ビルゲイツの野望(2)◯◯◯の流行は新型コロナの『次のパンデミック』の布石か?【Kuの陰謀】

ビルゲイツの野望(2)◯◯◯の流行は新型コロナの『次のパンデミック』の布石か?【Kuの陰謀】

TOP画像出典:Twitterより

■新型コロナ騒動は終息へ?

新型コロナ騒動はようやく良心的な医師がワクチンの重篤な副反応を認め始めたし、日本でもようやくマスクの着用について緩和が始まった。

このまま終息に向かうかどうかはまだ分からないけれど(しつこく、変異株を繰り出してくる可能性もある)世界の人口削減計画を仕掛ける側はもう、3回目のワクチンの接種率の低さで眠れる羊達が目覚めて……。はいなくても、とりあえず新型コロナのワクチンの無意味さや副反応の怖さに気付いたことには気付いたようだ(苦笑)

■新型コロナの『次の、より深刻な』疫病はやはり『天然痘』か!?

以前に(1)で取り上げたけど、ビルゲイツはすでに新型コロナの次のパンデミックを警告……。としてるけどマッチポンプだから『予告』している。

ビルゲイツの野望(1)新型コロナより深刻な疫病の流行を警告、じゃなく予告

次のパンデミック「戦争の脅威並みの対応を」 ゲイツ、巨額投資訴え

(1)の記事を書いた時点では、マールブルクやエボラではないか?との噂があった。

そのときにも候補に入ってはいたけれど、どうも地球上から根絶されたはずの天然痘をまた流行らせるつもりなのではないか?との疑いが強まっている。

★天然痘とは?

天然痘は紀元前より、伝染力が非常に強く死に至る疫病 として人々から恐れられていた。また、治癒した場合でも顔面に醜い瘢痕が残るため、江戸時代には「美目定めの病」と言われ、忌み嫌われていたとの記録があ る。天然痘ワクチンの接種、すなわち種痘の普及によりその発生数は減少し、WHO は1980年5月天然痘の世界根絶宣言を行った。以降これまでに世界中で天然痘患者の発生はない。

国立感染症研究所webサイト『天然痘』より

でも、いきなり『天然痘』を例えばこっそりどこかの国にばら撒いて、すぐに死者が出始めたらさすがに早々にロックダウン→根絶、になって意味がないからか、天然痘と良く似ているけれど、動物の病気『サル痘』を流行らせている段階らしい。サル痘は人から人への感染はかなりの濃厚接触でないとしないそうだ。(今のところ)

★サル痘とは?

ヒトのサル痘は、サル痘ウイルス感染による急性発疹性疾患である。2003年11月の感染症法の改正に伴い、新規に四類感染症に規定された。自然宿主は アフリカのリスで、サルに感染するとヒトの痘そう(天然痘)様の症状を呈する。ヒトに感染すると、重症例では臨床的に天然痘と区別できない。ヒトのサル痘での致死率は1〜10%程度である。(中略)

サル痘ウイルスのヒトへの感染経路は、感染動物に咬まれること、あるいは感染動物の血液・体液・皮膚病変(発疹部位)との接触による。ヒトからヒトへの感染は稀であるが、患者の飛沫・体液・皮膚病変(発疹部位)との接触により感染する可能性がある。

国立感染症研究所webサイト『サル痘』より

『何やら、聞き慣れない見慣れない病気が流行っているようだけど、サル痘というもので、人から人にはめったに感染しないらしいから大丈夫だ』と、思わせておいて、世界が油断したところで本番が『天然痘』なんじゃないか?いやいや、このサル痘が変異して『新型天然痘』になるんじゃないのか?なんて、僕の周囲ではいろんな憶測が飛び交っている。

※子供がかかって重症化すると死亡リスクがあるとのニュースも見つけたので後述しておくよ。

■2022年5月20日時点で『サル痘』はどこで確認されている?

たぶん、これから毎日のように報告数と国が増えていくと思うけど、取り急ぎは2022年5月20日時点のニュースなどから、サル痘の患者が確認された国とそのニュース元を挙げておくね。

★イギリス・アメリカ

イギリスやアメリカなどで天然痘に似た症状が出る「サル痘」の患者が相次いで報告され、各国の保健当局は感染経路の調査を急いでいます。

イギリスの保健当局は、今月18日までにサル痘の患者が合わせて9人確認されたと発表

天然痘に似た症状「サル痘」イギリス アメリカなど患者相次ぐ

★ポルトガルとスペインでもアウトブレイクか

MONKEYPOX outbreak in UK, Portugal, Spain—CDC is very worried about transmission & warning that the UK outbreak could spread—Portugal & Spain also likely outbreak. #Monkeypox is fatal in ~1 in 10 cases, with severe disease & death more likely among kids.

deeplによる機械翻訳:
英国、ポルトガル、スペインでMONKEYPOXが発生-CDCは感染を非常に懸念し、英国の発生が拡大する可能性があると警告-ポルトガル、スペインでも発生の可能性。

サル痘は10人に1人が死亡し、小児では重症化しやすく、死亡する可能性も高い。

続く。

**. **. **. **. **. **. **.

新型コロナ騒動とワクチンについてのこれまでの記事はこちら。陰謀と隠蔽だらけで恐ろしいよ↓
ワクチンの噂バックナンバー

ABOUT この記事をかいた人

Ku

■Ku(クゥ)@恋愛コンサルKUGAHARA 2016年8月よりKUGAHARA(Ku)がメインで男性心理・本音を暴露。最近はオカルト・陰謀論メイン。 ※2016年8月以前の記事は辛口オネエスタッフ・はるかの単独執筆記事です。 ■Kuプロフィール IT企業を経て経営コンサルタントとして独立するかたわら、恋愛相談も受け付ける。バツイチ・アラフォー。