【世界の動向】イーロンマスクがTwitterに言論の自由を取り戻す?すでに起きている変化【Ku】

【世界の動向】イーロンマスクがTwitterに言論の自由を取り戻す?すでに起きている変化【Ku】

TOP画像引用元:florida’s voice Twitterより

■イーロンマスクのTwitter買収で言論の自由は取り戻せるのか?

2022年4月25日はTwitterでの言論の自由を望んできた全ての人々にとって、記念すべき日となった。イーロン・マスクがTwitterの株を完全買収を発表し、Twitter側はそれを受け入れた。

イーロン・マスクは自身のTwitterアカウントでこんな投稿をしている。

By “free speech”, I simply mean that which matches the law.

I am against censorship that goes far beyond the law.

If people want less free speech, they will ask government to pass laws to that effect.

Therefore, going beyond the law is contrary to the will of the people.

翻訳(Deepl)

「言論の自由」というのは、単に法律に合致するものを意味します。

私は、法律をはるかに超えた検閲に反対です。

もし人々が言論の自由を減らしてほしいと望むなら、そのための法律を制定するよう政府に求めるでしょう。

ですから、法律を超えることは人々の意思に反することです。

これが本当だったら素晴らしい。僕がこれまでに聞き及んだ範囲ではイーロンマスクはトランプ大統領と共に『光の勢力』とのことだから、DS支配下だったTwitterから追い出された光側の政治家やジャーナリスト、著名人はもちろん一般人もまた戻って来られるようになるはずだ。

また、Twitterがアカウントをbanまではしなくても『いいねやRT、フォローを勝手に外す』『理不尽な一時凍結』『シャドウバン(投稿はできるものの、投稿が他の人達のタイムラインに現れず検索にも反映されない)』してきたけれど、これらの姑息なやり口で真実を伝えるアカウントの声がかき消されることもなくなるはずだ。

■4月末時点ですでに起きているこれだけの変化

4月25日にイーロンマスクによる買収が確定して、まだ数日しか経っていないけれど、すでにTwitter上では変化を喜ぶ声が上がってきている。

“NEW Conservative accounts see rise in followers after Elon Musk’s deal to buy Twitter – REPORT”

翻訳(Deepl)

NEW イーロン・マスクのTwitter買収合意後、保守系アカウントのフォロワーが増加 – REPORT

『保守系アカウント』は、主にアメリカの共和党支持者や共和党寄りの立場にある人々を指す。

★FOXニュース司会者タッカーカールソンが復活

例えば、イーロンの買収後2日経った4月27日にはタッカー・カールソンが『帰ってきたよ』と投稿している。

彼はアメリカの保守派コメンテーターで、トランプ大統領寄りの報道で知られるFOXニュースで番組の司会を務めている。2020年のアメリカ大統領選挙では不正投票が実際にあったと報道をして民主党批判をしていた。トランプ大統領側の姿勢だったことから、Twitterアカウントを凍結されていた。

★ドナルド・トランプJrはシャドウバン解除に?

さらに、Twitterでトランプ大統領本人のアカウントが凍結されてしまった後、トランプ大統領に一番近い立場から情報発信を行なっていたトランプの息子のアカウント『Donald Trump Jr』は、自分のアカウントのフォロワー数が、イーロンマスクの買収発表後に急速に伸びたことを報告している。

“While I’m awesome and totally deserving of 87,000 new followers a day it seems that someone took the shackles off my account. Wonder if they’re burning the evidence before new mgmt comes in?”

彼のこの投稿は翻訳ソフトでもうまく訳せなかったけど、分かる範囲では『1日に87000の新しいフォロワーを得られるようになった』『誰かが私のアカウントから足かせを取った』『新しい経営陣が来る前に、証拠を燃やしているのだろうか?』と言っているようだ。

つまり、Twitterがこれまで彼のアカウントをシャドウバンしていてフォロワー数が抑制されていたのが、抑制されなくなったということだ。イーロンマスクの買収でこれから経営陣が刷新されると、シャドウバンをしていたことを公にされて旧経営陣が世間から大批判を喰らうに違いない。だから、証拠隠滅のためにしれっとトランプJrの(他のシャドウバン対象アカウントもだろう)シャドウバンをやめたのではないか……。

★将来の共和党大統領候補と言われるロン・デサンティスもフォロワー急増

他にもトランプ大統領と同じ共和党陣営、共和党支持者の政治家や著名人次々と、フォロワー数が激増しているようだ。

特にフロリダ州知事のロン・デサンティスはこれまで不正選挙の追求、新型コロナのワクチンパスポート義務化の禁止、ディズニーの自治特権の廃止を行ってきた人物で、トランプ大統領を信じてきた人々にとって、彼もまた光の勢力の力強い次世代リーダーだ。

“JUST IN: @GovRonDeSantis gains over 200,000 followers in 2 days since Elon Musk buys Twitter, raising suspicions of unshadowbanning conservatives”

イーロン・マスクがTwitterを買収してから2日で@GovRonDeSantisが20万人以上のフォロワーを獲得し、保守派のシャドウバン疑惑が浮上。

そんな彼も『イーロンマスクのTwitter』になってから20万人以上、フォロワーが増えている。ちなみに4月30日の続報では30万人(!)となっている。

ただ、肝心のトランプ大統領自身はTwitterには帰ってこないみたいなんだよね。

続く。

支配層の手口・陰謀・オカルト話が満載↓
KUGAHARAの記事一覧

ABOUT この記事をかいた人

Ku

■Ku(クゥ)@恋愛コンサルKUGAHARA 2016年8月よりKUGAHARA(Ku)がメインで男性心理・本音を暴露。最近はオカルト・陰謀論メイン。 ※2016年8月以前の記事は辛口オネエスタッフ・はるかの単独執筆記事です。 ■Kuプロフィール IT企業を経て経営コンサルタントとして独立するかたわら、恋愛相談も受け付ける。バツイチ・アラフォー。