「ごめん」と断ることができない女性は、連絡手段を絶つ方法がおすすめです。連絡手段を絶つと男性から連絡することができなくなり、強制的にセカンド女子状態をやめることができます。
LINEはブロックする、SNSアカウントも繋がっているならブロックする、メールは迷惑メールとして設定し、電話は着信拒否。ごめんと一言送らなくてOKです。「もう会いません。連絡もしないでください」とだけ送りましょう。本命彼女に対してならまだしも、男性に対して謝る必要はないのです。

セカンド女子をやめる方法②新しい恋人を作る

もし自分に理解者がいるなら、恋人になってもらうという方法もあります。セカンド女子だったことを知っているうえで、相手の男を忘れたいから新しい恋がしたいというとき、相談相手の男性などいて「自分と付き合うか」聞かれたらとりあえずOKしましょう。好きかどうかは二の次です。男性に「恋人ができたので会えません」という理由を作っておくと、ごめんと断りやすくなるでしょう。そのあとの恋愛は好きになれば良し、好きにならなければ誠実に謝りましょう。

セカンド女子をやめる方法③本命と自分を選ばせる

セカンド女子をやめる方法③本命と自分を選ばせる

厳しい方法かもしれませんが、セカンド女子をやめるなら男性に対して「自分か本命か、どちらかを選んで」と迫る方法もあります。ほとんどの男性は本命を選び、セカンド女子に対してはごめんと断ってくるでしょう。そこで縋るのはやめるようにし、潔く諦めてください。セカンド女子をやめるために選択を迫ったので、縋ることはしない方がいいでしょう。
ごめんと断られたら、きっぱり相手の男性のことは忘れましょう。

まとめ

今回はセカンド女子とは何か、セカンド女子から本命になる方法をご紹介しました。セカンド女子から本命になりたいと思っても、本命彼女を蹴落として自分が幸せになる!と意気込むのはなるべくやめておきましょう。まだ付き合っていない、本命の好きな人がいる男性の心を振り向かせるために、頑張っていきましょう!