2022年の世の中(2)【辛口オネエ】絡み合う2つの世界と揺らぎながら進む人々

2022年の世の中(2)【辛口オネエ】絡み合う2つの世界と揺らぎながら進む人々

2022年の世の中(2)★絡み合う2つの世界と揺らぎながら進む人々

2022年の影響大な星回りを取り上げた【(1)木星は魚座と牡羊座を行き来ほか影響大の星回り】はこちらから↓
辛口オネエの2022年占い一覧

12星座別の恋愛運や全体運は半年ごとで出すけど、世の中全体についてはまずは1年を通じて「2022年」はどんな年になるか、の話から。西洋占星術用語と西洋占星術での区切りについては(1)で話したからもうこちらでは出さないけど、こっちはけっこう「スピ」な考え方や言葉を使うわね。

■2022年はどんな年に?

★新旧2つ、とても異なる2つの世界の移行期間

並行世界

タイトルにもしたけど、2022年は大きく分けて2つの世界が同時に存在して、その2つはまるっと1年近くの時間をかけて、少しずつ段階を経て融合していくわ。これはこの2022年であれ他の年であれ、古いものと新しいものが入れ替わるときに、ある日突然古いものが使えなくなって「今日からこっちしか使えません!」と新しいものに取って代わるんじゃなく「移行期間」「準備期間」があるのとまあ、一緒。

★新旧2つの移行の物理的・精神的な負荷が大きい

とはいえ、2022年に特有の現象として、その新旧の2つが例えるなら『ガラケーからスマホへ』レベルじゃなく『馬から車へ』くらいの……。『ガス灯から電灯へ』くらいかもしれない。それくらいの大きな変化があって、どうしても「車なんて鉄の塊!殺人兵器!馬と人間の絆が」とか「電気?触ったら死ぬんでしょ?処刑に使うものでしょ?」みたいな(←エジソンズ・ゲームネタね)「古いものへの愛着と新しいものへの拒否反応」を示す人もかなり多いんじゃないかと思うのね。

あとは、家族経営の小さな商店やら何やら、資金繰りが常に自転車操業の組織や団体は、新しいほうに移行したくても、現実的なことに例えるなら、今まで現金のみ扱って、お釣りは手渡ししていたレジを、電子マネー対応のレジに取り替えなきゃで、でもレジを買う資金がないから移行できないとか。

★『新しいもの』はむしろ『とても古いもの』かもしれない

時代が変化するときって、過去にはすでに、挙げたように電気の発明とか、馬が車にとか、洗濯板が洗濯機に、土鍋が炊飯器に、レトルトが生まれてレンジでチンしても充分美味しい料理がすぐに食べられるようになって、女性が家事の大変さからだいぶ解放されて……。みたいに、常に新たな技術が生まれて人の生活が変化して、意識が変化して、それがユートピアであれディストピアであれ、SFの未来に近付いていくイメージじゃない?異論はもちろんあると思うけど。

でも、星回り的な理由はいくつかあるんだけど、実はこの2022年は『新しいもの』が、むしろ『とても古いもの』かもしれない。『馬から車』の逆で『車から馬』になるような、場合によったら江戸時代とか、もっと昔……。縄文時代を見直して、その頃の暮らしを取り戻そうとかね。

続きは次のページ▶︎