宇宙種族(1)別の世界線のアメリカ先住民を迫害した民族は異なる星からの入植者【辛口オネエ】

宇宙種族(1)別の世界線のアメリカ先住民を迫害した民族は異なる星からの入植者【辛口オネエ】

※画像:WOMBO Dream自動生成

※『宇宙種族』シリーズはおしゃべり隕石シリーズよ↓
おしゃべり隕石バックナンバー

※内容や名称について:前回まで『新エデン』というタイトルで同様の話をしてきましたが、ある宗教団体が同一の用語を使っているとの指摘がありましたので、今回よりタイトルを変更いたします。辛口オネエおよび開運占い軍団はいかなる宗教団体・組織・自己啓発セミナー等とも関係がありません。

■別の世界線のアメリカ先住民を迫害していた白人達は『地球のエデン』から広がった彼らとは別種族

宇宙種族(1)別の世界線のアメリカ先住民を迫害した民族は異なる星からの入植者【辛口オネエ】

ぶっちゃけ、今の私達がいるこの世界の歴史でも、イギリスやスペインから彼らにとっての『新大陸』へ渡った『征服者』も同じらしいんだけど……。

過去記事で話した、エデンの園を追われたんじゃなく祝福されて旅立った4人を始祖に持つ、特殊能力を持った部族を迫害した側って、彼らとは別の種族なのね。

肉体的にはどうだか分からないけど、魂が。

地球には今も昔も、どの世界線でも、何十種類かの『宇宙種族』が入れ替わり立ち替わりやってきていて(というか、実はメインで居座って何千年、とかもいて、入れ替わり立ち替わりといっても数百年単位だったりする)その中には穏やかで愛に満ちた種族もいれば、獰猛な種族、地球を大切にしようと思う種族、資源だけ奪えれば後はどうなってもいい種族etc.まあ、いろいろいるわけね。

で、そんな彼らはそれぞれ宇宙からやってきたときの地球への『ポータル』的な場所があって、大抵はそのポータルのある地域周辺に住むことになる。

前にもおしゃべり隕石シリーズで、日本人は日本の上空にあるポータルから降りてきて、留まった種族だと話したけど、

この土地(日本)に古代に降りてここに残った存在と、帰ってきた存在は原初のエネルギーが器も中身(魂)もほとんど原初の純度を保っている。これが人間の目には金色に見える。黄金の国の本当の黄金はこの原初のエネルギーのことを指している。

宇宙種族(1)別の世界線のアメリカ先住民を迫害した民族は異なる星からの入植者【辛口オネエ】

おしゃべり隕石(17)黄金の国ジパングの噂は金の埋蔵ではなく別のこと

まず、日本の他に判明してるいくつかのポータルのうちで、ノルウェーやデンマークやスウェーデンや北欧の周辺に定着した宇宙種族がいたのは複数のスピ的な情報源から確かだと思うのね。

ぶっちゃけ、宇宙からきた魂の記憶にオーロラ的な光が出てくる一部の人達がいて、あーなるほどねと。(オーロラってあれ、時空と世界線の裂け目みたいなものなのね)

【閑話休題】イギリスのポータルとサッカーチームが4つあるのは関係してるかも?

イギリスサッカー

あとそれぞれのポータルの位置は分からないけど、現代では私達が全部ひっくるめて『英国』『イギリス』だと思っているあの島にはポータルが複数あるみたいなのね。

続きは次のページ★