あの噂(1)名前を出してはいけない・・の原因はバイオ兵器か帯状疱疹かそれとも?【Kuの陰謀】

あの噂(1)名前を出してはいけない・・の原因はバイオ兵器か帯状疱疹かそれとも?【Kuの陰謀】

※この記事の内容は2022年5月22日時点までの情報に基づいています。

■最近話題のポツポツが出るあの不気味な病は『名前を言ってはいけない』らしいから『あの』としておくね

前回と前々回の記事はいったん、ある感染症の名前をそのまま出したタイトルだったんだけど、どうやら検閲対象になってしまったらしく。せっかくいろいろ調べて、英語のサイトや投稿を必死で訳してみたんだけど、とても残念だ。さらには『プランデミック』という言葉も、もしかしたら検閲対象みたいで、定かではないけれど検索結果から弾かれているらしい。

だから、今回からあのポツポツが出る伝染病の話や、その周辺の話題はまるでヴォルデモートみたいだけど(苦笑)『あの噂』というタイトルで話していくね(苦笑)

「だから、その、『あの』って何よ!?」と思ってここまで読んでくれた初見の方に。このことです(苦笑)

「サル痘」患者 12か国92人 WHO

サル痘は主にアフリカでみられるウイルス性の感染症ですが、今月に入って欧米を中心に患者の報告が相次いでいます

詳しいことはすでに書いているので、バックナンバーの2件を読んでから戻ってきてくれると嬉しいです↓
ワクチンの噂バックナンバー

■名前を出してはいけない『あれ』の原因と言われる3つを挙げていくよ

ということで、タイトルの通り『あれ』の原因について、2022年5月22日の時点では、前の記事で紹介したように、

1. パンデミックを引き起こすために何者かによって開発されたバイオ兵器説

記事の中で触れているけれど『あれ』のパンデミック予定表を作成したのは、NTIという団体で、wikiには以下のように記されていた。

核脅威イニシアチブ(NTI)は、2001年に米国の元上院議員Sam Nunnと慈善家Ted Turnerによって設立された超党派の非営利団体で、大量破壊兵器による壊滅的な攻撃や事故、混乱、特に核、生物、放射線、化学、サイバーセキュリティの防止に取り組んでいます

『米国の元上院議員』Sam Nunnと『慈善家』Ted Turnerによって設立された非営利団体だそうだ。

★Sam Nunnは『アメリカ民主党』側

この、サム・ナンなるアメリカの戻す上院議員だけど、案の定アメリカの民主党勢力だった。そう、バイデンやバラク・オバマと同じ。

1972年から97年まで民主党のジョージア州選出上院議員として24年間職を務める。2004年アメリカ合衆国大統領選挙ではジョン・ケリーの伴走候補者に名前が上った。現在はバラク・オバマ大統領の非公式アドバイザー

この1. のバイオ兵器説については過去記事ですでに話しているから、このくらいに。

2. 帯状疱疹説

帯状疱疹というと、日本ではこれまでは比較的服に隠れる胴体に出るものというイメージがあって、それも蕁麻疹と似たようなもの……。と、僕なんかは思い込んでいたけれど、酷いものだと火脹れや水脹れみたいな見た目になることもあるそうだ。

21日くらいからちらほら見かけるようになったんだけど、サル痘として取り上げられている写真と、帯状疱疹として取り上げられている写真がどう見ても同じだよね(苦笑)と気付いた人達がいる。

これは政府のやることは全て正しいと信じている人達からすれば陰謀論になるけど、これを読んでくれている人達は大丈夫だと思うから、僕や界隈の妄想を(苦笑)

※以下は妄想です(苦笑)

新型コロナワクチンのせいで免疫力が下がってしまった人の中で、帯状疱疹の発症が増えている。この5月あたりがまさに、世界的に発症が増えてきて、後遺症が隠せなくなる時期だった。だから、この時期に世界同時に現れるこの帯状疱疹に、別の理由を与えて「ワクチンの後遺症ではない」とするためにサル痘なる、見た目は恐怖をそそり、その知識は一般人は持ち得ない病名を出してきたのだと。さらにはサル痘のワクチンや治療薬をまた開発して……。実はすでにワクチンは存在するけど(苦笑)さらに、それも効かなくなることが予定表にあるけど(苦笑)新型コロナのPCR検査やワクチンで儲けた人々がまた儲けるつもりなんじゃないかと(苦笑)

3. ワクチン後遺症説

この3番目の原因説も、帯状疱疹と一緒なんだけどやっぱりワクチンの後遺症ではないか?と。

ファイザーの文書にワクチンの後遺症の中に、サル痘と同じように皮膚に水疱のようなものが出来てしまう、自己免疫性水疱症・天疱瘡(てんぼうそう)が記載されているからだ。

★天疱瘡とは?

1. 「天疱瘡」とはどのような病気ですか
天疱瘡は、自分の上皮細胞を接着させる分子に対する抗体により、皮膚や粘膜に水疱(みずぶくれ)やびらんを生じる自己免疫性水疱症です。

難病情報センターより

続けられれば、続けます。では、また。

★あの伝染病についての関連記事↓

新型コロナ騒動とワクチンについてのこれまでの記事はこちら。陰謀と隠蔽だらけで恐ろしいよ↓
ワクチンの噂バックナンバー

◎記事の内容について
配信しております占いやスピリチュアル・オカルト情報は、示唆された内容の正確性または将来実際に起きる出来事を保証するものではありません。記事内容を信頼して行動されたことで生ずる一切の損害について、配信社および開運占い軍団は一切責任を負いかねます。本サービスは飽くまでエンターテイメントを目的としたものであることをご理解いただき、お楽しみくださいますようお願い申し上げます。

ABOUT この記事をかいた人

Ku

■Ku(クゥ)@恋愛コンサルKUGAHARA 2016年8月よりKUGAHARA(Ku)がメインで男性心理・本音を暴露。最近はオカルト・陰謀論メイン。 ※2016年8月以前の記事は辛口オネエスタッフ・はるかの単独執筆記事です。 ■Kuプロフィール IT企業を経て経営コンサルタントとして独立するかたわら、恋愛相談も受け付ける。バツイチ・アラフォー。