なぜ夢は意味不明な展開が多いのか? その謎を解き明かします!

なぜ夢は意味不明な展開が多いのか? その謎を解き明かします!

 

初めまして、志方弥公(しかたみさと)と申します。

夢占いから心理学における夢分析を始めて10年です。試行錯誤を繰り返しながら、ようやく形になってきたというところまできました。鑑定を行った実績は2000件近くです。
その培ってきたデータをもとに、皆様の夢の疑問を解くお手伝いをさせて頂きます。

 

さて、夢の中ってなんであんなに無稽な展開が多いのでしょう。
例えば、「全力で走りたいのに足が鉛のように重くてのろのろとした走り」だったり、「浮気なんてしたくもないのに浮気した自分」だったり、「亡くなったおじいちゃんが出てきて意味不明なことを喋った」とか、色々気になって仕方がない夢を見ちゃったりしますよね。

 

それを紐解く解説をしたいと思います。

 

心理学でも「夢」を題材にして、学術的な研究がなされてきました。その代表となる精神科医・心理学者が「フロイト」と「ユング」です。
現代の「夢分析」は、「フロイト」の採用した「自由連想法」というものを使っていますが、カウンセリング現場では「夢分析を利用してカウンセリング」することは殆どありません。
「夢分析」の危険性は、後ほど説明したいと思いますので、まずは「夢はどうしてあんなに支離滅裂なのか?」の説明をします!