非婚時代(1)「結婚すること」が当たり前ではない時代と「離婚」の増加【辛口オネエ】

非婚時代(1)「結婚すること」が当たり前ではない時代と「離婚」の増加【辛口オネエ】

非婚時代(1)「結婚すること」が当たり前ではない時代と「離婚」の増加

2021年下半期+2022年1月の星座別・月別占いメニューが配信中☆

【電子書籍】辛口オネエの星占い 2021年下半期あなたの恋のすべて配信中☆

■辛口オネエの「結婚」「離婚」に対する考え方について

辛口オネエの占い・コラムは男女の愛情関係や伝統的な家庭像を否定するものでも、男女の分断を狙うものでもありません。長年の読者の皆様はご存知かと思いますが、辛口オネエ自身はそのような世の中になることを占いつつも、自身は心身ともに「女性」として、「愛する男性と結婚して、願わくば生涯を添い遂げたい」という考えの持ち主です。

「男性のまま男性を愛す」Gayには、過去には当てはまっていたものの、肉体的にも戸籍上も女性となっている現在では当てはまらないため、LGBTQの立場や権利の主張は行っておらず、今後も予定はありません。結婚を望む女性に対しては一貫して『同じ女性として』賛同・応援するスタンスです。

同時に、それはLGBTQに該当する方々の権利を否定するものではありません。肉体的、あるいは戸籍上の性別がどうあれ「愛する人と共に生きること」が可能で、それにより社会的な不利益を伴うことのない社会であるべきとの考えです。

その一方で、愛し合う二人がこれまでのように結婚をして、たとえ子供も授かったとしても、共に暮らすことが困難な関係となり離婚を望む場合には、古い時代の倫理的価値観や「忍耐」などを第三者、世間に押し付けられることなく離婚を選択できる社会であってほしいとの考えです。

**. **. **. **. **. **. **.

と、スタッフにちょっと真面目な文章にしてもらったけど、アタシはそんなわけで、決して男女の分断をして少子化にしたいわけじゃないし、人口削減をもくろむゲイツ側じゃないから、そこんとこ理解してねん。飽くまで、今後の星回りをアタシが占うと、どうしても「非婚」時代になるっぽい、という話ねん。

続きは次のページ▶︎